BLOG

2018.05.27

こんにちは、寺町店です。
日によっては湿度も高く、早くも暑さが本格的となって参りましたね、

こうなってくるとTシャツが大活躍、けれどもTシャツ1枚ではちょっと味気ないな・・・、そんな時は七分袖Tシャツの出番です!

画像①
「ジパング半袖T(Ⅱ)」 色:杢グレー
「似たもの同士インディゴ七分T」 色:インディゴ
「遠州ストール(コールド加工)」 色:2

柔らかく心地よい素材の最新作ジパングTシャツのインナーにインディゴ染めの
似たもの同士七分Tシャツを忍ばせてみました。

七分と半袖をレイヤードすることによって、半袖から伸びる七分丈の袖が切替となり、アクセントを付けてくれ、又、お袖の柄が顔を出すのも「可愛い~!」ポイント。
画像②
そして首元にもご提案!身に着けているだけで体感温度が5℃下がる、摩訶不思議なコールド加工が施された遠州ストールで七分袖のインディゴと色を合わせて、もう一歩オシャレ感を演出するのもまたよし。

身に着けているのにひんやり感じられ、涼を得られるなんて、なかなか優れものですよね。

画像③

もちろん、もし暑くなって七分Tシャツ1枚になっても、そこは衣のTシャツです、オオサンショウウオがこの通り!
画像④

いかがでしょうか?
Tシャツルックと言えどその楽しみ方は色々ございます。
真夏の本格的な暑さが来る間に、この様な着あわせで楽しんで頂くのもおススメです、気になりましたら是非、寺町店へお立ち寄りくださいませ。

総柄の半袖シャツが登場です!2018.05.25

風薫る五月。爽やかな日差しの中にも、初夏のまぶしさを感じられるようになってまいりました。

そろそろ日中は動くと汗をかくほどの気温。
高温多湿の日本では、昔から麻素材の服が着られていました。
その理由は通気性と速乾性。かいた汗をさっと乾かしてくれるので、さらりとした着心地が続きます。

その麻と、同じく日本人に古くから親しまれている綿をあわせた素材で、総柄の半袖シャツを仕立てました。

今回お作りしたのは人気の2柄。力強い印象の龍と、華やかな月下美人。
一色につき一つの版を使い、色の数だけ染め重ねていく。
京友禅に代表される「手捺染」という手法を用いた総柄のシャツは独特の奥行きのある表情をしています。

「龍総柄」は寺町店、期間限定ショップ。
龍
「月下美人総柄」は三条店、名古屋店、心斎橋店にそれぞれ入荷いたします。
月下美人
また、オンラインショップでは両柄を取りそろえさせていただいております。

雲龍 半袖シャツ
月下美人 半袖シャツ

一枚で着ても、羽織として着ても、圧倒的な存在感で着合わせの主役となること間違いなし。
さらに着心地も言う事なし。綿の持つ柔らかさと、麻の持つシャリ感。そして何よりその軽さ。
まさにこれからの季節にはもってこいの一枚です。

明日5月26日(土)より販売開始です。
ぜひとも店頭で手にとって、そして袖を通してみて下さい!
さらには、雲の影に妖怪が隠れる新作Tシャツや、主衣の新作も登場いたしますので、ぜひぜひ!!

オリジナルカップヌードル作り。2018.05.21

皆様こんにちは。今回ブログを担当します心斎橋店、國寄です。
テーマは「体験・見学レポート」という事なので、私は神奈川県横浜市と大阪府池田市にありますカップヌードルミュージアムに行って参りました!

写真1 (2)
ここでは、オリジナルのチキンラーメンやカップヌードル作りや見学も出来ます。
早速、私もカップヌードル作りを体験してみました。

ここでは世界に1つだけ、自分だけのカップヌードルをつくることが出来ます。
予約なしで、1つ300円で出来るんです!カップは自動販売機で購入します。

写真2
手を消毒した後、テーブルに座りマイカップをデザインします。
テーブルには、マジックペンやひよこちゃんの見本等もあるので、それを参考にデザインをしていきます。

写真3

選べる組み合わせはなんと5460通りもあり、自分で好きなスープや具材を自由に選ぶ事が出来ます!
カップのデザインが終わったらいよいよ麺をカップにセットして、粉末スープと具材を入れていきます。
自分の好きな具材のみ入れて作れるのが良いですよね!

最後は、蓋とビニールでパッケージをして遂にオリジナルヌードルの完成です。
写真4
写真5
いつもはコンビニやスーパーで手軽に購入できるカップヌードルですが、一通りの工程を経てこうして自分で作ると中々食べる事が出来ないので、大事に食べようと思います(笑)

おもしろいのに、履きやすい!!2018.05.18

皆様、こんにちは!! 三条店の松岡です。

販売開始からご好評を頂いております、三条店でしか手に入ることのできない!!金魚シリーズたち。

今回はそんな金魚カットソーを使った、新作パンツとのコーディネートをご紹介させて頂きます!!

写真1
肌をやさしく包み、さらりと1枚で楽に着て頂けるオーガニックコットン、、、。

お色味は何色にも合わせてくれる「生成り色」ですので、特にインディゴとの相性は抜群なのです!!

こちらのパンツ、実は生地が2枚重ねになっており、一目見た瞬間、これはスカート??!と勘違いしてしまう程、おもしろい!お仕立てとなっております♪

「おもしろいのに、履きやすい」まさにそんな1枚です!!

こちらはこの柄以外にも蓮の刺繍とプリントが大胆に入っております、「クールでかっこいいもの」もご用意いたしております!!

皆様のご来店をスタッフ一同お待ち致しております!!
また、メールやお電話などでもお問い合わせ下さいませ♪

写真2

●オスティア・ジャパン衣 三条店

TEL: 075-221-3553
Mail: koromo-sanjo@kodaishin.jp
営業時間:12:00~20:00(不定休)

絵付け体験2018.05.15

こんにちは!期間限定ショップの赤瀬です。

これまでに、なんどもブログで紹介してきた私の民芸品ネタ…。
特に民芸玩具が大好きなのですが、それ以外にも、器、布、籠など、日用品における民芸品にも興味があり、時間を見つけては本屋さんや雑貨やさんを巡り、民芸研究を一人で勝手にやっています(笑)

そんな、一人研究をしていると、必ず目に付いてくる言葉が「益子(ましこ)」。

益子とは、栃木県にある地名を示します。
そう、この栃木県益子町は、江戸時代末期から続く陶芸の産地として有名で、“益子焼き”と呼ばれ、数多くの窯元やお店が軒を連ねます。
IMG_1264
益子焼は砂気の多い土を使用するのが特徴で、ゴツゴツした力強い陶器に仕上がります。
九谷焼や伊万里焼のような、洗練された優美さとは真逆の陶器で、私はこの粗くて日用品として遠慮なく使える益子焼がずっと気になって、いつか行ってみたいと、長年想いを秘めておりました。

そして、ついに!先日、行ってまいりました!
まさに、今回のブログのテーマにピッタリの益子焼の絵付け体験を行ってきたのです。

益子町はとてものどかな町で、田畑が一面に広がり、日本昔話に出てくる里山のイメージです。
IMG_2211
張り切って絵付けに挑んだものの、これがまた難しい!!
筆は柔らかく、イメージ通りの絵がなかなか描けず大苦戦!紙に描く感覚とは違い、素焼きのお皿の
描きにくいこと!
IMG_2210
何とか時間をかけて完成したのですが、焼きあがってみるまではどんな雰囲気に仕上がっているのか想像がつきません。
もうそろそろ焼きあがる頃かなぁ…。

今は、この仕上がったお皿に盛りつける料理を考えているところです。
IMG_2209

待ってました!のメンズシャツ2018.05.13

新緑が美しい季節、外を歩くだけで爽やかな気持ちになれますね。
着るものもすっかり長袖から半袖へ、季節がすっかり変わりました。

さて、以前こちらでもご紹介しておりましたくくり姫 綿麻半袖シャツ
メンズではこの柄でないの?!のお声をちょうだいしておりましたが、出ました!

レディースのワンピースとはちょっぴり趣を変えて、柄の大胆さはそのままに、「白地に白の手刷り」と「黒地に黒の手刷り」の2パターンで登場です。
15257578848130

〈白〉
くくり姫 綿麻半袖シャツ
芙蓉半袖Tシャツ
鯉のぼりパンツ

白の綿麻素材の透け感を活かし、色味の強い物をインナーにすることで白の手刷りの柄がまるで浮き出る様に見えるのがたまりませんね。
15257579074783
〈黒〉
くくり姫 綿麻半袖シャツ
鯉のぼりパンツ

大ぶりな柄を楽しむには、前を閉じてあえてシンプルに。
もちろん、背中にも柄はしっかりと。
くくり姫白

くくり姫黒

ボトムはもちろんデニムでもいいのですが、暑くなるこれからの季節には淡い色を持ってくると涼しげに見えます。

今回は白・黒共に「鯉のぼりパンツ」を合わせてみました。
さあ、白、黒、どちらがお好みですか??

苔テラリウムを作りました!2018.05.07

皆様こんにちは!三条店の山口です。

「体験、見学レポート」と言うことで何をして見ようか悩んだのですが、身近で母親が苔玉の先生をしており、ちょうどイベントもあると言うことで参加してきました!
写真1
会場で沢山の人の中、先生の話を聞きいざ作業へ入ります。
今回は今流行りの「苔テラリウム」作りです。

先生曰く、持ちがよくちゃんと世話したらずっと持つみたいなのでやる気満々で作り始めます!

まずは瓶を選び、その中に順序に砂、土と入れていきます。砂や土にも沢山ある中「富士砂」「赤玉土」と言うものではないとダメらしく、富士砂には炭が入っているため殺菌作用があり、赤玉土は硬質赤玉土を使用し、水でベタベタにならない為だそうです。

そして砂と土を入れたらここからは自分のセンスで苔と石などで装飾をしていきます。

写真2
自分の作品は、、、

写真3

フィギュアを入れても良かったので馬を入れて苔を食べているような作品に。。。オリジナルの苔テラリウムの完成です!!!

土まで水を入れて蓋をして明るい場所に置いたら長持ちするそうなので部屋に飾りたいと思います^ ^

その他にも苔玉や豆盆栽などもあるみたいなので沢山チャレンジしたいと思います!

初夏にピッタリ!レディスコーデ2018.05.05

こんにちは!心斎橋店です。
楽しいゴールデンウィークもあっという間。
春の陽気からすっかり初夏へ変わりましたね。

今回は心斎橋店より今からの季節にピッタリな、レディースコーディネートをご紹介させて頂きます!

写真1
今回のメインは主衣の新作、むじな菊ポケット付きショート丈Tシャツ重ねリネンスカートです。

少し着丈の短い、ショート丈のTシャツがAラインのロングスカートと、とっても良く合います!
全体的に綺麗にまとまりますよ。

そしてこちらのTシャツ、お袖が五分袖なのが嬉しいポイント!
日焼け防止や二の腕カバーもばっちりです◎

スカートはリネン素材。麻ならではなハリ感を持ちつつ、動きがでるとふんわり纏ってくれます。
女性らしさが際立つ一枚です!

写真2
こちらはお色違いバージョン。
そしてスカートの柄は先ほどの芥子に代わり、月下美人です!

白×芥子柄と青緑×月下美人柄。どちらの着合わせがお好みですか??

上品にもカジュアルにも纏めることの出来るこの2つのアイテム。
是非、見にいらして下さい!

ブドウ畑から2018.05.03

こんにちは。名古屋店の丸山です。

私の地元、信州は酒どころ。造り酒屋を巡る利き酒ラリーや蔵開きなどの色んなイベントを開催したり、普段は見られない蔵の中を見学させてくれたりもします。

そこで今回この「体験・見学レポート」で是非ともご紹介させていただきたいのがこちら。

ワイン
はい。酒は酒でも「ワイン」です。「信州ワインバレー」と呼ばれる程、長野県内には大小のワイナリーが多いんです。

確かに、物心ついたときから地元ワイナリーのワインは当たり前にお店にならんでいましたし、一升瓶で売られていたりもします。そしてなんと、授業の一環としてワインを作る高校もあるんですよ!

ぶどう棚1
ワイン用に栽培されているぶどうの畑です。

生食用のぶどうとは違い、木一本一本にしっかりと日光が当たるように立ててあります。実際にぶどうが実るとこんな感じに。
ぶどう棚2

こちらの老舗ワイナリーでは、ちょっと珍しいぶどうも見せて頂きました。
貴腐ぶどう1

貴腐ぶどう2
何だか分かりますか?

ぱっと見ただけだと木になった状態の干しぶどうの様ですが、実はこれもワインの原料です。ちょっと高級なデザートワイン“貴腐ワイン”の原料となる「貴腐ぶどう」です。

貴腐菌を一房一房、人の手で付着させ、なおかつ特定の気候条件が揃わないと育てる事の難しいぶどうなんだそうです。

見た目にちょっと勇気がいりますが(笑)このまま口にする事もできます。程良く水分が残っているのに、濃厚な干しぶどうの様な味わいでぎゅっと濃縮された甘みが口の中に広がります。

残念ながら現在のワイナリーの中は撮影禁止でしたが、現在は使われていない古い貯蔵庫の中を撮らせていただきました。
樽1
人が立ったまま入れるほどの大きな木の樽。
この樽の中でゆっくり熟成され、おいしくなっていったのでしょうか。
樽2
おそらく樽詰めをしたであろう日付が書かれていました。昭和56年!!歴史を感じます。

ワイナリーでしか飲む事のできない発酵中の微発泡ワインを飲ませていただいたり、品種別のワインを飲み比べたり。
微発泡ワイン
作っているその「場」だからこそできることを目一杯体験させていただきました。

5月3日(木)、心斎橋店・名古屋店 営業いたします!2018.05.02

GWも早くも後半にさしかかりますね。

さて、5月3日は木曜日ですが、心斎橋店・名古屋店ともに営業いたします!
営業時間はいつもと同じ12:00~20:00。

限定アイテムも好評販売中です!
みなさまのご来店をお待ちしております。
15251695135623

1 2 3 4 5 6 203

カテゴリー

アーカイブ