気まぐれ日記 | AUSTERE JAPAN KOROMO | オスティア・ジャパン衣 | 藍・インディゴ 日本の色 メイドインジャパン 京都 |Japan Tradition Indigo Kyoto |KODAISHIN., LTD. |有限会社 古代新 - Part 198

BLOG

衣代官山店から”クリスマスプレゼント”2006.12.08

衣オリジナル華柄バンダナをプレゼント致します。

ガーゼ素材なので柔らかく肌触りがいいバンダナになります。

     赤、紺2色ご用意させて頂きました。

     (12月9日《土》より5,000円以上の商品を

     ご購入頂いた方に差し上げます。)

     ※Photo_11 数に限りがあります。無くなり次第終了とさせて頂きます。

「衣」薀蓄(うんちく)書2006.12.04

衣スタッフと皆様がもっと近づける様に・・と始まった「気まぐれ日記」も、

無事ふた回りすることが出来ました。

前回のテーマ「旅」ではスタッフが体験した旅先での出来事や、土地に関する想いなどを、それぞれの言葉でお伝えできたと思います。

さて、次のテーマですが・・・「旅」という体を使った経験に対し、「知識」という

頭を使ったお話しを皆様にお聞かせしたいと思います。

その名も「衣」薀蓄(うんちく)書。

衣スタッフの興味のある事、また、得意な分野に関する事で、

一般的にはあまり知られていない、ちょっとためになる話を

お届けできたらな・・・と思います。

     ・・・・・ここで「かわら版」からもひとつ簡単なお話しを・・・

 衣の柄としても使われる事の多い空想上の動物「龍」。

猛々しく、勇ましく、力強い「龍」も、元来はおとなしい動物であったそうです。

しかし、のど元から三番目にだけ、さかさまに生えた「うろこ」があり、

もしそこに人が触れると・・・・・・

  『龍は必ず人を殺す』

という言い伝えがあるのだそうです。普段は大人しい、温厚な性格も、とある許せない

言動で、二度と治まることのない怒りを呼んでしまうのです。

雨や風、嵐を巻き起こし人間を殺してしまった龍の様に・・・・。

この事から、「逆鱗に触れる」という言葉が生まれ、一般的にも広がっていった・・・

 というわけです。

なんだか、少し怖い話しになってしまいましたが、皆様もよかったら 服の上の龍の

「逆鱗」を捜してみて下さい。

さてさてそれでは、衣スタッフにこれから、染めの事や絵柄の事・地名の事まで、

自分だけが知っている?薀蓄(うんちく)を大いに語っていただきましょう。 

京都の紅葉2006.12.02

先日、衣スタッフ何人かと、京都は永観堂の紅葉ライトアップを

見に行って来ました。例年より遅い・・・と言われていた京都の

紅葉でしたが、それでも今年も色鮮やかな景色を私達に見せてくれました。

暗幕の世界の中、炎の様に赤く照らされたもみじ達。

今、この瞬間にしか見ることの出来ない、自然の美しさに、しばらく時を忘れ

ただただ見入ってしまいました。

少し立ち止まること、大きく息を吸うこと、心の深呼吸をすること。

駆け抜ける毎日に、一番必要な事かも知れません。

もみじのトンネルの中、みんなで囲んだおにぎりと暖かい飲み物。

しっかりとおいしい空気も吸ってきました。

背筋が伸びる様な静謐な空気の中、色鮮やかな京都の四季が

確かにそこには息づいていました。Photo_9

新商品追加です。2006.12.01

お待たせいたしました。

ネットショップに新商品追加です。

残すところ、今年もあと一ヶ月。衣の冬の定番「インディゴ撚糸」が、

満を持して登場です。糸から染めたインディゴの生地の上、

様々な柄が様々な技法で表現されていきます。

色を抜く、インクで色を入れる、ミシンで縫う、刺繍を施す・・等。

柄の持つ「力」を最大限引き出す為、製作現場は大忙しです。

    ~作り手の想いが伝わりますように~

 そう願い、今日も慌ただしさが加速してゆきます。

       「師走」という言葉と共に・・・

創作ワッペン祭り2006.11.27

期間限定オーダーTシャツロンTまもなく受付!

「自分だけのリメイクロンTが欲しい…。」そんなあなたの願い叶えます!

朝夕の気温もぐっと下がり、冬の気配さえ感じるここ北山ですがみなさんはいかがお過ごしですか?

12月2日(土)~12月17日(日)、北山コロモールにてイベントの開催が決定致しました!

                 題して、『創作ワッペン祭り』

ボディーとなるTシャツロンTのサイズとカラー、そして100種類以上のワッペンの中からお好きな

ワッペンをお好きなだけ選んでいただき、お好きな場所にスタッフが一枚一枚縫い付けさせていただきます。

古布、前掛け、刺繍など、今回の為に作り上げたコロモールオリジナルワッペンを

多数ご用意しております。TシャツロンTとワッペンの無数の組み合わせの中で、あなたのお好みにデザインしてこの世に一枚だけのTシャツロンTに仕上げて下さい。

そして、大切な方への贈り物やクリスマスプレゼントとして、この機会に是非ご注文下さい。

     

期間:12月2日(土)~12月17日(日) ※木曜定休日

                    ※商品はご注文後一週間ほどでお渡しとなります。

  

  サイズ:〔SS・S・M・L・XL〕 カラー:〔インディゴ・ブラックインディゴ〕

  

  価格: 長袖 ¥7,245  ワッペン ¥210~

       半袖 ¥5,145      ※素材、柄、大きさにより異なります。Photo_7

≪気まぐれ日記を御覧の方に特典として、右記の写真をプリントアウトのうえご来店いただきますと、

お名前やお好きな文字の一文字をワッペンにしてTシャツロンTにお入れします。≫

ボディー、ワッペンともに数に限りがありますので、お早めにお越し下さい。

スタッフ一同心よりお待ちしております。  

   

「衣」旅行記~岸田編~2006.11.27

こんにちは。三条店の岸田です。
僕の旅の一番の思い出は、大学二回生の夏休み友達二人でタイへ行った事です。
友達から、とにかくタイは面白い!ただそれだけの情報をもらい 何の計画もなく
わずかに貯めたお金を握り、飛行機に飛び乗りました。
タイに行かれた事のある方はご存知かも知れませんが、                   バンコク国際空港に到着すると辺り一面に充満する香辛料のにおいにまず驚きます。
そうです。これが、タイの匂いなのです。

僕はとうとう日本ではない遠い異国に来てしまったのです。

不安と期待の入り混じった何とも言えない気分のまま空港を出た僕たちは、
世界中のバックパッカーが集まる旅のクロスロード「カオサン」に向かいました。
そこは、小さな通りの周辺にゲストハウスや外国人旅行者向けのレストランショップが並び、流行の先端を行くクラブ・バーもあり、タイ人の若者も集まります。Photo_5
町はいつもにぎやかで、少し怪しげな不思議な町でした。
路上では髪を編んでもらいイメージチェンジをする旅人を多く見かけます。
どこの国の人かも、言葉も分からない人達の中にまぎれてしまう自分。
その全てが日本では全くありえない事でした。
他にもタイの名所やカンボジアのアンコールワットにも足を伸ばしましたが、何故か
バンコク、カオサンロードでのあの時間が僕の脳に焼き付いています。

あなただけの一枚を作りませんか? ~表裏一体~2006.11.20

Dm 日本最古の芸能としてその幽玄美を現代に伝えている
          「能楽」
舞台を演じる上で欠かす事のできない
                        「能面」
その表情は「非哀と微笑」など
相反する二つの感情を同時に合わせ持つ

般若(はんにゃ)小面(こおもて)は伊勢型紙を使い
抜染し、お好きな場所に入れて頂けます。また桜、椿、牡丹
いずれかの花もお好きな場所に手刷り印刷致します。
あなたはどれを選びますか?

今回たくさんのアイテムをご用意させて頂きました。
インディゴロングTシャツ、インディゴジップアップ、インディゴトレーナー
ジーンズ、インディゴTシャツ
※ボディーサイズに限りがありますのでお早いめにお越しください。

スタッフ一同、心よりお待ち致しております。

期間:11/23(木)~12/3(日)
    ※11/23(木)は祝日のため営業致します。
     よって11/22(水)を振替休日とさせて頂きます。

「衣」旅行記~園原編~2006.11.20

みなさんは今お住まいの土地の名所や観光地に行かれたことはありますか?
半年ほど前の名古屋パルコの休館日に、「衣」名古屋パルコ店スタッフ4人揃って
どこかに行こうと企画し、レンタカーを借りて奈良公園~京都へ遊びに行きました。
その日はあいにくの曇り空、今にも雨が降り出しそうな天気だったのですが
奈良公園に到着するやいなや鹿せんべいを買い占めて(ちょっと言い過ぎですが、
かなりの量を買いました・・・)、数時間鹿達とたわむれました。
鹿せんべい頂戴~と鹿に太ももを噛まれたり、男性スタッフが鹿に本気タックルを
仕掛けられたりと、ちょっとした面白い出来事もあり、
穏やかな時間の流れを感じながら過ごす笑いっぱなしの数時間でした。
実は私は奈良出身なのですが、奈良に住んでいながら遠足で大仏殿に行ったくらいで、
鹿とたわむれたりしながら奈良公園でじっくり過ごしたことがあまりなかったのです。
改めて今回奈良公園に行ってみて、懐かしいのに新鮮味があって、
なんとも言い表せない心地よい空間に、どうして今までこんな近くに住んでいたのに
気づかなかったんだろうと不思議に思いました。
それ以来、前以上に奈良出身だということをうれしく思うようになりました。
「近くにありすぎて気づかない」とか「近いしいつでも行ける」と思っていて、
まだ行っていない場所・・・。
そんな場所がある方は、是非ほんの少しだけ足を伸ばしてみてください。
遠い知らない土地への旅行もわくわくドキドキして楽しいですが、
日常の中に見つけた非日常な空間は、心もリフレッシュできるし、
新しい発見が生まれた町や住んでいる町をもっと好きになるきっかけに
なると思います。
みなさんも「身近な場所への小旅行」楽しんでみてはいかがでしょうか。                                                      

「衣」旅行記~奥田編~2006.11.13

私は小さい頃から、親が旅行好きということもあり、実に様々なところへ旅行してきました。その中でも最も思い出に残っている場所での体験を一部ご紹介したいと思います。 

それは私が中学二年生の夏に家族と行った北海道での体験です。

北海道はとにかく広い!食べ物がおいしい!自然もいっぱい!

そんな北海道で、今でも一番印象に残っているのは、移動中の車の中から見た景色です。周りは、牧草地が辺り一面に広がり、あるのは小さな小屋や草を丸めた様な固まりがあるだけ。そんな景色に囲まれながら、どこまでも続く長い一本道をひたすら走っているのです。高い建物は全くないので、ぐるっと360度遥か遠くまで見渡せる その生まれて初めて見た景色に本当に言葉がでませんでした。また、その道の先は地平線の向こうに続いているので、「どこに繋がっているのだろう。まるで空に続いている様にも見えるなぁ、いったいその先に何が待っているんだろう」なんて事を考えながら、車の中からその雄大な景色を眺めていたのを覚えています。  そして、その道の先で、私達はある一匹のかわいいキタキツネと出会いました。

そのエピソードについては、また機会があればお話するとしまして、とにかく、私達にとってはその旅で見た景色、感じた気持ちひとつひとつが今でも私の大切な心の宝物となっています。

皆様はどんな心の宝物を持っていますか・・・・?  Img004_1

選んで取って開けて見て…2006.11.10

Epson001_3名古屋パルコ店イベント案内です。

『選んで取って開けて見て』 11月18日(土)~11月26日(日)まで

今回のゲームは実に単純…。
5,000円以上お買い上げの方に店内にぶら下がっている様々な小袋を一つ、掴んで取ってください。
その場で開けて頂いて当たりが分かります。
お一人様一回限りの運試し…
一等、二等にはスタッフも喉から手が出るほど羨ましい豪華景品をご用意致しております。
是非、お立ち寄り下さい。
スタッフ一同心よりお待ちいたしております。

※無くなり次第、終了とさせて頂きます。ご了承下さい。

カテゴリー

アーカイブ