Information

今昔の藍古布展 -オンラインショップ-Antique indigo cloth exhibition2017.10.15

モノがあふれておらず、誰もがモノを大事にしていた時代、布生地もまた、大事に大事に使われていました着物として使われていた生地は、古くなったら野良着となり、また古くなれば布団や敷物へそして最後は雑巾として・・・・。

-今昔の藍古布展-

明日10月16日(月)より10月29日(日)の期間限定にて、オンラインショップに展示販売させていただきます。

縞柄の藍
格子柄の藍
手刺し子の藍
継ぎ接ぎの藍
襤褸(ぼろ)の藍

日本にしかない言葉「MOTTAINAI-もったいない-」の心を、そのままダイレクトに感じ取ることができる布。

国内外のデザイナーが目をつけ、このアンティークな日本にしかない布を求め、海を渡りはるばる日本に来ているという現代。

どれだけファッションが進化を遂げても、同じトレンドをループすることで、どこか懐かしさを追い求めている様にも思えます。

長い時間をかけ、新しいものを作り続けてきたファッション文化の片隅で、時を止め、じっとその良さを知らしめられる日を待ち望んでいたのかも知れません。

「まだ着られるよ」

そう語りかけられた衣主が、想いを継ぎ、服に仕立て直した藍の古布。

わずかばかりの期間ではございますが、ぜひこの機会、お見逃しなく。

-今昔の藍古布展 展示作品ページ-
41-06-0028-m_5

In the old days, when people had a simple life, they used cloth as a very precious thing, first wearing as a kimono, and when it was getting older using it fabric to make rugs, duvets…

 

From tomorrow october 16th until october 29th only, in our online shop.

 

Striped indigo
Plaid indigo
Sashiko indigo
Patchwork indigo
Boro indigo

 

Only in Japan you will hear the word MOTTAINAI, you will look for the fabric and feel like not wasting it, so use all parts of the fabric.

 

National designers discovered an antique japanese cloth.
It doesnt matter how much fashion evolves, it always loop back and bring some nostalgic trends through.
Times can come by, new fashion items will keep being make, stop the time.

 

With the feeling of not wasting, the Koromo designer make all clothes using all the fabrics.
Dont miss out this chance!

 

- Antique indigo cloth exhibition page -

41-06-0028-m_5

Category

Archive