BLOG

雪花絞りの魅力 -心斎橋店に集めました-2018.07.13

心斎橋店

こんにちは!心斎橋店です。
皆様、「雪花絞り(せっかしぼり)」という技法はご存知でしょうか?

「雪花絞り」とは板締め絞りのひとつです。
生地を縦に畳み、基本三角形の形を作りながら頂点を合わせて折っていき、両端を板で締め、動かないようにして固定したものを乾いたまま染料に浸します。

生地が染料を吸って浸透していくことにより、花が咲くようなボカシ染めになります。
染めあがると雪の結晶のような紋様が浮かび上がることから「雪花(せっか)」と呼ばれるようになりました。

その昔、もともと雪花絞りは赤ちゃんのおしめに使われていた柄だったそうですが、それを現代の感覚で見直し、連続した柄と捉えて色付けをし、浴衣の柄に多く使われるようになったそうです。

今回心斎橋店では明日から全店にて並びます、浴衣をリメイクした作品に合わせ、「雪花絞り」で染めたワンピースやアロハシャツ、パンツスカートなどを集めました。

写真

雪花絞りの魅力は、着てみるとさらに分かります。
綿麻素材の着やすさ、ご自宅で洗える扱いやすさ、そしてなんといっても涼しさです!

この雪花絞りも夏の装いとして、着用して頂きたいアイテムです。
数量限定、是非見にいらしてください。

お電話・メールでのお問い合わせも、お待ちしております。

『オスティア・ジャパン衣 心斎橋店』
 Tel:06-6120-9898
 Mail:koromo-shinsaibashi@kodaishin.jp
 営業時間 12:00~20:00(毎週木曜定休日)

金魚すくい。2018.06.20

心斎橋店

皆さん、こんにちは!心斎橋店、冨田です。
今回のテーマも、それぞれ”スタッフらしさ”が出ていて、色んな体験があるのだなぁ~と知れる事がたくさんありますね。

そこで私は今回、”金魚の街、奈良県大和郡市”で『金魚すくい』をしてきました!

写真1 (2)
金魚が描かれたマンホールや金魚が入った自動販売機など。(飲み物は買えません。笑)
いたるところに金魚で、さすが金魚の街!といった印象でした。

それでは、いざ本場で金魚すくい!
写真2

お祭りの出店で幼い頃にやった以来の金魚すくい。
いやぁ…難しかったです。。

小さいころは破れることなど気にせず、ただただ金魚捕まえな!!という一心でポイをふるっていたのが、凄いことだと幼かった自分を褒めたくなりました(笑)

せっかくなので姉と金魚すくいの勝負をしましたが2匹と5匹とで余裕で私の勝利でした◎
写真3

写真4
季節問わず、金魚すくい体験ができる「こちくや」さん!
8月には金魚すくいの大会もあるそうなので、是非みなさんも参加されてみてはいかがですか。
写真5

名古屋&心斎橋 手彩色体験第二弾、開催します!2018.06.15

心斎橋店

先日、名古屋店と心斎橋店にて行われ、大好評を頂いた手彩色体験。
「またやりたい!」や「次は是非!」と、皆様から嬉しいお声をたくさんいただき…再び開催することとなりました!!

前回はトートバッグでしたが、今回はなんと半袖Tシャツ。
シンプルな白Tシャツに、蛙の黒枠プリントをいれたものをご用意しました。
15290401432740
どんな色の蛙にしますか?
オリジナルな蛙Tがつくれるのはこの機会だけです!

スタッフがしっかりと、丁寧にご説明いたしますので、初心者の方もどうぞお気軽にチャレンジしてみて下さいね。

【店舗】名古屋店・心斎橋店
【日時】6月16日(土)~7月1日(日)
【サイズ】SS、S、M、L、XL(各サイズとも数量に限りがございます)
【料金】体験費・Tシャツ代込み ¥6,500(税抜き)

※手彩色体験はご予約を承っております。
 ご予約の方を優先させて頂きますので、体験ご希望の方は事前のご予約をおすすめいたします。
 また、規定人数に達しましたらご予約の受け付けは終了させて頂きます。

【ご連絡先】

●オスティア・ジャパン衣 名古屋店
 Tel:052-252-5270
 Mail:koromo-nagoya@kodaishin.jp
 営業時間 12:00~20:00(毎週木曜定休日)

●オスティア・ジャパン衣 心斎橋店
 Tel:06-6120-9898
 Mail:koromo-shinsaibashi@kodaishin.jp
 営業時間 12:00~20:00(毎週木曜定休日)

※両店とも木曜日は定休日を頂いております。

雨の日のお楽しみ♪2018.05.30

心斎橋店

もうすぐやってくる梅雨の季節。

オスティア・ジャパン衣では6月1日(金)より、雨の日にお店へ足を運んで下さったお客様へ感謝の気持ちを込めて、プレゼントをご用意させて頂きます!

IMG_8472

以前よりノベルティとしても大変ご好評を頂いております、衣のオリジナル柔軟剤。

今回はリサイクルの意味も込め、500mlのペットボトル容器にオリジナル柔軟剤をお入れして、プレゼントさせて頂くキャンペーンを開催させていただきます!

雨の日プレゼントキャンペーンの実施条件とお渡しは下記の通りです。

【実施条件】
気象庁が午前5時発表の天気予報にて、その日の12-18時までの降水確率が50%以上の地域。(京都・大阪・名古屋と地域によって異なります。)

【お渡し方法】
お店で500mlのペットボトル空容器をご持参のうえ、¥5,000(税抜)お買い上げ頂いた方。

¥5,000(税抜)~はお買い上げ金額に応じて、その本数分柔軟剤をプレゼントさせて頂きますが、ペットボトル空容器もその本数分、ご用意をお願いいたします。

(例えば¥10,000(税抜)お買い上げでしたら、柔軟剤を二本プレゼント出来ますが、500mlペットボトル空容器も二本お持ち下さい。)

【実施店舗】
寺町店・三条店・名古屋店・心斎橋店

雨の日プレゼント実施日と対象店舗は毎回、facebookにてお知らせいたします。

雨の多い梅雨の季節もスタッフ全員、笑顔でお待ちしておりますよ~!

是非、雨の日プレゼントゲットして下さい!

※各店、なくなり次第終了とさせて頂きます。
※期間限定ショップ、オンラインショップは実施しておりません。
※ご不明点等はお気軽に各店へお問合せくださいませ。

オリジナルカップヌードル作り。2018.05.21

心斎橋店

皆様こんにちは。今回ブログを担当します心斎橋店、國寄です。
テーマは「体験・見学レポート」という事なので、私は神奈川県横浜市と大阪府池田市にありますカップヌードルミュージアムに行って参りました!

写真1 (2)
ここでは、オリジナルのチキンラーメンやカップヌードル作りや見学も出来ます。
早速、私もカップヌードル作りを体験してみました。

ここでは世界に1つだけ、自分だけのカップヌードルをつくることが出来ます。
予約なしで、1つ300円で出来るんです!カップは自動販売機で購入します。

写真2
手を消毒した後、テーブルに座りマイカップをデザインします。
テーブルには、マジックペンやひよこちゃんの見本等もあるので、それを参考にデザインをしていきます。

写真3

選べる組み合わせはなんと5460通りもあり、自分で好きなスープや具材を自由に選ぶ事が出来ます!
カップのデザインが終わったらいよいよ麺をカップにセットして、粉末スープと具材を入れていきます。
自分の好きな具材のみ入れて作れるのが良いですよね!

最後は、蓋とビニールでパッケージをして遂にオリジナルヌードルの完成です。
写真4
写真5
いつもはコンビニやスーパーで手軽に購入できるカップヌードルですが、一通りの工程を経てこうして自分で作ると中々食べる事が出来ないので、大事に食べようと思います(笑)

5月3日(木)、心斎橋店・名古屋店 営業いたします!2018.05.02

心斎橋店

GWも早くも後半にさしかかりますね。

さて、5月3日は木曜日ですが、心斎橋店・名古屋店ともに営業いたします!
営業時間はいつもと同じ12:00~20:00。

限定アイテムも好評販売中です!
みなさまのご来店をお待ちしております。
15251695135623

心斎橋店限定! -牡丹金魚-2018.04.27

心斎橋店

皆様こんにちは。心斎橋店小谷です。
いよいよ明日からゴールデンウィークが始まりますね!
ご予定はお決まりでしょうか?

心斎橋店からこれから始まる暑い季節にピッタリな、涼しげな作品をお知らせさせて頂きます!!

「心斎橋限定 -牡丹金魚-」
IMG_8003

まずはメンズから。
さらっと風を通すような綿麻生地。
前はあえて柄をなにも入れず、シンプルに。
背中は迫力満点な金魚と牡丹の花を一面に。
背中で語れる大胆な一着です!

<サイズ> S/M/L/XL
<価格> ¥13.800(税抜)

そして、レディースはワンピース。
柔らかいカットソー生地で仕上げました。
こちらは全面に柄が入っております。
シルエットが美しく、女性らしさが際立つ一枚です。

<サイズ> F
<価格> ¥14.800(税抜)

どちらもこれからの季節には絶対に重宝する一着。
大胆に堂々と入った牡丹金魚柄がとっても映えます。

どちらも心斎橋店数量限定品となりますので、是非、お早目に見にいらして下さい!!

お店へ来られない方は、下記よりお問合せくださいませ。

『オスティア・ジャパン衣 心斎橋店』
 Tel:06-6120-9898
 Mail:koromo-shinsaibashi@kodaishin.jp
 営業時間 12:00~20:00(毎週木曜定休日)※5月3日(木)は通常営業いたします。

紙漉き体験2018.04.17

心斎橋店

皆様こんにちは。
前回のしりとりブログが終わり、新しいブログテーマは「体験・見学レポート」。

衣スタッフのそれぞれのブログが今からとても楽しみです!
トップバッターは私、心斎橋店の小谷が努めさせて頂きます。(笑)

私はこの機会に!と思い、以前より一度行ってみたかった『紙漉き体験』をしに東大阪市へ行ってきました。

紙漉き体験を始めはテレビで知りましたが、毎日触れる“紙”に意識したことが無かった私は、今も続く伝統的な製紙法にすごく興味が湧きました。

今回私が体験させて頂きました工房は『紙TO和』さんです。

教室内に一歩足を踏み入れた瞬間から、友禅で染められた総柄の綺麗な和紙がたくさん並んでおり、とても惹きつけられました。
ブラインダーや畳まで、全て和紙で出来ており驚きです!!

1

職人さんに一通りの説明と、お手本を見せて頂き、早速実践です!

2

3

和紙の原料となるコウゾがたたきほぐされた繊維に水とトロロが加えられ、溶けてドロドロになった液体の中に木枠を垂直に入れ、前後左右に動かしながら均一の厚さにしていきます。

均一な厚さにならなければ、水の中に戻してまたやり直し。コツを教えて頂きながら数回繰り返しました。

4

次に漉いた和紙の上に押し花を乗せてアレンジし、水を吸い取り、
85℃前後の鉄板に貼り付け、30分ほど乾燥させれば完成です!

5
薄すぎても、厚すぎてもダメ。均一な厚さにするのは難しかったです。
しかし、すごく丁寧に教えて頂きとても楽しい体験時間を過ごせました。

和紙といってももちろん様々ですが、衣と同じ、“手作業”という部分において原料を育て、紙をすく職人さんの想いが一枚一枚に込められており、すごくあたたかみを感じました。

スマートフォンやパソコンでのメールも、もちろん便利で良いですが、古くから伝わる和紙をもっと使用していこうと想いました。

そしてなによりも、仕上がった自分で漉いた和紙は愛着湧きます(笑)
今回作った作品はランプにして部屋に飾ろうと思います!

名古屋店・心斎橋店 『手彩色体験のご案内』2018.04.02

心斎橋店

-手彩色(てさいしょく)-

抜染または手刷り印刷したものに一枚づつ、手で彩色したものです。
布に絵を描くむずかしさも、一点一点心を込め時間をかけることの大切さも十分感じとることができる技法です。
12341395_564699550346920_1104599018720017106_n

以前より多数お問合せを頂いておりました、衣の技法体験。
なんと今回、“名古屋店・心斎橋店”にて手彩色体験を開催いたします!

錦鯉の黒枠が手刷りされたトートバッグを、その場で彩色して頂きます。
赤や黄色、オレンジ、青…など、お好きな色に彩色して頂き、自分だけのオリジナルなトートバッグをお作りください。
IMG_7515

出来あがりましたトートバッグはすぐにお持ち帰り頂けますよ♪

店頭でお気軽に参加して頂けて20分~30分ほどで行えます。
やさしい体験ですので初めての方はもちろん、お子様にもおすすめです!
スタッフがしっかりと丁寧にご説明いたします。

是非、皆様お気軽に体験くださいませ。
スタッフと一緒にオリジナルな一枚を作りましょう!!

『手彩色体験詳細』

【店舗】名古屋店・心斎橋店
【日時】4月7日(土)~9日(月)
【人数】各店先着10名様限定
【料金】¥3.500-(税抜)(トートバッグ・体験費込み)

※ご予約を承っております。
ご予約の方を優先させて頂きますので、体験ご希望の方は事前のご予約をおすすめいたします。
また、規定人数に達しましたらご予約の受け付けは終了させて頂きます。

【ご連絡先】

●名古屋店
 TEL: 052-252-5270
 Mail: koromo-nagoya@kodaishin.jp

●心斎橋店
 TEL: 06-6120-9898
Mail: koromo-shinsaibashi@kodaishin.jp

<※両店とも木曜日は定休日を頂いております。>

夢のお城2018.03.19

心斎橋店

こんにちは!心斎橋店の國寄です。
テーマが「絵心しりとり」で名古屋店の鈴木さんの「ウエストウッド」の「ド」から始まるワードですね。

私からは、「ドイツ」にあるお城について書かせて頂きます。
そのお城は、「ノイシュヴンシュタイン」というお城で、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、ディズニーランドにあるシンデレラ城のモチーフになったお城です。

写真1

芸術についてのお話は苦手なのですが、ディズニーランドが好きなので、それについてお話をさせて頂きます。

このお城は「世界の名城」にも選ばれた程、美しいお城で、ディズニーランドのシンデレラ城を見たことのある方は美しさの想像はつくかと思います。

このお城は当時の王様が1869年に建設を命令しましたが、移住し始めたのは1886年だったそうです。しかし172日間という短い期間で謎の死を遂げて、その時点で建設も中止されてしまいました。

現在では一般公開もされていて芸術作品としての評価も高く、観光スポットとしても有名です。なので、私も1度は行ってみたい場所なんです。
皆様も機会がありましたら是非行ってみてはいかがでしょうか!

写真2

では、私からの「しりとり言葉」、「ツ」を受け渡したいと思います! お願いします!!

1 2 3 4 5 6 8

カテゴリー

アーカイブ