BLOG

プレゼントお弁当2019.03.05

寺町店

こんにちは。三条店の山口です。
テーマ「お弁当」のスタッフブログ一発目を飾らせて頂きます!

お弁当は学生時代から今でも、外に出る時はほとんどがお弁当の私ですが、作っている時間も短縮したいが為に、いつもキッチンではチーン!となっている始末です。(笑)

でも今回は頑張ってみました!!
昨月のことですが、2月といえば、、、そう!バレンタインでしたね!!
バレンタインチョコならず「バレンタインお弁当」をつくってみました!
benntou
卵焼き
エビとほうれん草の炒め物
ポテトサラダ
タコさんウインナー
高菜おにぎり

あと手作りクッキーに、イチゴを添えて完成です!!

メッセージを付けると可愛くなるかなと、バレンタインっぽく付けてみました!
ポテサラが好評だったのでまた作りたいと思います♪

今月はホワイトデーですね。皆さんお弁当をお返しプレゼントしてみてはいかがでしょうか。
きっと喜んで頂けますよ!!!

ラッキーナンバーは「11」2019.01.28

寺町店

こんにちは、寺町店の山田です。

好きな数字、私の場合は常に変わっているのですが、どの数字にも意味があって一つを選ぶのは難しいですよね。

昔から「2」は常に意識していた数字でした。
サッカーでもサイドバックでサポートを、学校でも副委員長や、副主将、仕事でも副主任など2番手の役割がいつも回ってきており、性に合っていたように感じていました。

昔は五人組の戦隊ヒーローもの(古くはゴレンジャーに始まる)でも、一番強い赤レンジャーではなく、2番手のクールで理性的でひょっとしたら赤より強いんではないか?とさえ思わせる青や黒のキャラクターを好んでおりました。

また惚れ込んだのはそのポージング。
青や黒のキャラクターは何故か、けた違いにカッコよく見えませんか?

画像①

しかし、良い大人がいつまでも2ではいけません。
そこで最近よく使うのが「11」。

大人になって1週回ってしまった10から、もう一歩を踏み出して11という数字です。
100点でなくて110点を目指そう!と自分を鼓舞するわけです。
というわけで今の私のラッキーナンバーは「11」です。
「11」も1が「2」つですし・・・(笑)。

画像②

意外と多い2019.01.04

寺町店

皆さんこんにちは!!寺町店の左子です。

私は今、鍼とお灸の学校に通っておりまして、今回はそれと関わりの深い数字を紹介します。
それは「361」です。

361…皆さんはわかりますか?

この数字は、身体のツボの総数です!!
実はツボは、こんなにも多く身体にあるのです。

こんなにも多い量を学校では、1年生の間で全て覚えなくてはなりません。

1日1個のペースで覚えていけばいいのですが、それが難しく何回も何回も書いて覚えていかないといけないとダメで、場所等も覚えないといけない為、とても時間がかかります。

私自身すぐに忘れてしまうので、この工程を何回も繰り返していて、とても大変な思いでやっております…

左子画像①

左子画像②

覚えるのが大変ですが、実は奥の深いものなので、覚えていくととても面白いです。
興味があれば、是非調べてみて下さい。

寺町店・三条店 営業時間 臨時変更のご案内2018.12.20

寺町店

いつもオスティア・ジャパン衣寺町店・衣三条店にお越し頂き、ありがとうございます。

誠に勝手ながら、下記日程の閉店時間を臨時変更させて頂きます。

■12月20日(木) 18:00まで

上記日程以外は通常営業時間(寺町店11:00~20:00)(三条店12:00~20:00)となります。
ご迷惑をお掛け致しますが、よろしくお願い致します。

「一」と「三」2018.12.10

寺町店

こんにちは、寺町店の林です!

新しいテーマになりまして、トップバッターを務めさせて頂くのですが…
さて困りました(笑)。第一声が「数字ですか!?」となってしまうくらい困りました(笑)

背番号…、誕生日…、好きなグループ…、と悩みましたが、ありました!ありました!私にしかない、とっておきが。

それは、“名前”です。

私の名前は、ひらがなで「ひとみ」と書きまして、その中に数字があるんです。
私の祖父母の名前の話になるのですが、祖父が「一郎」(いちろう)、祖母が「美津子」(みつこ)といいまして。
二人の名前から「一」と「三」(“みつ”の部分を取って)を頂き、合わせて「一三」(ひとみ)となったそうです。

ひらがなにしたのは、誰にでも分かってもらえるように、だそうです。
おかげで小学校1年生の子どもたちもすぐにフルネームで呼んでくれています(笑)
写真 林
これは他の誰にもない私だけの大切な数字です。

これからどんな数字とエピソードが聞けるのかワクワクですね♪

映画鑑賞2018.11.12

寺町店

気まぐれ日記をご覧の皆様こんにちは寺町店の山田です。

欠かせない時間ですね、あまりアクティブではない私にとっては、どうしてもインドアがメインな日常なのですが、そんな中でリフレッシュ出来るのはやはり映画鑑賞でしょうか?

レンタル屋さんで一度に数本借りて楽しんでおります。

画像①

お休みの日や、早めに帰宅して少し時間が出来た時にゆっくりと観るわけです。
晩酌と共にたまにはお刺身など用意したりして。

画像②

画像③
何と言っても映画は主人公の紡ぎ出す物語を追体験することが出来、ある映画を見ると私は筋肉ムキムキな英雄となって敵をなぎ倒すことが出来ますし、ある映画を見ると私はイケメンな海賊になることもあります。

またある時は悪役となって暴れまわることも・・・。

そして映画を観終わった後、現実に戻ってスカッとしたなぁと思う事も有れば、自分の職業が海賊でなくて衣のスタッフで良かったー。
と思ったり、気軽に現実から離れた体験をできるのが楽しいわけです。

また、皆様の欠かせない時間も教えて下さいませ!

自分と向き合える時間2018.11.06

寺町店

こんにちは。三条店山口です。

私にとっての欠かせない時間、
コーヒーを飲む時間。
音楽を聴く時間。
身体を動かす時間。。。

たくさんありすぎて悩んだのですが、私のリセット出来る時間であり場所である、車を運転してる時について書かせて頂こうと思います!

車の中では曲を聴いて、こう踊ってみたいなぁとインスピレーションが出る場所でもあり、音を何も鳴らさず、ただただ自問自答したり。本当に自分と向き合える大切な時間です。
image1

一人もいいですが、休みの日は高速乗って遠出して、大勢で音楽かけて盛り上がりながら行けるので、楽しいですよね^_^

是非お休みの時は車動かして遠出してみてください!!!

癒しの時間2018.10.16

寺町店

みなさん、こんにちは!寺町店の林です。

私にとっての欠かせない時間は動物と触れ合う時間です。
日常生活を過ごしていれば、多少の疲れはつきものですよね・・・。
私はそんな時、動物に頼ります。アニマルセラピーといったところです。
写真1

ひとりで動物園へ行ってのんびり過ごしたり、ご近所さん宅のワンちゃんに遊んでもらったり、動物たちのいるカフェへ行ってみたり…、最近では寺町商店街にあるカワウソカフェへ行って参りました!

写真2
こんな目で見つめられたら堪らないですよね・・・(笑)
ひとりで1時間程カワウソたちと戯れ、帰る頃にはほんわかとした気持ちで、身も心も軽くなったようでした♪

言葉のいらない触れ合いだからこその癒されるのでしょうか・・・。

もし、なにか癒しをお求めの方いらっしゃいましたら、休日に動物たちのいるところへ足を伸ばしてみてはいかかでしょうか♪

自分だけの時間2018.09.24

寺町店

皆さんこんにちは。寺町店の左子です。
今回から新テーマ「欠かせない時間」です!

私の欠かせない時間は…毎日就寝前に読書をすることです!
この習慣は中学生の時から欠かせない時間になりました。

本を読むのが好きになったのは、幼い頃に親が小説をよく読んでいたのを目にしていて、親を真似て小説を読み始めたのがきっかけでした。

小学生までは、家に帰り友達と遊ぶ予定が無ければ、ずっと本を読んでいたのですが、中学生になると部活等で時間が取れず、就寝前に読むようになりました。

小説に限らず漫画を読んでいると様々な感情が押し寄せてきて、一喜一憂するのが本を読んでいる時の密かな楽しみなのですが、私は小説ではハッピーエンドのものは読まないと決めており、人の感情を弄ぶような、小説を読むことが多いです。その為、変な感情のまま寝ることがよくあります(笑)
画像1
そんな感情のままで寝れるの?と疑問があると思いますが、これが意外とぐっすり眠ることが出来ます!(疲れて眠りが深いだけかもしれませんが…)

しかし就寝前に読書をするととんでもない弱点があります。
それは、キリが良いところまで読みたいという感情が湧き出てしまい、最後まで読んでしまって夜更かしをしてしまう事です。これは年をとっていっても直せそうにない弱点です(笑)

寺町店限定 不朽の名作「唐獅子牡丹」柄、登場!2018.09.14

寺町店

気まぐれ日記をご覧の皆様、こんにちは寺町店です。

先月、寺町店と名古屋店、オンラインショップでお承り致しました「総手振り刺繍Gジャン」。
女性にまつわる2つの物語を題材にした作品は、その独創的な世界観を職人刺繍で色付けをしていくという比類なきイベントでした。

しかし、このイベント案が持ち上がった際に、寺町店としてどうしても発表したかった絵柄が一つ、頭に浮かんでまいりました。それが「唐獅子牡丹」です。

今回は少し毛色を変えて、総手振り刺繍ではなく部分的に刺繍を加えることで、白く色を抜く事でその柄を表現する「型抜き抜染」の面白さも十分に活かした1着として、寺町店限定にてほんのわずかですが販売させて頂きます。

画像①
画像②
画像③

いかがでしょうか?
元来無地が基本で渋く着こなすイメージのあるGジャンですが、こうした思い切りの良い背負う柄を落とし込み、お召しになって頂くのも粋なものではないでしょうか?

私など、どこか男としての血が騒ぐと申しましょうか?(笑)、見ていても飽きない大好きな1着です!

ヨーロピアンヴィンテージをベースにした今回のGジャンに和の唐獅子が睨みをきかす、その面白さ・・・。まだまだこの作品の魅力は語りつくせません!!

是非、寺町店にお越し下さりスタッフの熱い想いをお聞きくださ・・・、いえ、本作をご覧にいらして下さいませ。

オスティア・ジャパン衣 寺町店
 Tel:075-212-6353
 Mail:koromo-teramachi@kodaishin.jp
 営業時間 11:00~20:00(不定休)

1 2 3 4 5 6 18

カテゴリー

アーカイブ