BLOG

「動物園」 三条店 上田2011.03.02

三条店

気まぐれ日記を御覧の皆様こんにちは。三条店の上田です。
いよいよ3月、まだ少し寒い日が続きますね。

先日、寒さも吹き飛ばすくらい楽しいところに行ってきました。 それは『京都市動物園』。 この動物園が開園したのは100年以上前の1903年なんです。 私のおばあちゃんが生まれる前からあるってことですね。 すごい。 とても大好きで、何度も行っています。

今回、私が行ったときは、ちょうど動物達の食事の時間だったので、貴重なシーンが見れました。 ゾウはかわいい芸を披露してくれました。 飼育係の人がご飯を運んでゾウに合図を送ると、「ご飯ちょーだい」と、足を上げて待ってるんです。大きな身体で足を上げる姿がとても愛らしかったです。Zou

他にもシマウマや猿のランチタイムをみることが出来きましたが、みることができて一番嬉しかったのは、私の大好きなキリンの親子です!

2009年に産まれたキリンの赤ちゃん(音羽)は、生まれた時にみていたのですが、もう親キリンと同じくらいに成長してました。実は、このキリンの親子には、体の模様の中にハートマークがあるんです!Nihikirin Kirin

さらに千葉動物公園にいる、音羽のお兄さん(竜王)にも、そのハートマークがあるそうなんです。 大きな家族の愛が体から溢れ出ていました。感動です。

もう少し暖かくなれば、今回見た動物達も、また違う表情を見せてくれるのでしょう。 想像するだけで楽しくなります。その頃また会いに行ってみようと思います! 皆様も行かれる機会がありましたら、キリン親子のハートを是非探してみて下さい。

「私のヴィンテージ」 三条店 赤瀬2010.12.27

三条店

こんにちは!三条店の赤瀬です。
服が大好きな衣スタッフの間で良く耳にする言葉・・・「ヴィンテージの服、ヴィンテージのジーンズ・・・」

昔の逸品をこよなく愛する衣スタッフにとって、ヴィンテージものの服はあらゆるお手本として様々な事を気づかせてくれます。 私もそんなヴィンテージの魅力に惹かれ、骨董市や古着屋さんを巡っては面白いものを探すのですが、ただ、“本当に欲しい!”と思う服は高くて手が出なかったり、“お手頃!”と思った服は生地が弱くなってボロボロ・・・。

ヴィンテージいいなぁと思っても、実際に身につけるまでにはいかず、見て楽しむだけになっていました。 ところが、実は私、とんでもなく素晴らしいヴィンテージのジャケットを持っていた事に、いや、むしろ毎年着ていた事に最近気づいたのです!

学生の頃、お父さんのタンスからこっそり持ち出したあるジャケット。 私はこのジャケットが大好きで、毎年冬には活躍してくれる服の一枚となっていました。 母から聞いた話によると、どうやらこのジャケットは父が大学生の頃に着ていた、と。 Myvintage

当時の私は「そうなんや」と軽く聞き流していたのですが、先日ふと、そのジャケットを着た時にハッ!!と気づいてしまったのです。 「やばい、このジャケット、1970年代の立派なヴィンテージやん!!」と。

お気に入りを手放す事ができなかった父その気持ちを察して大事に保管していた母。 無名のジャケットですが、私にとっては愛おしいヴィンテージジャケットとなりました。Ryousin

「孫LOVEパワー」 三条 小塩2010.11.01

三条店

三条店の小塩秀次(おしお しゅうじ)です。
今回は僕の父親から学んだ話を少し。

父は無趣味で、服装は何でも良い。映画も音楽も一切知りません。 職場と家の往復、絵に描いたような“堅い人”。 そして何より、電化製品にとても弱いんです。そんな父が、数年前パソコンを購入しました。 何にも興味を示さない父が!と僕は驚き、何か新しいことを始めようとしてるんじゃないかと、かなり嬉しくなりました。

「しゅうじ、わからんから色々教えてくれ」

僕はもちろん快くOKしました。 当時、僕は東京で働いていたので、帰省した際、父に一つ一つ教えながらパソコンの設定をしていきました。 父はうんうん頷きながら聞いていました。

しかし半年後にまた帰省してみると、驚愕の一言。

「しゅうじ、わからんからまた色々教えてくれ」

デジャブです。 視界に飛び込むはほこりを被ったパソコン。 僕はまた一から教えるのですが、また帰省するとまた忘れてる。 まったく同じことの繰り返し。

僕が衣で働きだし、京都の実家に帰ってからは、パソコンに限らず、電化製品全般のコレがわからんアレがわからんと質問攻め。 すべてを僕に任せようとする父に正直うんざりしていました。

でもそんなある日、神奈川に住む兄夫婦に子供が生まれ、初孫ができたんです!Photo  神奈川に出向いての初顔合わせに備え、父は量販店でビデオカメラを買ってきました。

「神奈川ではお前に聞けへんから自分で覚えるしかない」

と説明書片手に頼もしい一言。それからの父はまるで別人のようでした。 神奈川から帰ってくると、僕に「孫を撮ってきたやつ見せたる」と自分でいそいそと配線を始め、テレビで上映したのはほんの序の口。 数日後には自分でパソコンにつないで動画をおとし、最近では親戚に見せるためにネットからフリーソフトをダウンロードしてDVDを焼いているではありませんか!

ひと月前には自分のパソコンに入ることもできなかった父を動かしたのは、間違い無く“孫LOVEパワー”

衣の着あわせ 三条2010.09.25

三条店

皆さま、こんにちは。
今回は三条店から着合わせを紹介させて頂きます。

9月も後半に差し掛かり、あの暑い猛暑日から考えると、大分と落ち着いてきたように思います。 そこで今回は少し秋を感じさせてくれる、軽めの羽織りものをコーディネートしてみました。Sanjo

また、このタイプは草木染めで珍しく麻生地を使用し、独特の風合いで優しい色をしています。その中に友禅作家、奈々緒さんの手描きで蓮を贅沢に描いて頂きました。

首元に赤を差し込みポイントをもたせ、最後にカタログにも登場した鯰のショルダーバックを! このバックは1つで 2度楽しめる持ち方が出来るので、ぜひ見て頂きたいです。 これから重ね着や小物などで楽しめる時期になってきたので、色んなコーディネートを考えて楽しんでくださいね。

※各作品の詳細はコチラより。ケータイの方も、こちらからご覧いただけます。

「にじみ桜タートルネックロンT」 「インディゴガマ口INショルダーバック」

※「草木染作家蓮ワンピース」はオンラインショップへの入荷予定のない作品となります。ぜひ、衣 各店まで お問い合わせくださいませ!

「路地散策」 三条店 柴田2010.09.02

三条店

みなさんこんにちは。 今年は猛暑が続く夏に なりましたが、皆さんは どんなところへ お出かけされましたでしょうか? 海や川へは丸一日のお休みを要しますが、私は ふらりと気軽に行った事のない道を散策するのが大好きなのです。

先日はノープランで嵯峨野へ行ってみました。 観光地である嵯峨野は、大きなお土産屋さんや甘味屋に おそばやさんと、京都の魅力が詰まったお店もたくさんあるのですが、もう少し北へいき、細い路地を行くと 人も少なく まさに隠れ家チックな雰囲気のお店が ぽつぽつとあるのです。 Sagano2

Sagano1

人通りも少ない中、見つけたのが焼き物屋さん和紙屋さんのお店です。 焼き物屋さんには釜場もあり、作家さんがその場で焼いている作品が並ぶお店です。 (とってもかわいい蛙の焼き物を連れて帰りました!)

和紙のお店には、紙を細く撚り(より)、糸状にしたもので織った帯などが並んでいました。 ゆっくりと時間が流れているように感じるお店。 お店の方は、作品(商品)のことや嵯峨野のことをいろいろ教えてくれました。 自分だけのセンスフルな隠れ家を見つけたような、誰かに自慢したいような、とてもわくわくした気持ちなりました。

毎日のお昼休みも例外ではなく、ちょっとした休憩時間に、ふらりとお店のご近所を散歩するのが日課です。 三条店の近くには細い路地がたくさんあり、オシャレで小粋な雑貨屋さんや飲食店が ちょこちょこ立ち並ぶ ご近所。 お気に入りのお店を見つけては、スタッフ同士で共有しています♪

自分達のお気に入りのお店を、ぜひ もっといろんな人に紹介したいと思い、簡単に ご近所の案内マップを作ってみました。 三条店寺町店にて配布していますので、よろしければ京都の路地めぐりのお供に、お役立ていただければと思います。Rojimap

みなさまも、「お気に入りの隠れ家ショップ」など、ありましたら ぜひぜひ教えてください! 私からも もっともっと嵯峨野情報も お伝えいたします♪

三条店 期間限定 苔玉展示販売!2010.08.13

三条店

みなさん、こんにちは! 三条店です。
暑い夏に出会えるのが、真っ青の空と生き生きとした深緑の木々たち。 特に夏の緑は鮮やかで、みずみずしさを感じますね。

衣 三条店では、そんな緑を室内でも 気軽に楽しむことができる『苔玉』を、期間限定展示販売いたします。

Sanjokokedama

「Life with Green」をテーマに、庭園の空間演出や観葉植物など、多岐に渡り苔を使った活動をしている、苔玉作家「安堵 礼多(あんど あきかず)」さんが1点1点 制作した作品たちです。Kokehati

展示販売期間は8月14日(土)~29日(日)、残暑厳しい夏を楽しく過ごせる夏アイテムとともに、風情ある みずみずしく可愛らしい、苔玉たちを ぜひ見にいらしてください。

「通勤の楽しみ」 三条店 柴田2010.07.05

三条店

皆さん、こんにちは。

三条店の柴田です!

京都は湿度の高い じめじめとした日が続いています。 しかし、色とりどりのアジサイが咲き始め、それを見るのが通勤時の ひとつの楽しみになっております!
通勤時の楽しみといえば、ツバメのヒナたちが賑やかにお母さんの帰りを待つ巣が、三条店のお店の近くにあります

Phototsubame

大きな目と口をめいっぱい広げて、ひたすらごはんが届くのを楽しみにしている5羽のヒナたち。 その子たちが日に日に成長する様をみるのが日課になっていました。
体も大きくなり、毛もモコモコ、巣もぎゅうぎゅうになってきたなぁと、ほのぼのしていた ある日の朝、巣の中には3羽のヒナの姿しかなくなっていました。

上空を見るとなんと親鳥と一緒に、円を描きながら飛んでいる姿を発見!!

まさにあの巣から旅立った子に違いない!

少しハイテンションになりながら三条店のスタッフと、幸せな気持ちになりました。

それが私たちが見た、今年最後のヒナたちでした。 次に見たときには、巣は空っぽに。 きっと今頃みんな元気に大空を飛び回っているでしょう。

この子たちに会うのが毎年の楽しみになりつつあります。
また来年は違うヒナたちが、もしかするとここから旅立ったヒナ鳥が親となって戻ってきてくれるのでしょうか?? 今から待ち遠しいです♪

三条店 数量限定「金魚T」&父の日ギフトラッピング!2010.05.28

三条店

皆さん、こんにちは。 涼しい日があったりと夏が遠く感じる気候ですが、衣 三条店では夏らしさ満点のアイテムがたくさん入荷しています。 今回特にオススメしたいのが、数量限定で、明日から三条店に先行入荷する新作金魚のTシャツです。2_2

注染という技法を用いて表現されるボーダー柄。 暑い夏、金魚が優雅に泳ぐ水面を思わせる世界観です。 光を浴びて見え隠れするような愛嬌ある金魚たちを、ぜひ見に来てください。

また 5月29日(土)~ 6月20日(日)までの期間、衣 三条店にて¥5,000円(税込)以上 お買い上げの方に、父の日特別ラッピングをさせていただきます。Photo

ぜひ、お気に入りの夏アイテムを探しにいらしてください!

『決意を行動に…その後』 三条店2010.05.04

三条店

皆様こんにちは!
三条店の「決意を行動に」を振り返り、

2人の その後…を ご紹介いたします。

~柴田編~

ちょうど今年のお正月、「決意を行動に!」ということで、
私は英語を再び勉強することを決めました。

さて今年も、早4ヶ月が経過した今、
がんばると決めた決意が薄れ行くという悪い癖がでてきました。
甘い自分を追い込む気持ちも込めて、さかのぼること高校時代、

私の家へホームステイしていた アメリカからの留学生に

英語でメールを送ってみました。Photo_3

辞書を片手に、つたない英文で試みてみると
あのころと変わりない 明るく温かな返信が返ってきたのです。

出会ったのは10年も前。
全く言葉も違うもの同士が出会い、楽しい時間を共有し、遠い距離を乗り越え

再び言葉を交わすことができ、なんだかちょっと熱い気持ちが込み上げてきました。

偶然の出会いや、繋がりを大切にしたいと改めて実感しました。、
またちょこちょこメールをしていけたらと思います。
そしてもっともっと英語を上達させ、近い将来 海を越えて会いに行くことを決意します!

~禾本編~

私が父と母に贈った後、実はまだ続きがあり
同じ入れ物とお花をもうひとつ用意し違う柄を描いて、
日ごろお世話になっている人にプレゼントをしたのです。

それからもう1ヶ月以上が経ち、久しぶりにその姿を見に行きました。
写真にあるように、かなり葉っぱが大きく育っていたのです。Photo_4
何かをプレゼントし、いつも近くにおいてもらえると嬉しいものですね。

これからも感謝を込めたものを贈るようにしたいと思います。
相手の喜ぶ顔を見て同時に私も幸せな気持ちになれると思います。

5月9日、母の日も近くなりました。
皆さんもいつも当たり前のように見守ってくれている
身近な人に感謝を伝えてみませんか?

ただいま 衣 三条店では、母の日のための特別ラッピングを

させていただきます。 ささやかですが、日ごろの感謝の

気持ちを伝える お手伝いをさせていただければと思います・・・。

京都 衣 三条店 × 手染メ屋 天然染めTシャツ受注販売!!2010.04.15

三条店

気まぐれ日記を ご覧の皆様、こんにちは。
桜もピークを迎え、次はつつじが楽しみな 季節になってきました。

移り行く季節とともに旬の花を愛で、
自然界の美しさに触れて人の心は豊かになります。
賑やかな街中から離れ、自然から もらえる温かな気持ちを大切にしたいものです。

今回は、そんな大自然に育まれ、
私たちに優しい印象を与えてくれる『天然染料』にスポットを当てたいと思います。

同じ京都にお店を持ち、併設している工房で染色をする「手染メ屋」さん。

「手染メ屋」さんでは植物から抽出される染料のみで染色を行っており、
茜(あかね)柿渋(かきしぶ)五倍子(ごばいし)柘榴(ざくろ)など、
昔から使われている日本人の目に慣れ親しんだ やさしい色を大切にされています。

今回、そんな「手染メ屋」さんと、
衣 三条店が合同で『天然染料』の魅力に迫るイベントを開催いたします!

  期間:4月17日(土)~25(日)

  場所:衣 三条店

※Tシャツは天然染めされた3色からお選び頂き、
  柄を お好きな位置に お入れいたします。 価格¥8,925(税込)T

衣で お馴染み、素朴な表情と やわらかさが魅力の

『リサイクルコットン』の生地に、
「手染メ屋」さんが1点1点手染めを施して下さるTシャツ。

天然染料の“柔らかさ”と“温かさ”包まれた、

オリジナルの1着を ぜひ作りにいらしてください。

カテゴリー

アーカイブ