BLOG

衣の着あわせ -寺町 その4-2009.10.09

スタッフ着あわせ

  気まぐれ日記を ご覧のみなさま、こんにちは。
今回は 寺町店より おススメの着合わせをご紹介いたします。

牡丹抜染ジップ、皆さんもう手に取って感触を味わってみられましたか?
この溶けそうな感触を!
衣スタッフ皆が、“おぉ…”と 言葉にならない程、感動した生地なのです。
糸の一本一本が、空気を抱き込み 編みあげられた この生地は
顔をうずめたくなる様な柔らかさ、心地良さでいっぱいです。

Photo

それに加え、この牡丹の柄 知ってました?
これ全部 抜染で表現されているんです!
白く色を抜いた部分、半分だけ色を抜いた部分、
少しだけ色を抜いた部分など、職人さんたちの幾度の経験をもとに、

何度も工程を重ねて出来上った この柄。

色の抜け具合が牡丹の一輪一輪違い、まるで個性を持ち 本物の花の様に

生きています。本当に生地と柄が呼吸をしているようです。

今回はその牡丹抜染ジップを使いセットアップしてみました。
インナーに差し込んだのは 二方にらみ龍ロンT
牡丹の間からヌゥ…と顔をのぞかせ、見え方も面白くしてみました。
ボトムスには道着ワークパンツ、トップスのインディゴ色には もってこいの色の風合い、

鉄サビのような色が さらに渋さを際立たせます。

今から 冬本番前のシーズン、是非ためしてみてはいかがでしょう?
この生地の感触にやられてみて下さい!

※ケータイからの各作品へは こちらから

  「牡丹抜染ジップ」 「二方にらみ龍ロンT」 「道着ワークパンツ」

衣の着あわせ -大津パルコ その4-2009.10.02

スタッフ着あわせ

気まぐれ日記をご覧の皆様、こんにちは!!
衣 大津PARCO店です。

今回の新作着合わせの ご提案は、
インナーに着せている職人手染めの“満月の奇跡ロンT”Photo
ジャガード編みの生地から作られたジップのセットです。

一枚ずつ染色作家が伝統色にこだわり、
手染めをしたロンTに 満月の上を泳いでいる鯉……。
この衣 独特の幻想的な柄と、手染めの色とが
何とも言えない雰囲気を作りあげてくれてます。

ジャガード編みのジップの今年の柄は 鬼の顔をした風神雷神です。
生地も柔らかく、ふわふわした軽い着心地でこの秋オススメの一枚です。

これから京都は紅葉が始まります。
お出かけには衣の服を着て一年に一回の 紅葉を楽しんで頂ければと思います。

※気合わせに使われている その他の作品へはこちらから。

  「道着ワークパンツ」 「波と蝙蝠ハンチング」 「古ト-トバック」 「前掛け地下足袋」

※ケータイからの各作品へはこちらから

  「風神雷神ジャガード ジップ」 「道着ワークパンツ」 「波と蝙蝠ハンチング」 「古トートバック」

  「前掛け地下足袋」 

※「満月の奇跡ロンT」は オンラインショップでは お取扱いしていない作品となります。

  ぜひ、衣 各店へ見にいらして下さい!

衣の着あわせ -名古屋パルコ その4-2009.10.01

スタッフ着あわせ

今回は名古屋パルコ店から003
これからのシーズンに向けて
オススメの着合わせをご紹介致します。

龍が華と たわむれる大胆な柄のジップジャケット
渋いえんじの内側には “編み”で表現された
風神雷神ジャガードカーデの 鮮やかな朱色を差してみました。

ボトムスは黒鉄ノンステッチジーンズですっきりまとめ、
足元にはアクセントに目を引く 唐獅子牡丹の地下足袋を合わせました。

005

少しずつ朝夕は肌寒くなり、秋の訪れを感じます。

一枚、衣を羽織って気持ち良くお出掛け下さい。

※ケータイからの各作品へは こちらから

  「華の中の龍 ジップジャケット」 「鬼の風神雷神ジャガードカーデ」

 「唐獅子牡丹 地下足袋」

※「黒鉄ノンステッチジーンズ」は オンラインショップでは お取扱いしていない作品となります。

  ぜひ、衣 各店へ見にいらして下さい!

衣の着あわせ -松本パルコ その3-2009.09.19

スタッフ着あわせ

皆様 こんにちは。

松本パルコ店より、新作の着あわせ お届けします。P2009_0915_201658

唐草文様・・・
古代ギリシア神殿にも その形が模されている古くからある柄。
日本にはシルクロードを経由し中国から伝わったそうです。

その唐草に隠れ潜むように描かれた鳳凰が なんとも格好良い

「唐草鳳凰柄」
藍染めのカーデに落としこまれたその技法は・・・逆抜染。
柄ではなく、ベースの色を抜くことで、今までにない藍染の表情をしています。
秋は羽織に、冬はインナーにと重宝するアイテムです!

そして、今回はあえて唐草、そして唐花の小物を合わせてみました。

シンプルに合わせるのも良いですが、あえて柄に柄をあわせるのも衣流!
これから寒くなり羽織るアイテムも増え、服選びがますます楽しくなってくる

季節ですね!そこに小物もプラスして秋のコーディネートを楽しみましょう!!

※PCより各作品へはこちらから

  「唐草鳳凰カーデ」「唐草鳳凰ハンチング」「唐華 鯰ストール」「道着ワークパンツ」

※ケータイより各作品へはこちらから

  「唐草鳳凰カーデ」「唐草鳳凰ハンチング」「唐華 鯰ストール」「道着ワークパンツ」

衣の着あわせ -コロモール その3-2009.09.11

スタッフ着あわせ

皆様、こんにちは。
コロモールです。

九月に入り、一気に秋めいてきましたね。
一年のうちで、もっとも空がきれいに晴れる九月。

夏の匂いを残したまま、迫ってくる秋を肌で感じる事が出来ますが、 P1500259
Tシャツ一枚では肌寒く、かといってアウターを着るにはまだ暑い
微妙な時期でもあります。
そんな悩んでしまいがちな季節こそ、楽しむときです!!

今回は、新作の華ルーズネックロンTで、
二通りの着合わせをしてみました。

隠れ菊着物衿シャツは後ろで ぎゅっと絞ってジャケット風に、
大人っぽく合せました。P1500207

隠れ竹ジャンパースカートは ゴツゴツっとしたハードな印象ですが、
華柄が優しくしてくれます。

中は同じものでも 上に合わせるもので、ガラリと雰囲気が

変わりますね。

その日の気分に合わせて着合わせると、一枚のロンTを、
何倍も楽しむ事が出来ます。この季節を、ぜひ楽しんで下さい!!

衣の着あわせ -三条 その3-2009.09.05

スタッフ着あわせ

こんにちは!衣三条店です。

夕方から夜にかけ だんだんと肌寒くなってきました。
心なしか太陽が出ている時間も 短くなってきたような気がします・・・。
今回の着合わせは、そんな少し肌寒い 秋に向けての組み合わせです。
Img_0493
全体に うねりをあげる唐草と鳳凰の柄が入った この

「唐草鳳凰カーデ」
今年の秋冬のテーマである「古」をイメージして作られました。

インディゴ独特の色合いでしか出せない味と、今の季節、
さらにこれからの季節にも使える薄手のカーディガンタイプ。Img_0499
暑くなったら脱ぐのもよし。寒くなったら中にロンTを着るのもよし。
一つは持っておきたいアイテムです!

そんなカーディガンから ひょこりと顔を覗かせる
「手なずけられた続き龍T」上目づかいの龍が とても愛らしい

Tシャツです。

そして下には少し落ち着いた感じで「黒鉄ノンステッチジーンズ」を合わせてみました。
下に暗めの色を持ってくることにより、全体がぐっと引き締まります。

そこに「波と蝙蝠のハンチング」など いろいろ小物をくわえれば・・・・
衣の秋スタイルの完成です!Img_0492_2

カーディガンを羽織ったとき、上の方のボタンをとじて
下のTシャツを見せていただいても良いかもです。
今年の秋は衣を身に着け、ガンガン外へ旅立ってみてください!

※ケータイからの各作品へはこちらから。

  「唐草鳳凰カーデ」 「手なずけられた続き龍T」 「波と蝙蝠ハンチング」

※「黒鉄ノンステッチジーンズ」は、オンラインショップでは

 お取扱いしていない作品となります。ぜひ、衣 各店へ見にいらして下さい!

衣の着あわせ -代官山 その3-2009.08.28

スタッフ着あわせ

こんにちは、
衣 代官山店です。

8月も終盤、まだまだ日中は 夏の日差しと暑さが残っているものの2
吹いてくる風は すっかり秋を感じさせますね。

そんな季節の境目に着て出かけたくなる衣姫のご提案です。
主役は最近登場したばかりの、

「チャイナ蓮一輪ロング袖ワンピース」。。。

真っ白な生地に同じく白のインクで手刷りされた絡み蓮と
チャイナの襟元が神秘的なワンピース、シャツのように羽織って着られるので、
中に「百花蝶の腰丈ロンT」を着ると 柔らかい秋色の着物柄を

丁度良いバランスで見せられます。Photo

パンツは裾に秋草文様が入った「一匹の蝶フレアパンツ」を。
まだまだ強い日差しから首元を守るように「手染めの手拭い」

巻き、ロンTと同じ「百花蝶柄のトートバッグ」を掛ければ
夏から秋へ移り行く季節にぴったりの衣の装いの完成です。

また こちらのワンピースと同時に登場した 「着物衿蓮

七分袖ワンピース」で 合わせても 一味違ったコーディネートが楽しめそうです!

夏の終わりと 秋の始まりに 衣を纏い季節の境目を お楽しみ下さい。。。

※ケータイからの各作品へはこちらから 「百花蝶 腰丈ロンT」 「一匹の蝶フレアパンツ」 。

※「チャイナ 蓮一輪ロング袖 ワンピース」「手染めの手拭い」「百花蝶柄のトートバッグ」は

  オンラインショップでは お取扱いしていない作品となります。

  ぜひ、衣 各店へ見にいらして下さい!

衣の着あわせ -寺町 その3-2009.08.21

スタッフ着あわせ

気まぐれ日記をご覧の皆様、こんにちは。
衣寺町店です。

猛暑の日々が続きますが、皆様いかがお過ごしでしょうか?
今年は本当に長かった梅雨のせいか、やっと夏本番!と思っていたら、
あっという間にお盆を迎え京都では五山の送り火も終えて、
空の上では着々と“秋支度”を 進めているかのような頃合と なってしまいましたね。

さて、寺町店でも“衣の秋支度”として今年の秋冬テーマ

“古(いにしえ)”の新作を使った ちょっと大人の着合わせのご提案です。3_2

まずは、文字通り丹精込めて描きあげられた傑作

「墨彩龍ジーンズ」を穿き、トップスには この龍に

正に“一輪の花を添えるかのように”静かに主張する、
新作の白シャツ「和紙蓮長袖シャツ」もってきました。 

インナーには「鯰づくしロンT」3_3
忘れてはならない 少しの遊び心と衣らしさを忍ばせて・・・。

仕上げにはやっぱり小物です!
「波と蝙蝠ハンチング」と 前回の大津パルコ店同様、
寺町店スタッフも愛して止まない「襤褸ネクタイ」でキメたなら、
グッと大人の着合わせの完成です。

いかがでしょうか?3
和柄の持つ「派手」で「華やか」で「粋」で「大胆」・・・、
そういった要素を全て持ちながらも、決して一言では

言い尽くせない、このような意外性のある着合わせができるのも、

衣の魅力の一つです。

老若男女問わず、シンプル好きでも 派手好きな方にも

皆様にあった 楽しみ方をご提案させて頂きますので、店頭で是非、

一緒にあれこれ盛り上がりましょう!スタッフ一同、店頭でお待ちしております。

※「襤褸ネクタイ」「墨彩龍ジーンズ」「和紙蓮 長袖シャツ」は オンラインショップでは

  お取扱いしていない作品となります。ぜひ、衣 各店へ見にいらして下さい!

衣の着あわせ -大津パルコ その3-2009.08.14

スタッフ着あわせ

気まぐれ日記をご覧の皆様、
こんにちは。
大津パルコ店です。

皆様 大変お待たせしました!ついに出ました!!衣のネクタイ!!1
ということで、今回 大津パルコ店では 衣初のネクタイである
「襤褸ネクタイ」を使った着合わせを、ご紹介したいと思います。

襤褸ネクタイ…ご存知の方も多いとは思いますが、
その名の通り使い込んだ古い藍の生地などを
何枚もつなぎ合わせて 出来上ったネクタイです。

経年変化による、独特の色味と風合いは何とも言えないもので、P1490585_2
人や場所や時間など 使用した環境の違いで
全く同じ表情のものはありません。

そんな唯一無二のネクタイにあわせるシャツは…、
藍の色同士 抜群の相性の「透幻郷の蓮 長袖シャツ」です。

同じ藍でも古い使い込んだ藍と、新しく深い藍の色味は
どちらも全く違う味わいのある色ですね。

そしてパンツには「雲 刺し子ハーフパンツ」の白を。
上が長袖だったので 下には夏らしくハーフパンツで足元をすっきりと。
シャツのインディゴに、ハーフパンツの白がよく栄えます。

全体の雰囲気や色の組み合わせは、シンプルにさわやかな感じでまとめ、
アクセントとして襤褸ネクタイを使いました。
皆様も今お持ちの衣の服に 新たなアイテムとして、
襤褸ネクタイ いかがでしょうか?

※「襤褸ネクタイ」「透幻郷の蓮 長袖シャツ」は オンラインショップでは

  お取扱いしていない作品となります。ぜひ、衣 各店へ見にいらして下さい!

衣の着あわせ -名古屋パルコ その3-2009.08.07

スタッフ着あわせ

みなさんこんにちは。
衣名古屋パルコ店です。

スペースシャトルが宇宙で長期滞在していた若田さんを乗せて、
地球に戻ってきましたね。
宇宙からの夢と希望にあふれた沢山のメッセージ。
ニュースの中でふと見た映像。
若田さんが、宇宙ステーションの窓のスクリーンを開けた瞬間。

そこに見えたのは、Photo 水色と大気に囲まれた、まばゆいばかりの地球。
あまりの色の美しさに、うわぁぁ。。。。 と声を出してしまいました。

水の青。木々の青。そして大地の色。生命の色です。
ほんの瞬間に見れたその映像の色が頭に残っていて離れません。

今回の着こなしは、その地球の色のイメージです。
深い海の翠の藍色をした黒い菊アロハシャツ
地球上存在する様々な水の色。
その色を全て盛り込んだような、襤褸笑覧(らんるしょうらん)ジーンズ

裂き織りの雪駄。この商品には時間が織り成した藍色が組み合わせられています。

中に合わせた菊づくし半袖Tは大地の色です。一見ただの黒色に見えますが・・・・
よーく見ると渇いた土の匂いがしそうな色なのです。陽にやけた渇いた土の色。
そんなイメージで組み合わせました。

そして。
無事帰還したシャトルのハッチが開いて 一番に飛び込んできた草の香り。
宇宙飛行士が、何よりも地球を感じた瞬間だそうです。

皆さんも、この夏衣を纏って、自然を感じ、地球を愛おしく思える旅に

出てみませんか??生かされている事への感謝、恵みへの感謝。共存の意味。
沢山の出会いがあるかもしれませんね。

色々な旅のお話しを聞かせて下さい。お待ち致しております。

※「黒い菊アロハシャツ」「襤褸笑覧ジーンズ」は オンラインショップでは

  お取扱いしていない作品となります。ぜひ、衣 各店へ見にいらして下さい!

カテゴリー

アーカイブ