BLOG

【備後絣柄入れ受注】是非ご相談ください!2021.03.26

かわら版

3月20日(土)より始まりました【2021年春夏新作展示会 ころもづくり ころもがたり】
色とりどりの新作たちをお楽しみ頂けていますでしょうか?♪

そして…
「ころもづくり ころもがたり」と同時に始まりました【備後絣柄入れ受注】
こちらは “3月28日(日)” までの受け付けとなっております。

店頭やオンラインショップでも、様々な組み合わせを楽しそうに悩まれている皆様の姿を見たり、お電話越しの楽しそうなお声を聞かせていただき、スタッフも一緒に、あれやこれやと楽しくイメージを膨らませて頂いております!

まだどんな柄にするか悩んでいる……。
気になるけれど…なかなかお店まで行けるタイミングがない……。
という方もおられるかと思います。お電話やメール、Instagramでもご対応させて頂きますので、お気軽にご相談下さいませ!

ご参考までに各店スタッフが考案しました柄入れイメージをご紹介させて頂きます。

■まずはワンピースから

≪三条店≫
まるで蝶が牡丹の花畑を飛んでいるかのような優雅な柄行きを。
受注画像④

≪名古屋店≫
美しい花々が咲き誇る中で楽しそうな妖怪たち。変形させて楽しむワンピースならではの柄の配置を。
受注画像⑨

受注画像⑩

受注画像⑪

■続きまして半袖シャツ!

≪寺町店≫
寺町と言えば、やっぱり骸骨でしょう!!…ということで骸骨をメインに考えた配置を。
受注画像①

受注画像②

雄々しい雰囲気と、華やかな雰囲気とを、兼ね合わせた柄行きを。
受注画像③

≪三条店≫
すぃ~すぃ~っと河童たちが気持ち良さそうに泳いでいるような楽しげな様子を。
受注画像⑤

受注画像⑥

≪名古屋店≫
前身頃はシンプルに愛らしい妖怪を、後ろ身頃では華々しい迫力ある柄行きを。
受注画像⑦

受注画像⑧

各店、各スタッフそれぞれの好みが盛り込まれたイメージとなっております。
皆様の柄入れイメージの参考にして頂けますと幸いです♪
スタッフ一同、皆様だけの作品が誕生するまでしっかりお手伝いさせて頂きます!

●寺町店
TEL:075-212-6353
Mail:koromo-teramachi@kodaishin.jp

●三条店
TEL:075-221-3553
Mail:koromo-sanjo@kodaishin.jp

●名古屋店
TEL:052-252-5270
Mail:koromo-nagoya@kodaishin.jp
※名古屋店は木曜定休日となっております。

■Shop instagram
・京都店 https://www.instagram.com/koromo.shop.kyoto/
・名古屋店 https://www.instagram.com/koromo.shop.nagoya/

「難儀もの」「稀もの」は28日(日)まで!!2021.02.26

かわら版

昨週から始まった〝難儀もの〟と〝稀もの〟。

普段はお店に並ぶことのない〝難儀もの〟は、スタートと同時に旅立つ作品も多く、各店ともに見られる作品に限りがでてきました。
そのため、まだ見ぬ作品を少しでも多くの方へ見ていただこうと、名古屋店・三条店、それぞれのお店にしかなかった〝難儀もの〟が入れ替わり。

またこちらも同じく、普段は〝稀もの〟を探すこともオンラインショップではできなかったり。
お店ではその時期にある〝稀もの〟が一堂に会することのないものが寺町店に集まったり。

そんな特別な期間もいよいよ28日(日)までと、迫ってまいりました!
この機をお見逃しなく!!

〝稀もの〟あたらしく仲間入りした作品もございます。その作品たちは今晩0:00より販売開始です!!!
【オンラインショップの稀ものはこちらの一覧ページで公開!】

※「難儀もの」「稀もの」ともに作品の数には限りがございます。期間中であっても、作品がなくなり次第終了させていただきますのでご了承くださいませ。

※「難儀もの」はお買い求め後、返品・交換はできません。予めご了承の上、お求めくださいませ。
稀もの難儀もの

桃太郎のバレンタイン!?2021.02.10

かわら版

鬼を撃つため、鬼ヶ島へ向かうモモタロウ。
その旅の道すがら、3匹の動物に出会う。

最初にイヌ、次にサル、最後にキジ。
モモタロウは鬼ヶ島へ向かう時に舟に乗らなければいけないことを知っていました。
そのため3匹をお供にして、イヌが漕ぎ、サルが舵を取り、キジに見張りを任せたのです。

そんなサル、キジ、イヌに桃太郎は出会いの時、キビだんごをあげていました。
そのキビだんごは、モモタロウのおばあさんが想いをこめて作ったもの。
大切なを想っておばあさんが作ったキビだんごが、3匹の心を動かす決定打となったのです。

誰かのために…そんな想いを込めたものは、その人ではない誰かの気持ちまでもを動かすことができるのかも知れません。

おや…、衣の妖怪モモタロウが、自身のお供たちにも何かをあげているようです。

強く勇敢なイヌには、そのタフな生地とインディゴの色落ちが楽しめる「河童の大当たり弓長袖シャツ」を。
カッパの弓矢大当たり長袖シャツ桃太郎
素早く動き回る行動的なサルには、軽くて動きやすい「かずら唐草デカ衿プルオーバー」を。
唐草変わり衿プルオーバー桃太郎
優しく理知的なキジには、首周りもデザイン的な着物衿と、柔らかな接結素材がピッタリの「鷺と梅接結カーディガン」を。

鷺と梅接結着物衿カーディガン桃太郎
3匹は衣の職人が想いをこめて作った作品を纏い、気持ちも高ぶり、「いざいかん、鬼ヶ島へ!」と言わんばかり。

さらには全力で行動する3匹に、少しでも素足を守れるものを…と、衣の妖怪モモタロウは3匹にそれぞれ「モフモフくつ下」を。

これで何も言うことは無し、決意をもって、ただただ進むのみ!!目指すは衣の鬼ヶ島!?
さらにお話は、続くとか、続かないとか…。

桃太郎が3匹に想いのこもった作品を贈ったように、皆様も大切な誰か、はたまたご自身に。
衣の職人が想いを込めた作品を贈ってみてはいかがでしょうか??

衣のオンラインショップはこちらより。
めでたし、めでたし。

妖怪桃太郎 見参!!2021.02.05

かわら版

どんぶらこ、どんぶらこ…

川で洗濯をしていたおばあさんがひろった桃から生まれた男の子。
大切に育てられ、鬼の退治に向かう旅路でお供に出逢い、見事にこらしめ、おじいさんたちの待つ里に帰る日本の昔話。
名称未設定-1
そんな有名なお話が、衣らしく描かれてお目見えです!!
ただし、皆様ご存じの「桃太郎」も…、“コロモのモモタロウ”になると、何とも“衣らしい”姿に!
全員
耳がとんがっていて、目つきも悪い、そして牙や角もある。
さらにはお供の3匹も何だか様子が普通ではないような、、、
尻尾がヘビの犬!? 角の生えたサル!? ハシビロコウの目みたいなキジ!?

もしかして、もしかすると、、、。
そうです!!“コロモのモモタロウ”は、なんと妖怪!!

この“コロモのモモタロウ”の誰も聞いたことのない日本昔話…、
また今後に続編がでるとか、でないとか…。

半袖Tシャツと、七分袖シャツでお目見えです!

「妖怪桃太郎 ストライプ七分袖シャツ」
DSC_0021

「妖怪桃太郎Tシャツ」
DSC_0012

スタッフブログはマイペースに。2021.01.23

かわら版

いつもオスティア・ジャパン衣をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

衣のスタッフによるブログ不定期便、先日までは「好き」や「嫌い」といったテーマでお届けをさせていただきました。
新しい年にもなりましたので、ここでテーマを変更とさせていただきたいと思います。

さて、次回からのテーマは「なし」。
そうです。久しぶりのフリーテーマとなります。

何を書いてもよしなので、スタッフそれぞれの意外な一面が見られることもあるかも知れませんね。
楽しみにしていてくださいませ♪

[懐し箱-ゆかしばこ-]2021.01.08

かわら版

2021年に作る作品のため棚を探る。
すると、棚の端の方から押し出される様に出てきた一冊の色あせた分厚いファイル。
ふと手を伸ばして開いてみれば、そこには何十年も前の衣のカタログが。

そのカタログは印刷された見やすいものではなく、当時のスタッフたちが新作を写真を撮っては、切り貼りして作った、手作りカタログ。

過去の懐かしい作品を見なおしていくうちに、衣主の中で何かがくすぶる。
そのくすぶりが抑えきれずウズウズしてくる…。

復刻される柄が、今出逢っている生地に落とし込まれると、一体どんな作品が出来上がるのだろう。
この気持ちを形にしたい…。 そんな風にして作られるいくつかの作品を、1つの箱にまとめて封入した「懐し箱-ゆかしばこ-」を作れたら、きっと楽しそう…。

そして主の旗が振りおろされた。

その時から、ハチの巣をつついた様に、一斉に慌ただしく動き出す職人やスタッフたち。
どんな作品が復刻されるのかは、これからの物づくりによって生み出される。

ご注文いただいた方のみが手にすることができる、期間限定の受注制作「懐し箱-ゆかしばこ-」。
1月9日(土)より受付開始!!

************

「懐し箱-ゆかしばこ-」

・サイズ展開
 F…主衣
 S・M・L・XL…衣

・価格
 ¥20,000-(税抜き)

・販売日程
 衣 各店…1月9日(土)~15日(金)
 オンラインショップ…1月9日(土)00:00~15日(金)23:59

・出来上がり
 2月中旬ごろ予定

・ご注文方法
 ご来店、もしくは電話やメール、SNSからのご連絡でのご注文もお受けいたします。

・ご注文特典
 ご希望いただきます方には、お客様のお好きな漢字一文字を、封入作品のどれか1点に篆書体にてお入れします。
 一文字をお入れする作品・箇所・技法につきましては、職人のお任せとなります事をご了承ください。

※画像下部の注意事項も必ずお読みください。
懐し箱

【ご注意事項】
※衣 各店もしくはオンライン、どちらかでおひとり様1箱限りとさせていただきます。
 複数店舗でのご注文はお断りをさせていただきます。
 ご注文後に複数ご注文をいただいている事が分かりました際には、2つ目以降の注文はキャンセル手続きをさせていただきます。
 その際のご返金に手数料がかかる方法の場合、手数料はお客様負担となります事を予めご了承ください。

※宅配・代金引換をご希望いただく場合、送料・代引き手数料は別途にて頂戴をさせていただきます。あらかじめご了承ください。

※ご不明点や、より詳しいことにつきましては、各店まで問い合わせくださいませ。
●寺町店
TEL:075-212-6353
Mail:koromo-teramachi@kodaishin.jp

●三条店
TEL:075-221-3553
Mail:koromo-sanjo@kodaishin.jp

●名古屋店
TEL:052-252-5270
Mail:koromo-nagoya@kodaishin.jp
※名古屋店は木曜定休日となっております。

■Shop instagram
・京都店 https://www.instagram.com/koromo.shop.kyoto/
・名古屋店 https://www.instagram.com/koromo.shop.nagoya/

【オンラインショップご利用のお客様へ】

※「懐し箱-ゆかしばこ-」を他の作品とあわせてご購入いただきました場合、そのご注文全ての作品のキャンセルはお受けできません。ご注文の際は十分にご注意ください。

直営店の営業時間について2021.01.03

かわら版

衣 各店は 2021年1月4日(月)より、臨時の営業時間にて営業をさせていただきます。

●京都 寺町店
 11:00 ~ 19:00

●京都 三条店
 12:00 ~ 19:00

●愛知 名古屋店
 12:00 ~ 19:00

本日より初売り!2021.01.02

かわら版

こんにちは。
本日は各店ともに新年を迎えての初売りとなります!

新年といえば、そうです。毎年吉例の福袋ではありますが、本年は昨年中の予約販売という形に変えさせていただきました。無事に手に入れられた皆さまは、お手に取られるまで今しばらくわくわく気分を味わいつつお待ちくださいね。

逃してしまった!という方もご安心ください。
本日、日付が変わる00:00:00からは、オンラインにて今年最初のチャンスがございますので、是非ご利用くださいませ!

また気になる新春初売りでのお披露目作品は、今年も豪華な作品をご用意いたしました!
その中でも、これは!という作品をちらっとご紹介です。

「轟く龍 羽織りハーフコート」
轟く龍

すぐに完売となった「黒麒麟(カクタン)羽織りコート」と形は同じですが、丈を膝下ぐらいに長くして、新たに龍の柄を落とし込んで登場いたしました!

衣の魅力の手振り刺繍、型抜き抜染など手作業の魅力がたっぷり詰まった豪華な作品となっております。製作総数の少ない作品となりますので、お求めはお早めに!

その他にも人気の「鯉のぼり」のアイテムや作家手描きもの、お久しぶりの「纏い柄」などなど、、、。
鯉のぼり

纏い
わくわくする作品ばかりですので是非、ご来店ください。
スタッフ一同お待ちいたしております!

大雪の影響による配送の遅延について2020.12.29

かわら版

いつもオスティア・ジャパン衣をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。

年末年始にかけて、全国の広い範囲で大雪による交通規制等の影響が予想されております。
それにともない、一部地域で荷物のお届けに遅れが生じる可能性が、各運送会社より発表されております。

年末年始に配送しておりますお荷物や、今後発送を予定しておりますお荷物につきまして、今後の気象状況、道路状況によって対象地域や配送予定時間に影響が生じる可能性があります。

お客さまには大変ご迷惑をおかけしますが、ご了承のほど宜しくお願い申し上げます。
なお、詳しいことにつきましては、各社ホームページの発表をご確認くださいませ。

■佐川急便
 https://www.sagawa-exp.co.jp/

■クロネコヤマト
 https://www.kuronekoyamato.co.jp/

暖かく、自分らしく過ごす冬2020.12.25

かわら版

2020年はいつもと違う1年でしたが、大晦日や元旦は、やはりいつもと同じようにやってきますね!
色々とあるけれども、やはり自分らしいオシャレは忘れたくない!

そんなお客様に、今シーズンの全ての作品の中で選りすぐられたアイテムを使った、冬の着合わせをご紹介させて頂きます。スタッフによるセレクト!!是非、ご参考になさってください。

まずはレディースです。
冬コーデレディース

冬コーデレディース2
「佇む木蓮 スタンド切替えハーフコート」
「牡丹金魚ワイドパンツ」
「龍2WAY革トートバッグ」

圧縮されたウール素材だからしっかりと暖かいハーフコートを羽織り、ボトムスには存在感のある
総柄のワイドパンツでメリハリをつけて。
手に持つ革バッグはトートとしてももちろんですが、リュックとして背負うこともできる優れモノ!

続いてはメンズのコーディネート。
冬コーデメンズ

冬コーデメンズ2

トップスより
「瑞雲 八咫烏トレンチコート」
「たぶらかしカーディガン」
「ランダム妖怪刺繍長袖シャツ」
「パッチワークパンツ」

今期秋冬のカタログ掲載の時点より人気を集めておりましたトレンチコートをメインに使用し、インナーのカーディガンにはチャコール色の身頃に染めとパッチワークで程よく存在感が出された一着をイン。

さらに衿元を飾る長袖シャツは前立ての手刺子がオシャレ度アップ!少しシンプルに感じたならばボトムスは刺子生地のパッチワークパンツを持ってきて完成です!

男女共に、スタッフの好きなアイテムでまとめたこの時期のコーディネートとなりますが、如何でしょうか?好きな洋服をカッコよく着こなすことが出来ると、自然と背筋も伸び、気分も上がること間違え無しです!

着ることを楽しめる、そんな衣服を多数ご用意しておりますので、是非、オスティア・ジャパン衣にてご自身にあったコーディネートを見つけて下さい♪

1 2 3 4 5 6 98

カテゴリー

アーカイブ