BLOG

もやし2017.08.22

寺町店

気まぐれブログをご覧の皆様こんにちは、寺町店の蓑輪です。

「本」というテーマでスタッフの様々な本との関わり方が更新されていますね。どのスタッフも素敵な事をつらつらと書いているので私も乗っかりたかったですが、普段本を読まないので嘘はやめておきます。

という事で今回は「おつまみ料理本」の「もやし」のページの素晴らしさをお伝えできればと思います。唯一真剣に読む本と言えます。
画像①
やはり休日には家でお酒を飲みながらモヤシをおつまむのが至高ですよね。そんな私にとってこの料理本は必要不可欠です。
画像②
男性の一人暮らしで料理に何を求めるかというと、やはり作業の少なさだと思います。簡単にパパッと。その点この料理本のモヤシページは工程が多くても3工程まで。素晴らしく生活に寄り添っていますね。大した調理工程は書いていませんが、活字と綺麗な写真で説得力がありますし作り手に安心感を与えてくれます。きっとそういう意図があるはずです。
モヤシも喜びます。
画像③
今のご時世クッ〇パッド等、ネットで調べた方が早いしお金もかかりません。でも本に書いてある事って説得力があるような気がします。本作るのもお金かかりますし、料理本に限って嘘は載っていないと思います。ページを眺めるのも面白いです。モヤシも喜びます。

皆様も久しぶりに料理本を広げてみてはいかがでしょうか。

「本」に見出す価値2017.07.25

寺町店

気まぐれ日記をご覧の皆様こんにちは、寺町店の山田です。
思い起こせば・・・、私の本との出会いは小学校の社会の先生に勧めてもらった赤川次郎先生の推理小説でした。

じっとしているのはテレビアニメを見る時ぐらいで、難しい活字を黙って読むことに半信半疑だったのですが、読み始めて話が進み始めるとその展開が気になって気になって、テレビアニメや漫画と違い、一週間待たなくても続きが読めるところがまた良くて、誕生日にも図書券をお願いしたりする程、すっかり本の虫になりました。

ストーリーや謎が明かされていく部分も秀逸なのですが、なんといっても魅力的なキャラクターが多いのが赤川作品にハマった理由の一つでした。その仕草やお洒落な会話に子供ながらに大人の世界を垣間見ているようで、かっこいいなぁと憧れたモノでした。

未だに思いつたかのように古本屋さんで買ってしまう事もあります。
画像①

さて、では40歳になった現在、私が手に取る本はというと・・・、ファッション雑誌も読みますが、各種経済人や偉人の自伝など、「成功の秘訣」のような事が書いてある本を手に取ることが多くなって参りました。

もちろん読んだからと言ってたちまちイチローや本田宗一郎になれるわけではないのですが、この人もこんな苦労をして困難にも乗り越えてきたんだな、と自分の状況に置き換えて精神的な糧にしたりもするわけです。

で、ここ数年で私が最も影響を受けたのがこちら

画像②

そうです、プロレスファンである私の中での偉人と言えばこちらの小橋建太選手。「バーニングハート」の異名を取るこの選手、プロレス界でも指折りの一本気。1つの技や、1試合に本当に命を懸けているのが分かりますし、見ている観客も飾り気のないピュアなエネルギーだからこそ誰もが引き込まれてしまいます。

死をも恐れないそのスタイルに、何事も恐れず何事にも動じない鋼鉄の心臓と人は小橋選手を称賛しますが、文中で彼はこう綴ります。「心が強くて折れないなんて立派なモノではなく、結局僕はバカなんだと思います。ただのプロレスバカ。人間バカになり過ぎるのは良くないけれど、バカにならないと突破できないことも沢山あると思います」

色々な偉人の心構えや行動、ビジネスにおいての手法や発送なども「凄い!」と思わされますが、私にはこの言葉が一番しっくりきました。

小説など娯楽の為の「本」から、生きるヒントを得る実用の為の「本」へ。私の「本」に見出す価値も年齢と共に移り変わっているようです。

皆様はどんな「本」を読まれますでしょうか? 赤川作品、自伝書に関してはまたおススメさせて頂きますので、皆様も是非おススメあれば教えて下さいませ!

お好みの1文字をお好みの衣に・・・名入れ手刷り印刷受注お承り致します。2017.07.23

寺町店

気まぐれ日記をご覧の皆様こんにちは寺町店です。

梅雨が明け、連日のように猛暑日が続く毎日ですが皆様お元気にお過ごしでしょうか?店頭にもほぼすべての今年の夏物作品が揃いました。

夏休みのご旅行のお供に、ちょっと遊びに行くのに、何か新しい自分らしさのあるTシャツやシャツが欲しいなぁ・・・、そんなお客様の為に寺町店よりちょっとしたサービスを。

7月24日(月)より7月30日(日)までの1週間の間に、寺町店にてTシャツやシャツなどをお買い求め頂きましたお客様に、お名前様などお好きな漢字から一文字を選んで頂き、「篆書体(てんしょたい)」にて、その文字をお買い上げの作品にもれなくプリントさせて頂きます。個性あふれる衣の洋服を、さらに自分オリジナルの1着に!

例えば私、山田の「山」を青プリントでデカ鯰Tシャツの袖口に入れてみたり・・・
画像①

楽しい妖怪大集合半袖シャツに赤で「楽」の一文字を紛れ込ませたり・・・
画像②

角字衣リメイクTシャツの後ろ首元に白で寺町店の「寺」を入れてみたり・・・
画像③

選べるプリント色は赤・青・白、是非、皆さま仕様の衣にアレンジして頂けます。気になっていたあの作品やこの作品なども、是非、この機会に手に入れてください!

※シルク素材・ニット素材・革素材・アンティーク素材の作品など、一部、対象外の作品もございます。
※プリントを入れて頂く位置はお選び頂けますが、部位によってはプリントが出来ない部分もございます。
※作品のお渡しまではイベント期間終了後~2週間前後お時間を頂戴いたします。

ご好評につき「特別延長戦」を開始いたします!2017.06.30

寺町店

気まぐれ日記をご覧の皆様、こんにちは、寺町店です。

先週より寺町店限定にて開催いたしております「恋するガイコツ・戦うガイコツ」イベントですが、大変ご好評を頂きまして誠にありがとうございます。足を運んで下さりました皆様、沢山のお問い合わせを頂きました皆様に、厚く御礼申し上げます。
画像①

熱いご要望にお応えしまして、発売より2日間でほとんどのサイズが完売いたしておりました「ガイコツのプロレスTシャツ(白)」を、今回わずかではありますが追加製作させて頂きました。今週末の7月1日(土)に再入荷予定となっております。

ご都合がつかなかったお客様、この週末に是非、ご覧にいらしてくださいませ。寺町店特設リング!?にて、皆様のご来店をお待ち致しております(笑)!
画像②

寺町店限定イベント「恋するガイコツ・戦うガイコツ」2017.06.22

寺町店

気まぐれ日記をご覧の皆様、こんにちは寺町店の山田です。
6月も下旬となりましたが、今年は雨も少なく気温も高く蒸し暑い日が続いておりますね。

寺町店よりは、そんな蒸し暑さも吹き飛ばす、人気の高いガイコツ柄の「熱い!」限定作品が6月24日(土)より登場いたします。

2015年の「日本昔ばなし~ガイコツ編~」、2016年の「ガイコツの夏休み」に続く第3弾となる今回は、「恋するガイコツ・戦うガイコツ」をテーマにした2作品です。

「骨まで愛して半袖シャツ」
色  :生成り
サイズ:M・L・XL
価格 :19800円(税別)
画像①

ガイコツだって恋もする。
骨になっても愛は変わらない、ガイコツだけの静かな時間の静かな一時。

墨絵で描かれる本作品は「骨まで愛して」の4作品目となります。 愛し合う男女2人のガイコツが互いを愛でるように寛いでいる、今回はそんな瞬間を切り取ったような構図の1着。 墨絵ならではの色のにじみ具合とインパクトのある背中1面の柄が雰囲気抜群な1着と
なっております。

他の誰にも真似のできない、衣主ならではのガイコツを是非、この夏のお供に!

「ガイコツのプロレス半袖Tシャツ」
色  :インディゴ
サイズ:S・M・L・XL
価格 :9500円(税別)
画像②
色  :白
サイズ:S・M・L・XL
価格 :8500円(税別)

画像③
バックプリントはこちら
画像④

ガイコツにだって戦いはある。 どこの世界にだって戦いはある、避けられないリングもある、ガイコツ楽じゃない・・・。

ご存知でしょうか?
他の格闘技とは違いプロレスには「受けの美学」というものがあります。 技をかけている選手だけがカッコイイ訳ではありません、1つの技はその受け手がいて始めて成立するもの。 難易度の高い技には、そのかけ手はもちろんですが、むしろ受ける選手にも鍛え上げられた肉体や技を綺麗に見せる為の高いスキルが要求されます。 レベルの高い二人により成しえる1つの技を「芸術品」と称するのはその為。

おーっと、熱くなってしまうところでした・・・。プロレスファンの私の想いが乗り移ったようなこちらの作品ですが(笑)、どこかコミカルでもありファンの方にもそうでなくても楽しんで頂ける1枚に仕上がっております!

暑い季節ですが、こちらの熱い2作品で梅雨時を乗り切ってみてはいかがでしょうか? 6月24日(土)より寺町店にてお待ちいたしております!!

【オスティア・ジャパン衣 寺町店】
TEL :075-212-6353
Mail :koromo-teramachi@kodaishin.jp
営業時間 11:00~20:00(不定休)

寺町店限定「嵐の中の風神雷神Tシャツ」5月13日(土)より販売開始!2017.05.11

寺町店

気まぐれ日記をご覧の皆様、こんにちは寺町店です。

さて、先日予告ブログを出させて頂いた、私の憧れた作品がいよいよ完成しました。5月13日(土)より寺町店にて限定販売いたします。

その名も・・・「嵐の中の風神雷神Tシャツ」です!
①
伊勢型紙を使って抜染された迫力のある風神雷神は、その表情や衣の先に至るまで見ごたえ十分です! 有名な俵屋宗達の風神雷神図屏風も勿論いいけれども、衣の表現する風神雷神Tシャツもかっこいいんですよ~!と自慢したくなる1着に仕上がっております。

着合せもシンプルにジーンズに合わせて。
③
4
表情もどこか得意げになってしまっておりますが(笑)、一見の価値あり!の1着です。 是非とも寺町店にご覧にいらしてくださいませ。 お電話・メールでのお問い合わせも、寺町店までお気軽にご連絡くださいませ。

【オスティア・ジャパン衣 寺町店】
TEL :075-212-6353
Mail :koromo-teramachi@kodaishin.jp
営業時間 11:00~20:00(不定休)

異国を通して見る日本2017.05.10

寺町店

気まぐれ日記をご覧の皆様、こんにちは。寺町店の山田です。
前回、スタッフの蓑輪くんもお話しておりましたが、今回、私もここ寺町商店街を歩く外国人のファッションについて私なりに考察していきたいと思います。

日本人との大きな違いは「肌感覚で洋服を着る」という事だと思います。今年もG.W.前にはかなり気温も高くなってまいりました。

今の季節、もちろん私たちも少し暑いな・・・と感じることもあるのですが、それでもシャツを1枚羽織ったり、軽めのジャケットを着たりしますよね。しかし、外国のお客様は少し暖かくなればすぐに、ハーフパンツにタンクトップという出で立ちで歩かれるようです。
異国の人達
(西洋の方などはまたハーフパンツから長い脚がすらっと伸びており、かっこいいですよね・・・。なんとも羨ましいです)
理由は単純明快、「暑いなら脱げばいい」といったところでしょうか? 少しでも快適に過ごすために肌感覚に従って洋服を着ていらっしゃる気がします。

一方の私たち日本人は、春には軽めのシャツをまとったり爽やかな色の洋服を選びますよね、新緑の緑や咲き誇る花々とも相まってとても気分が良いものです。

また、夏には麦わら帽子やアロハシャツなどを着たり、手には扇子を持ってみたり。そして秋には少し肉厚なカーディガンで涼しさから身を守り色目も茶系や落ち着いたトーンを選んだり・・・。
日本人の季節を楽しむファッション感覚
四季それぞれを理解し、自然と洋服を通して季節を楽しんでいる、そんな感覚でしょうか。

外国人の方のナチュラルにかっこよく着こなすファッションを拝見していると素直にかっこいいなぁと思いますし憧れもします。ですが、私たち四季のある国、日本人の季節を楽しむファッション感覚も、これは日本ならではで面白いなと感じます。

やがてくる夏、皆様もハーフパンツに挑戦されますか?それともアロハシャツに扇子でもいかがでしょうか?
寺町店にて是非、ご相談くださいませ!

私の憧れだった1枚・・・、寺町店限定で復刻いたします!2017.05.08

寺町店

こんにちは、寺町店の山田です。
衣の夏物新作の数々はもうご覧いただけましたでしょうか?

今年は「デカ鯰Tシャツ」や「富嶽三十六景~遠江山中~Tシャツ」など、とくに私の好みの新作Tシャツが数多く出ており、例年に増してさらに楽しくお店に立たせて頂いております!

しかし、まだまだあるのです・・・。今季の新作が発表の場で一際、私の目を輝かせてくれた作品がG.W.より販売開始となりましたこちら、見返り虎Tシャツ
画像①作品はその柄行きもさることながら、いつもの「インディゴ撚糸Tシャツ」とは少し違う、「インディゴ染めスラブTシャツ」を使用しております。
画像②
(上がインディゴ撚糸Tシャツ・下がインディゴスラブTシャツです)

スラブ糸という太さや形が不均一な糸を使う事で、デコボコとした表情が生まれ、また、糸が不均一だからこそ生まれる編み目の透間が通気性を良くしてくれるので快適に着て頂ける夏の1着です。
画像③ (2)
もう何年も前にこちらの「インディゴ染めスラブTシャツ」が発売されたことがあったのですが、その時も、生地の表情の面白さ・着やすさでお客様がたいそうおほめくださり特に、ご購入後に「あのTシャツ、とても着やすかったよ」と何度となく仰って頂いたのが印象的でした。

私も欲しかったのですが、買おうか買うまいか?色々なTシャツと比べ、迷っている間に完売となり、「買っておけば良かった・・・」としっかり後悔いたしました。

さて、今回寺町店ではこのインディゴ染めスラブTシャツに当時、私が憧れた作品と同じ「風神雷神」を入れて頂き、限定作品として5月13日(土)より販売いたします!!

作品の画像は後日また公開させて頂きます、お楽しみになさっていてください!

寺町店・三条店・心斎橋店限定 「ねめる金魚Tシャツ」2017.05.03

寺町店

ゴールデンウィークも今日からが本番ですね!
お天気の良い本日、明日からも良いそうで、旅行や行楽にお出掛けになられる方も多い事かと存じます。

そこで・・・、京都・大阪の3店舗にご来店のお客様へ、数量限定「ねめる金魚Tシャツ」をご用意いたしました!

「ねめる」とは方言で「睨む」という意味になります。その名の通り、正面から睨んでいるような金魚柄を、今季の注目の的となっております「デカ鯰半袖Tシャツ」と同じ手彩色の技法で大胆に落とし込みました。
ねめる
手作業で一枚ずつ彩色されたその彩りと、墨で描かれたような凹凸とした輪郭の線がTシャツの上の金魚に生命を与えたかのような、不思議な魅力のある表情を持つ1着に仕上がっております。夏場にもピッタリな白Tシャツで活躍してくれること間違えなし!

実はこの作品、何を隠そう10数年前に登場していた人気作「正面金魚Tシャツ」をアレンジして作られたリバイバル作品の1つ。こちらがその「正面金魚Tシャツ」、スタッフが今も愛用する1着を借りて撮影したものです。
正面金魚
先日より登場している「伐折羅(バサラ)大将 着物衿半袖Tシャツ」と同じく、その人気が高かった作品は時間がたってもすたれることなく、今なお魅力を持った作品であることが伺い知れますね。

さらに、三条店ではキッズサイズの「ねめる金魚Tシャツ」「デカ鯰Tシャツ」もご用意させて頂きました!親子ペアで着て頂けます!
※三条店限定販売となり、サイズは100・110・120の3サイズとなっております。
ねめる金魚 (3)

ねめる金魚 (2)

観光やお買い物などで京都・大阪へお越しの際は、是非、寺町店・三条店・心斎橋店にお立ち寄りくださいませ。金魚は「ねめる」柄ですが、スタッフ一同、笑顔で、皆様のご来店をお待ち申し上げております。

寺町店 営業時間 臨時変更のご案内2017.04.24

寺町店

いつもオスティア・ジャパン衣 寺町店にお越し頂き、ありがとうございます。
誠に勝手ながら、下記日程の開店時間を臨時変更させて頂きます。

■4月26日(水) 12:00よりOPEN(閉店時間は通常通り20:00閉店)

上記日程以外は通常営業時間(11:00~20:00)となります。
ご迷惑をお掛け致しますが、何卒よろしくお願い致します。
teramachi

1 2 3 4 5 6 15

カテゴリー

アーカイブ