BLOG

夏と言えば金魚で決まり!!‐三条店限定‐2018.04.27

三条店

皆様、こんにちは!!三条店です♪

一気に夏がやってきましたね!!
そんな夏に着たくなる柄といえば、、、そうです!!金魚です!!(笑)

国籍問わず人気の高い金魚柄をモチーフに、三条店限定でTシャツとワンピースがお目見え致します!!

迫力抜群の金魚に圧倒されますのはもちろんのこと、素材はやわらかく、お肌にもやさしいオーガニックコットンでお作りさせて頂きました!!

IMG_2275

夏らしく1枚でさらりと着こなして頂くのはもちろん、カーディガンからちらりと金魚が見え隠れするのも面白い1枚ですね♪

是非、店頭で直接触って、着て、楽しんでみて下さい!!

皆様のご来店をお待ち致しております!
また、メールやお電話でも、お問い合わせくださいませ。

オスティア・ジャパン衣 三条店
 TEL :075-221-3553
 Mail :koromo-sanjo@kodaishin.jp
 営業時間 12:00~20:00(不定休)

おしゃれは生きること2018.02.21

三条店

こんにちは!三条店の松岡です!
テーマが「絵ごころしりとり」。名古屋店の堀田さんの「照明(しょうめい)」の「い」から始まるワード。

私からは生活する上で欠かす事の出来ない「衣服」について書かせて頂きます。

衣の洋服や小物にも度々登場しております、「襤褸(らんる)」や「BORO」といわれる生地たち。

その歴史は約100年前まで遡ります。
その時代に木綿は庶民にとって、とても高価で貴重な物でした。
東北の寒冷地などでは、重ねた麻布に刺し子をし、寒さをしのいでいました。
これが刺し子の始まりだといわれています。

着物として使えなくなると下着へ、下着として使えなくなると敷物や雑巾へ、最後にはまた端切れに姿を変えていきました。

写真1

こちらは浅草で開催されておりました「BORO展」で撮影した写真です。

実際に目で見て、肌で感じることができ、ゆっくりじっくり一つ一つを見て回っていたのですが、つい見とれてしまい、感動が止まりませんでした…。

日本人のモノを大切に使い続ける「もったいない精神」に脱帽です!!
この衣服たちはその時代を必死で生きていた人たちの「命」だったんですよね…。きっと。
写真2

「人間はどれだけ貧しくてもおしゃれをする」

この言葉に妙に感銘を受け、「おしゃれ」というものは今も昔も変わらず、人間が持ち続けていく感性なのだと、改めて深く知る事が出来ました。

今や「BORO」は世界共通語となるほど高く評価され、「布を愛し慈しんだ人々が生んだ消費文化の対極のアートである」と言われています。

長い間様々な形で受け継がれ、衣にやってきた布たちの声に耳を傾けてみて下さい!!

-三条店限定- おむすびころりん、すっとんとん♪2018.02.19

三条店

こんにちは!三条店です!!

三条店が選んだ日本昔話は「おむすびころりん」です♪

皆様、一度は絵本で読んだり、映像で観たりされたことがあるかと思いますが、あらためまして、どんなお話だったかな?

意外に覚えていない細かな部分があるのではないでしょうか? こんなお話です。

■■■■■■ koromo ■■■

おじいさんが、いつものように山で木の枝を切っていた。
昼になったので、昼食にしようとおじいさんは切り株に腰掛け、おばあさんの握ったおむすびの包みを開いた。
すると、おむすびが一つ滑り落ちて、山の斜面を転がり落ちていく。

追いかけると、おむすびが木の根元に空いた穴に落ちてしまった。
穴を垣間見ると、何やら声が聞こえてくる。
他にも何か落としてみようか辺りを見渡していると、誤って穴に落ちてしまう。

穴の中にはたくさんの白いねずみがいて、おむすびのお礼にと、大きいつづらと小さいつづらを差し出し、おじいさんに選ばせた。
おじいさんは小さいつづらを選んで家に持ち帰った。
家で持ち帰ったつづらを開けてみると、たくさんの財宝が出てきた。

これを聞きつけた隣りのおじいさんは、同じようにおむすびを蹴って穴に無理矢理入れた。
おじいさんは自分から穴に入っていき、土産をよこせと怒鳴りつけた。

ねずみが大きいつづらと小さいつづらを選ばせたが、欲張りなおじいさんは猫の鳴き真似をしてねずみを脅し、両方のつづらを持って帰ろうとした。

ところがねずみはおじいさんに噛み付いたので、おじいさんは降参した。

■■■■■■ koromo ■■■

損得を考えないおじいさん、そんなおじいさんに恩返しをするねずみ達。
改めて読んでみてもなんだかほっこりして心温まるお話ですね・・・。

そんなおむすびころりんの登場人物たちをモチーフに、着物衿カーディガンをお作り致しました。
更にこれから始まります、春にぴったり!桜の花とのコラボレーションです!
写真1
生地は柔らかくて優しい着心地の綿素材を選び、お色は春らしい緑と着回し力抜群の灰茶をご用意しております。

明日から販売開始です!!
皆様のご来店をお待ちしております♪
もちろん、電話やメールでのお問い合わせもお受付致します!

オスティア・ジャパン衣 三条店
 TEL :075-221-3553
 Mail :koromo-sanjo@kodaishin.jp
 営業時間 12:00~20:00(不定休)

初めての感動2018.01.15

三条店

皆様、こんにちは。三条店の山口です。
今回のスタッフブログはテーマが「絵心しりとり」。

そして名古屋店の丸山店長の「もののけ」からの「け」から始まるワード…、「゛(濁点)」をつけさえていただき、私が小学生の時に出会った「劇団四季」について書かせて頂こうと思います。

学校の芸術鑑賞で初めて「ウエストサイドストーリー」を見に行き、その時2階席だったのですが表情まで伝わるほどの迫力があり衝撃を受けました。

出演者はもちろん、細部まで整った衣装、セットが大好きでほんとに好きな作品は5回くらい見に行ってます。笑

美女と野獣は衣装が主役はもちろん脇役の方まで可愛く、セットも隅々まで凝って最後まで飽きません!

そして私の一番大好きな「オペラ座の怪人」は今京都で公演されてますね。この作品は音も大好きでサントラまで持ってます。
写真1
これは初めて見に行ったオペラ座の怪人のパンフレットです。

是非皆様も生で体感してみて下さい。では次につながる文字は「劇団四季」の「き」をお願いします♪

明日より5日間! 三条店にてカバン作りを!!2017.12.15

三条店

皆様、こんにちは! 三条店です。

気が付けば今年も残すところ半月となりましたね…。2017年が終わりを迎えようとしています。

そんなこの時期、大切な方へのクリスマスプレゼントに…、はたまた1年間頑張った自分へのご褒美に…、何か良いものないかなぁ。

その様に想いながら、街歩きをする季節です。三条店では明日から5日間、そんなプレゼント、ご褒美にピッタリなイベントを開催しますよ~!!

革の色、生地の色、入れたい柄まで全て選んで頂ける、なんとも贅沢な「手作り鞄受注会」!!
IMG_9611
詳細はこちらのご案内ページにて

実際に実物を見ながら、たくさん悩みながら(笑)、自分だけの一生ものの鞄を作って頂けます!!

なんと!今回は前掛けもお好きな柄のものを、実際に見て、触れて、選んで頂けます!! これは早い者勝ちです!!!

三条店にてお待ちしております♪

お好みの色を選べる三条店限定のワイドパンツ!2017.11.17

三条店

こんにちは!!三条店です。

今回、三条店からは限定のワイドパンツをご紹介いたします!!

昨年の春夏アイテムにありました、アイヌ金魚の刺繍を施していた人気のワイドパンツ。

今回は秋冬向けの素材を選び、全く印象も異なる新しい作品たちを数量限定で作ってもらいました!!

綿100%なので1年中使えますし、今からの時期にはタイツの上から履いて頂くのもオススメ。

ゆったりとリラックスして履いて頂けるものとなっております。

そしてなんと、今回のワイドパンツは選べる3カラー!
sanjopants
シックで柄とのコントラストが映える「黒」
青!?緑!? そのあやふやな色あいが魅力的な「青緑」
刷毛-はけ-を使った手仕事によって色あい艶やかな柄が素敵な「薄茶」

どれも違ってどれも良い。その言葉がよく似合うワイドパンツです。

明日、11月18日(土)より店頭に登場いたします。

ぜひお早めにお越しくださいませ。お待ちしております。

オスティア・ジャパン衣 三条店
 TEL :075-221-3553
 Mail :koromo-sanjo@kodaishin.jp
 営業時間 12:00~20:00(不定休)

2017.10.17

三条店

皆様、こんにちは!三条店の松岡です。

今回のテーマの「心に残る言葉」
とてもとても難しいです。。

今まで様々な場面で様々な言葉に出逢ってきました。
今回は私が好きな曲の歌詞のワンフレーズをご紹介させて頂きます!

●●●●●●●●●●●
don’t worry!大丈夫!
君は行ける 生きる意味きっと見つけ出せる

誰しも僕ら人生は一度!
正しい道か誰も分からないけど
きっと人生はそんなところ
大事な気持ち見失わず行こう

行くぜ one time (一人辛い時も)
んで two time (立ち上がれない日も)
だけど three tim e(がんばる君のもとへ)
4 you! 大丈夫! がむしゃらに行こう!
●●●●●●●●●●●

何かに思い悩む時、何をやってもうまくいかない時。
この曲に何度救われたか分かりません。
聞いていると気分やモチベーションも上がります。
さあ!やるぞ!という気持ちになれます。

やはり言葉には人の気持ちを変えてくれる不思議な力があるのですね。
とても考えさせられました。

皆様も様々なアーティストが書いた歌詞に共感し、助けられたという経験があられるのではないでしょうか?

これからも気持ちが落ち込んだりした時は、この曲を聞いて乗り越えていきたいと想います。
そして「人生」という名の「道」を一歩一歩、歩いて行きたいと想います。
この「道」という曲のアーティストにちなんで、緑に満ちた道をご覧ください(笑)
greeeen

私の好きな小説家2017.09.11

三条店

皆様、こんにちは!!三条店の松岡です。
今回は私が好きな小説家さんをご紹介いたします!

まず1人目・・・湊かなえさん。
様々な小説が映画化、ドラマ化されており、映像化してもおもしろい作品が多いですよね!

その中で私が特に大好きでドハマりしたのが「Nのために」です。出てくる登場人物全員の名前のイニシャルが「N」。一つの殺人事件をきっかけに繰り広げられるミステリー、そして様々な人間模様が繰り広げられます。みんなそれぞれに守りたい「N」がいて、その人を守る為に嘘をついたり、罪の共有をしたり・・・。一つ一つのセリフが重く、考えさせられるものばかりです。ドラマも原作を超える仕上がりとなっており、大好きなのです!!

そして2人目・・・東野圭吾さん。
数年前に読書を始める際、一番最初に読んだのが東野圭吾さんの作品でした。

特に好きなのが「刑事 加賀恭一郎シリーズ」です!こちらのシリーズは、ほぼ制覇しております!!様々な事件を加賀さんが巧みに解決していく中でついつい展開や犯人が気になり、一気に読んでしまいます。東野圭吾さんの作品の多くは文章が読みやすく、分かりやすい構成となっておりますので、読んだ後に疑問などが生まれる事はほとんどありません。

本

これから読書を始めたい!という方にはオススメです!! 私も再び読書を始めたいと想います。皆様、オススメがございましたら、是非教えて下さい!!

見て創造する本2017.08.01

三条店

こんにちは。三条店の近藤です。
私は昔から小説や雑誌等、ジャンル関係なく見てきましたが衣に入ってはまった本達をご紹介します。

日本の着物の文様や筒書きの柄を特集した本、皆様ご存知の葛飾北斎等・・・・、ここには載せきれない程の本をはまって買い漁りました・・・・。
画像2 (2)
決して字を読む訳でもないのですが、見てると改めて日本の文化や日本人の想像力、色彩の感性どれも素晴らしいなと考えさせられます。日本の伝統柄はこの時代になっても大切に受け継がれおり、衣でも桜や竹、松をはじめ七宝柄、籠目、鹿の子など様々な伝統柄を生地に表現し服を仕立ててます。

今年の秋冬もあの伝統柄を、皆様にお披露目いたします。楽しみにお待ち下さい。

本を読まない別の魅力2017.07.03

三条店

気まぐれ日記をご覧の皆様、こんにちは。三条店の室です。

皆様「本」は読みますか? 私は本を読みません!何故なら寝てしまうからです(笑)

読書をしない訳ではありませんが、どんなに興味のある本でもいつの間にか意識が無くなっている事が多い為です。(あれっっ私だけでしょうか??)

けれど好きですよ。何故なら…私にとって本は“見る”モノだからです。私の中で「本=読書」というイメージで苦手意識がありました。なので、今回のテーマに悩みましたが、書店に行くと必ず手に取るのは、グルメ・ファッション・写真・美術・イラストといつも“見る“事を前提とした本ばかり。

画像 ①

そして家に帰ると「あれ?めっちゃあるやん!こんなに持ってたっけ!!」っと、本が好きな事をこのテーマで気が付きました(笑)

収集癖もあるので、好きな作家のモノならもう大変。気に入った作品は「欲しい!集めたい!!」。そうすると本は素敵なアイテムですよね。一冊で何作もの作品を見れるのですから。

そして“形“として自分の手元に残せる。すぐにいつでも作品に触れ“見る”事が出来るモノ。
画像  ②

本を“見る”魅力。読むばかりではなく見る楽しみ。皆様はいかがでしょう?楽しまれていますか?

1 2 3 4 5 6 17

カテゴリー

アーカイブ