気まぐれ日記 | AUSTERE JAPAN KOROMO | オスティア・ジャパン衣 | 藍・インディゴ 日本の色 メイドインジャパン 京都 |Japan Tradition Indigo Kyoto |KODAISHIN., LTD. |有限会社 古代新 - Part 206

BLOG

衣道中膝栗毛!2005.11.14

P1010214_1 衣が生まれた町、京都。
そして衣が育った町、京都。
そんな京都の町を舞台に、「衣道中膝栗毛(ころもどうちゅうひざくりげ)」と題うったスタンプラリーを開催いたします!
(05’11/14~06’2/28)
京都市内の寺町店、三条店、コロモールの各店で配る「衣特製手形」を持って3店舗を巡ってください。
各店で5,000円以上お買い上げごとにスタンプをひとつずつついていき、期間中見事3つのスタンプが揃いますと、小さな旅の記念に“衣道中膝栗毛限定Tシャツ”を差し上げます。
寺町~三条間の小道を探索するのもよし(お気に入りの食べ物屋さんを発見できるかも・・・!)
鴨川わきを四条界隈~北山へ上がるのもよし(川沿いの桜の木が寒さをこらえ春を待っています。)
巡り方はあなた次第。京都の季節の移り変わりを、衣特製手形と共に感じてください。
※特製手形には、3店舗にまつわるクイズがついています。店頭スタッフと相談して、答えを導きだしてください!!

衣でわなげ2005.11.10

皆様こんにちは。
名古屋パルコ店で“衣でわなげ”を開催することが決まりました。
わなげというとお祭りの屋台では欠かせないもの。
単純な遊びだけど、その輪は入りそうでなかなか思い通りにいかない・・・。
昔、そんな悔しい思いをしたことはありませんか?
今回はそのわなげを衣らしくアレンジしてお客様と一緒に楽しみたいと思います。
11月18日(金)から11月27日(日)まで
三千円以上お買い上げいただいたお客様、お一人様一回限りのチャンスです。
輪が入らなくてもおいしい残念賞を用意しています。
自分の腕に自信のない方は、運を味方にして是非挑戦しに来て下さい。

※数に限りがございますので、無くなり次第終了とさせていただきます。

リメイクの祭典2005.11.07

P1010146_1 10月からコロモールの店長を任されることになりました二宮です。
皆様よろしくお願いいたします。

以前母親に、
「またそんなボロボロのジーパン履いてっ!新しいのを買いなさいっ!!」
と言われたことがあります。
そのジーパンは、雨の日も風の日も長年履き続けているうちに生地が擦り切れてしまい、継ぎ当てては履き、ステッチで穴をふさいでは履き・・・を繰り返していて、あちらこちらが“リメイク”されているものでした。その重なり合った生地やステッチがよりカッコよく思え、今でも大切に履いています。

“リメイク”は、もともと服を大事に長く着る為に生まれた技術ですが、最近でははじめからシャツやジーンズにリメイク加工を施してあるものも多くなり、“リメイク”というのがただの修理ではなく、一人前のファッションとして取り込まれてきました。

さて、そこでこの度コロモールでは
《第二回 衣リメイク祭 秋冬展》
      11月26日(土)~12月4日(日) 木曜定休

を開宴いたします。ご好評いただいた第一回に引き続き、新しいジーンズ・シャツにリメイクしたものや、今回初のリメイクスカートやマフラーなども登場する予定です。使い込んだものを“リメイク”するのではありませんが、一つ一つ手作業で縫い上げる自由なステッチが生きた、味のある作品が並びます。前回ご来店いただいた方はもちろん、まだご存知ない方にもぜひご覧いただきたいと思います。
(そしてなんと、期間中ジーンズをお買い上げいただいたお客様に、裾上げ時に切り落とした生地で携帯ストラップをお作りします。また、裾上げの必要がないお客様には、別生地で作ったものをプレゼントさせていただきます。)

お店から広がる衣2005.11.01

寺町店店長の藤原です。
先日ご来店いただいた関東からのご家族。
数年前、出張先で出会った「衣」と付いている服が、どうしても気になって・・・とインターネットで探し、ようやく機会があってご来店くださったそうです。
私の「衣」の始まりは友達との小旅行。
通りすがりにふと目に入った衣の服が語りかけるような表情をしていて、誘い込まれるようにして店内へはいっていきました。
そして今、私はその店にいます。
インターネットから、旅先から、「衣」を通じての一つ一つの出会いに心躍らせながら、今日もお客様が訪ねて来てくださるのを待っています。
五感を通して「衣」を楽しめるお店へ、皆様も機会を見つけてお出かけください。

ほっこりお箸プレゼント2005.10.25

こんにちは。名古屋パルコ店です。
急に夜の風が冷たくなり、温かい食べ物が恋しくなってきましたね。
さて今日は、何かとおいしく感じられるこの季節にぴったりのお知らせをさせていただきます。
10月27日から4日間だけの限定イベント、「名古屋パルコHappy4Days」に合わせて、三千円(税込み)以上お買い上げのお客様に、商品としては販売されていない“お箸”をプレゼントいたします。
ほっこりおいしいものを食べるもよし、ふっと衣を思い出すのもよし!の衣ロゴ入りのお箸です。
これで心も温まることまちがいなしです。
他の店舗では手に入らない限定もの。
1日10本限定ですので お早めにご来店ください。
お待ちしております。

なにやら手遊びしてたら こんなモノできちゃいました2005.10.25

P1010066_1 今回大津パルコ店では、10月27日(木)から11月6日(日)まで「大津パルコ9周年祭」にあわせ、“大津パルコ店特製携帯ストラップ”を、3000円(税込み)以上お買い上げで ハガキご持参の方にプレゼントさせていただきます。
(数に限りがございますので、なくなり次第終了とさせていただきます。なお、ハガキをお持ちでない方でも3000円(税込み)以上お買い上げ時に、アンケートにお答えいただくとプレゼントさせていただきます。)
これが携帯電話に付けるとスゴクカワイイんです!
ウッドビーズやそろばん玉、そしてアロハシャツなどでお馴染みの衣ボタンが、ポコポコッと愛らしく並んでいます。
「なにやら手遊びしてたら こんなモノできちゃいました」
というひょんなキカッケで衣から生まれました。
手作りのため、残念ながら数は多いとはいえません・・・。
なので、是非お早めにお越しください!
スタッフ一同おまちしています。

”お買い物”に新商品入荷しました!2005.10.21

Krm0243_front お待たせいたしました!
オンラインショップに新商品入荷いたしました。
今回は、PECカードの会員誌“PECNEWS”にも掲載されているセミオーダー商品。
店頭では販売していない、オンラインショップと“PECNEWS”だけの特別限定企画です。
前回のセミオーダー企画では大変ご好評いただき、手に入らなかった方もおられたのでは・・・。そんな方たちのための第二弾。
『より自分らしく着る 衣』
  *形(ロングスリーブTシャツ・カーディガン)
  *柄(大桜・波龍)
  *色(インディゴ・ブラックインディゴ/刺繍 橙・青・桃)
からそれぞれ選んでいただき、ご入金確認後一枚ずつ手作業でお作り致します。
少しお時間はいただきますが(状況により1ヶ月ほどかかる場合がございます。)、この機会にぜひ48通りの中から自分だけの一枚を選んでください。
詳しくはこちら

主(あるじ)より2005.10.19

「時代」が移ることを「時の流れ」と人は呼ぶ。
でも流されて、流行り物のひとつになるのだけは絶対にいやだった。
それをここまで理解し、支えてくれたすばらしい仲間が衣にはいる。
世界の中でも、四季の温度差が極端といわれている日本。
その中でも京都ほどその振れ幅の大きいところはない。
蒸暑い夏や、体の芯まで底冷えする冬と戦いながら京都の人々はこの街をつくってきた。
商品を世に送り出すのが店ならば、その店を生み出すのは人。
人が店をつくり、店が街を創り、街が歴史を積み上げていく。
全ての原点にいるのはやっぱり人。
衣もその歴史を語り始めると「スタッフ」という仲間をはずしては何も語れない。
これからゆっくり時間を掛けて、どう衣という糸に絡まってきたか、お伝えするのを楽しみしています。

代官山店より2005.10.19

三年前・・・東京から交通費がないからと原付で18時間かけて京都の衣にやってきた一人の青年がいなければ、今も東京には衣の店はなかったかもしれないと思っています。
大都会の片スミで、この空間だけは京都そのものでいられる事を忘れてはいません。
「おおきに・・・」と言うはんなりした京言葉に恥じること無いよう、衣を伝えて行きたいと思っています。

名古屋パルコ店より2005.10.19

名古屋にやってきて1年が経ちました。
京都から近いようで遠い名古屋は、風習も習慣もどこか違っていて、初めは何かと驚くことが多かったです。
“どうかここで京都を感じてもらいたい…”その思いで過ごしてきた1年。
ありがたいことに、今ではたくさんの方に御来店いただき、日々の出会いに感謝しております。
少し衣も名古屋にとけ込んだでしょうか…。
これからもますます良い輪を広げていきたいと思います。
この日記からも大きな輪が広がりますように。

カテゴリー

アーカイブ