BLOG

生地のハナシ - インディゴ撚糸 -2015.11.09

かわら版 -生地のハナシ-

半袖、長袖 共に、オスティア・ジャパン衣の定番素材の1つ「インディゴ撚糸」。
着応えのあるずっしりとした太めの糸を使った生地や、重ね着にちょうどいい中細の糸を使ったもの、また裏毛と呼ばれる秋冬向けのスウェット生地など多様なアイテムに使われている生地を私たちはそう呼んでいます。
Photo
「糸を撚る(よる)」という行動から名付けられたこの撚糸という素材。
撚るとは、ねじりあわせること。紙などの「こより」という使い方や、「よりを戻す」などという言い回しも、“撚る”からきているそうです。

では、なぜ撚るのでしょう・・・。
その目的は、一本一本の糸として強度を高める為。
そして、その糸が集まって、編まれたり、織られたりすることで丈夫な生地が出来るのです。

更に「インディゴ撚糸」はそんな糸に深みのあるインディゴ染めを施しています。
(「黒鉄」というカラーは、更に染めの回数を増やして深みを付けています。)

この丈夫でしっかりした生地とインディゴ染料との組み合わせ、私たちの身近にある ある物とすごく似ていると思いませんか? そう、ジーンズ(デニム)です。

まさに「インディゴ撚糸」はデニムと同じ染め方をした糸で、ジーンズにもなることができた糸を、素材感を活かしたまま生地にしているので、着用での経年で得られる色の成長はたまらなく魅力的な素材です。

そのため、このインディゴ撚糸と呼ばれる生地を使ったアイテムには“アタリ”や“味”が付きます。
長年着込んだ洋服は、着馴染みをすることで、無骨な表情と共に優しい着心地を得られる生地に変身し、袖口や首周りには冴えた色落ち感が。まさに“着る”ジーンズ。

何年経っても、何十年経っても、カッコよく着られる素敵な生地、それが「インディゴ撚糸」です。
indigonenshi2

生地のハナシ ~蚊帳(かや)~2012.04.20

かわら版 -生地のハナシ-

気まぐれ日記をご覧の皆様、こんにちは。

突然ですが、みなさんは『蚊帳(かや)』をご存知ですか?

今や実物を見ることも少なく、特に寝る時などに室内で吊るして使う、蚊や害虫を防ぐ為の網なのです。最近では、電気も薬品も使用しないエコなものとして見直されているのですが、まさに、これぞ夏を快適に過ごす昔の日本人の知恵!季節を感じさせる風物詩でもあります。5

機能性と共に、とても味のある生地表情、色味の古い蚊帳・・・。今回はそんな蚊帳を使った新作が登場いたします。

「蚊帳パッチワークハット」3
目の粗さや、草木染め・藍染めと色の違う蚊帳を4種類使い、軽くかぶりうやすいハットに仕上げています。

「蚊帳ハンチング」4_2
蚊帳の生地の内側から、骸骨がそっと花見をしているように見える、奥行きを感じさせるハンチングです。

蚊帳の色味はもちろん“藍”の防虫効果もありますが、もともと寝る時も目覚めた時も、涼味感溢れる“緑”の中にいる。と思うことができれば、気持ちを和ませ爽快な気分にさせることが出来る。そんな想いで、緑や藍の爽やかな色を使ったものが多いのです。2

そんな意味のある色味もお楽しみ下さい。これから迎える夏の季節にもぴったりの「蚊帳」。この帽子2作品たちは21日より、衣各店にて販売になります。(オンラインショップにも近日入会予定です!お楽しみ!!)

※衣の作品の中には、他にも蚊帳の一部を使った商品があるのをご存知ですか?ヒントはこちら・・・Photo

京都・和・藍染め~衣(ころも)~

生地のハナシ ~刺し子編み~2010.11.17

かわら版 -生地のハナシ-

こんにちは。今回のお話は【刺し子編み】
以前【刺し子織り】 ケイタイの方はコチラからを紹介させていただき、その後、数々の“刺し子織”作品が登場してきました。

そしてようやく出来上がった、全くの新しい衣オリジナル素材【刺し子編み】は、【刺し子織り】似た表情をしているけれど、良く見れば違う顔。その肌触りは“力強さ”よりも“優しさ”が秀でた印象。Sasikoami

“編み”でこんな顔が作れるなんて、きっと誰も考えたことがなかったから、今まで世の中で1度も見たことのない、特別な顔をした特別な素材。 この感動は、写真で見て感じ、実際に見て感じ、触ってみて感じられる。 着続けることで、新しく感じれる何かが、きっときっと生まれてきます。 それは、この素材だから自信を持って言えること。

そして『刺し子』といえば、以前の“生地のハナシ”で言っておりました“別のハナシ”。 せっかくですので、お話させていただきます。

場所は青森県、この地域の冬は「厳しい自然は、北東北の宿命。」とも言われるほど厳しいものです。 その昔、藩の統制で絹織物はごく一部の人しか着る事を許されず、それが着られない人は「絹がだめなら木綿」と考えるは当たり前だと思います。 ところが、寒い寒いこの地方が、綿花を育たせなかったのです。

そして選べる材料として残されたものは『麻』…。 裁縫をする女性たちは、この許される限りの材料を使い、何枚も生地を重ね『刺し子』を入れて、この地にふさわしい素材へと、家族のためにと、一身に縫い続けました。Sasiko

青森には『泣いてあやぐる(奪い合う)形見分け』という言葉があるらしい。 親が亡くなると親類縁者の女性が集まり、遺品の衣類、布、糸を泣きながらも取りあう事を言うそうです。 今はそんな事はないのだと思いますが、衣類が貴重な時代の少し悲しい言葉、それは“女性たちは布に命のあることを知っていた”という事の証であり、そんな“思い”を惜しみ、“心”をこめ、布をいたわり作った生地が『刺し子』なのです。 1つの素材を本当に大切にしないといけないと思わせてくれる『刺し子』のオハナシでした。

このオハナシと共に“刺し子”で紡がれた縁ある素材【刺し子編み】、どうぞ お楽しみくださいませ。 【刺し子編み】作品へはコチラから。

生地のハナシ ~モールジャガード~2010.11.11

かわら版 -生地のハナシ-

こんにちは。今回の生地のハナシは【モールジャガード】
生地の正式な名前ではなく、スタッフが略して呼んでいる生地の愛称の名前です。 正しくは「“ジャガード織り”の“モールデニム”」、だから「モールジャガード」Morujyagado

まず、それぞれの説明から…。
“ジャガード織り”と言えば、そう、衣にも何度か登場している糸の交差によって柄を浮かび上がらせる、プリントとはまた違う柄表現。 糸そのものが持つ風あい・色が、そのまま柄に反映されるため、古くからの紋様の様にも見える素朴な柄表現ができる織り方。

そして“モールデニム”
『モール糸』と呼ばれる毛足のある糸を使う事で、織り上がった生地には、毛羽(ケバ)が生まれ、独特のとても肌触りの良い素材に織られます。 その横糸をインディゴにして、織り方をデニムと同じ組織にしたものが“モールデニム”です。

その2つの特徴を良い所を残し、出来あがった素材が『モールジャガード』なのです。 ふんわり洗いたてのタオルの様な触感と、デニムの力強さが、この素材には共存しています。 ぜひ、触ってみて下さいね。

「モールジャガード」作品へはコチラから。

生地のハナシ ~トンプキン裏毛~2010.10.30

かわら版 -生地のハナシ-

皆様、こんにちは。
今回の“生地のハナシ”【トンプキン裏毛】という、衣がこの秋冬、惚れ込んだ1素材のご紹介です。

「裏毛」という言葉は、衣の秋冬素材に欠かせない生地なので、聞きなれておられるかと思いますが「トンプキン」…?というオハナシです。

トンプキンとは、1847年にモーズ・メラーという1人のアメリカ人によって発明された、下から上へ向かって編む丸編機。Photo_3

年代から見て取れるように、何十年も前の旧型の丸編み機は、当然ながら、現代の技術が集められた編み機に比べ生産効率が悪いのです。 その生産性は“1時間に1m”という速さ。 新しい編み機だと“1時間あれば約10mくらい編める”そうなので、本当にゆっくりですね。 そんな機械なので、年々その台数は減り続けている貴重な編み機、大切にしたい編み機です。

“下から上へ向かって編む”
その重力にも反した手間のかかる編み方は、糸に余計なチカラをかけることなく、とてもリラックスされた状態のため、糸そのものがたっぷりと空気を含み、柔らかな風合いが生かされた仕上がり。素朴な懐かしい表情と、温もりのある着心地良い素材が出来上がるのです。

そんな昔ながらの優れた製法で編み立てられた「トンプキン裏毛」、少しでも使わせて頂き、編み機を動かし、残しておきたい。と思い衣作品に取り入れました。せっかくなので着てみて、感じて、楽しんでもらいたい素材です。Photo

「トンプキン裏毛」作品へはコチラから。

生地のハナシ16 ~芭蕉風(ばしょうふう)シャンブレー~2010.03.09

かわら版 -生地のハナシ-

衣 気まぐれ日記 “かわら版” を ご覧の皆様、こんにちは。
「生地のハナシ」16話目を 語らせていただきます。
今回の生地は【芭蕉風シャンブレー】

芭蕉という植物は、実芭蕉・花芭蕉・糸芭蕉と3種類あり、
糸芭蕉から 繊維を取り出して作られた素材。 それは『芭蕉布』と呼ばれます。

芭蕉布は、沖縄や奄美の代表的な 織物素材の一つ。
ハリがあり 肌に付くことがなく、とても風通しがよくて軽い、
暑さの厳しい気候に 最適な織物と言われています。Photo

そんな「芭蕉布」が、名前の由来となる衣の素材。
それがこの【芭蕉風シャンブレー】

たて糸に色糸を使い、よこ糸に晒した(さらした)糸を使い、
それらを 1本ずつ交互に織り込んだ基本的な組織「シャンブレー」。
糸染め織物でなければ出せない「霜降り」と呼ばれ 見る角度で表情を変える、

基本的な組織がゆえの 天然繊維の味が 存分に発揮される織り方なのです。

また その中にも こだわりの“衣の色”を。
「枷染め(かせぞめ)」と呼ばれる、特別な色表情を作り出すには

最適の染色方法で 染め上げられた2色のインディゴ糸を たて糸に、

そして 晒された物ではない 素朴なリネンそのままの色を よこ糸に。

そうして織り上げられた“衣のシャンブレー”
袖を通せば まるで色が語りだしているかの様に、

あなただけに見せてくれる 顔がある。 そんなオリジナル素材です。

じっくり 大切に、あなたの色に育ててあげて下さい。

【芭蕉風シャンブレー】により、仕立てられた作品は こちら。

パソコンの方 … 「芭蕉風 牡丹プルオーバー」

ケータイの方 … 「芭蕉風 牡丹プルオーバー」

生地のハナシ15 ~顔料捺染(がんりょうなっせん)~2009.11.13

かわら版 -生地のハナシ-

気まぐれ日記をご覧の皆様、こんにちは。
今回は衣の秋冬ダウンジャケットにまつわる最終話、
“顔料捺染”のオハナシです。

生地を染めるものを 一口に「染料」と呼びますが、
大きく2つの染料があり、そのもう一つが「顔料」です。

「染料」は水などに溶ける性質があり、液体そのものに色がついている物。
一方「顔料」は水などに溶けきらず 小さな小さな粒子が浮かんでいるだけ。
水に色が付いたように見えても、時間が経てば沈殿し 水は透明感を取り戻します。

子供の頃を 少し思い出してみてください。
草花を摘み取って遊んだ手についた色、バケツで洗うと水はずっとその色のまま。
でも泥遊びをした手を洗ったバケツは、最初 茶色なのに時間が経てばPhoto
その泥が底にたまり、水は少し透けて見えていたのでは?

水に溶けない「顔料」で 服を染める。
ただ それだけ考えただけでも、時間が経てばたつほどに
色は均一になりにくく 難しそうな技法だな。と思うのですが、
その顔料染めを 衣の総柄を染める技法『手捺染』で染め上げた生地が
“顔料捺染”なのです。

気温や湿度、わずかな環境変化で 簡単に性質・色を変える
この顔料という ちょっと意地悪な染料に、職人も かなり悩んだそうです。
時間との勝負、なのに 丁寧に刷らないと均一に色が付かない。2
慎重にしすぎて時間を かければ かけるほど、色が変化する。
そんな試行錯誤の末 出来上がった素材です。

時々 いたずらに顔料の気が変わった瞬間があったのでしょう。
1着1着少しずつ 色が微妙に異なって見えるのは、だからかも知れません。

この秋冬、ダウンジャケットのみならず

様々な作品に“顔料捺染”で作られた素材が登場しています!
ぜひ、この技法の奥深さを着て 味わい、育ててやって下さいね。

※2009秋冬 “顔料捺染”素材が使われている主な作品

  「月下美人ダウンジャケット」 「隠れ竹空軍ジャケット」 「竹キルトジャケット」

  ケータイからはこちらから

  「月下美人ダウンジャケット」 「隠れ竹空軍ジャケット」 「竹キルトジャケット」

生地のハナシ14 ~ ダウン & ウェザークロス ~2009.10.29

かわら版 -生地のハナシ-

気まぐれ日記をご覧の皆様、こんにちは。 前回より少し間をあけて

しまいましたので、今回はちょっと長めに 語らせて頂こうと思います。

昨年 衣で初登場を果たした“ダウン”。 お初では 袖なしのベストとして登場し、

言うまでもなく 衣スタッフも こよなく愛する1着になりました。

そもそも“ダウン”とは、水鳥の胸部に生える 小さな元羽軸(もとうじく)と、
その先から延びる羽枝(うし)からできている綿毛のこと。
さらに この羽枝の数が多く 産毛が残り、タンポポの綿毛のような 形をしたものが

ダウンボールと呼ばれるそうです。

ダウンボールは柔軟性があり軽量で、多くの空気を含み 保温性に優れているので、

寝袋などの保温性が必要とされる物の中綿として、

得に寒冷地で活動する人々に愛用されていました。

そんなダウンが今年の衣には ジャケットとして登場!
軽いダウンを包んでいる素材は『ウェザークロス』と呼ばれる物。
ウェザーは「天候」という意味ですが、なぜ そんな名前が与えられたのでしょう・・・?

それは まだ、この世の中に防水機能というものが 生まれる前のお話。

衣類の素材が 主に綿であった頃、その吸水性のある綿で
いかに雨露から体温を奪われる事を防ごうかと考えた人々が、
組織を とても高密度に織り上げ、水分が しみこみにくい様にした事によりPhoto
あらゆる環境に適した素材が生まれました。
後に『全天候型』とも呼ばれた事が、この素材の始まり。

そんな生地に 衣 こだわりの染め“玉虫染め”を施し、
今回のダウンジャケットは 本当に 特別な色合いになっています。

実際に見てみると、その色に 吸い寄せられるように見入ってしまい、
着てみると 体を 優しく覆ってくれている感覚を覚えます。
ぜひ一度は その感覚を体感してもらいたい。そんな1着が出来上がりました!!

それでは、次回は その魅力に やみつきになってしまう
“玉虫染め”のハナシをさせて頂きます。お楽しみに!!

※衣各店には このダウンジャケットが入荷しています。

  話の続きが 気になる方は、ぜひお店にいらして下さい。語らせて頂きます。

  オンラインショップにも、近日登場予定です! 楽しみにしていてください!!

生地のハナシ13 ~刺し子織~2009.09.18

かわら版 -生地のハナシ-

気まぐれ日記をご覧の皆様、こんにちは。
今回は“刺し子織”。 織?と気になられた方も おられるかも知れませんね。

“刺し子”といえば…、お馴染み 手作業で1針1針糸 を刺し 模様を作り出す『手刺し子』。 古い藍布を何枚も重ね、補強の為に縫い合わせた物、『津軽のこぎん刺し』『南部菱刺し』等が代表的です。Photo

“刺し子織”とは、経糸(タテイト)と横糸の交差の中に、太い刺し子糸をあわせて その模様を表現した物。 経糸に太い刺子糸を加えたものを「たて刺」(たて二重織)、緯糸に太糸を加えたものを「よこ刺」(よこ二重織)と言うそうです。

補強・保温・装飾 とその目的は幅広く、今でも打ち込みの強い“刺し子織”ができる織機は少なく、大変 貴重な素材なのです。

糸の凸凹がしっかりと出ている為、藍染めの場合 着込んだ時の凸部分に“あたり”がつきやすく、顔料により染めた場合、凹の深い所に染料がたまり、その部分の色は濃くなり 表情を作り出すのです。

そんな“刺し子織”素材の 衣 謹製の1作品。表情のおもしろさを、ぜひ その目でじっと見つめてやってください。見るほど、着るほどに やみつきになりそうな素材です。

『刺し子』については 別のおもしろいハナシがありますので、また別の機会に お話しさせて頂きますね。

生地のハナシ12 ~カノコ~2009.04.15

かわら版 -生地のハナシ-

気まぐれ日記をご覧の皆さま、
こんにちは。
今回のおハナシは “鹿の子(かのこ)”。

鹿(しか)の子供にある 背の白い斑点に似た模様のP1430831 編み方の総称を

そう呼ぶそうです。春から夏にかけて よく着られるポロシャツ。
そのアイテムに使われる 代表的な素材が“鹿の子”。

表面が凸凹になっているため、糸の盛り上がりによって得られる

サラリとした肌触りや、特徴的な網目による 風通しの良さが特徴なのです。

ポロシャツというものは、もともとは イギリスのポロ(馬に乗って行う)競技の

ユニフォームが 原型で、その後テニスや、ゴルフのウェアに用いられ、
歴史を重ね 今の様な お洒落アイテムとなったのだとか。

この春、衣にも “鹿の子”素材の ポロシャツが お目見えします。
少しだけ、この素材のことを知ってもらい 着てもらえれば と思います。

カテゴリー

アーカイブ