BLOG

春唄う花 イベント開催2016.02.07

寺町店

寺町店・名古屋店・代官山店・オンラインショップにて販売される「春唄う花」作品。
「芥子の花柄」を抜染であしらった、インディゴジップパーカーとインディゴワンピースを販売いたします。
名称未設定-2

名称未設定-1
そしてこの4店舗だけの期間限定の受付で、プラスオプションの柄を追加できます!
今回は「鯰・鯉・金魚」の生き物を選んでいただきカスタム。
水辺の生き物達なので花と花の合い間を泳がせても良し。
はたまた何も入れずに芥子のみでお持ち帰るのも良し。
3gara
また店頭スタッフと「あーでもない、こーでもない」なんて語りながら、ご自身の一点物を作り上げるのも楽しいのではないでしょうか。
オンラインショップでは、オンラインショップスタッフによるオススメの柄配置を3柄ごとにご用意し、その3柄の柄配置でご注文を承ります!詳しくは後日掲載の作品ページにてご覧くださいませ!!

【アイテム/サイズ】

・インディゴジップパーカー  SS:S:M:L:XL
・インディゴワンピース    F

【価格】

・インディゴジップパーカー   ¥18,800(税抜)
・インディゴワンピース     ¥16,800(税抜)
・オプション抜染(金魚:鯉:鯰)¥2,500(税抜)※1柄1ヶ所あたり

柄をオプションでお入れ出来る期間は、2月10日(水)~2月14日(日)の5日間となっております。
代官山店も毎週木曜は定休日ですが、期間中の11日(木・祝)は臨時営業させていただきます。ぜひお越しくださいませ!

今回は5日間と短い期間限定のイベントとなりますので、ぜひ早めにいらしてください!お待ちいたしております。

とっても大好き~♪2016.01.06

寺町店

気まぐれ日記をご覧の皆様、明けましておめでとうございます。
新年1発目は寺町店より水野がお送り致します。

さて、新テーマ 2015年私の「安」と2016年私の「○」ですね。

そもそもまず、「安」には、変わったことがなく穏やかに落ち着いている。
心を落ち着ける。やすらかにする。 たやすい。値段がやすい。等の意味があります。
(ちなみにアンモニアも「安」で表されます。)

と言う事で、私の2015年のMVA(Most Valuable An 笑)を発表します!!!

それは何と言っても実家の4匹の猫ちゃん達です!!
画像①

画像②
どんなに心が疲れてもちょっとモフモフするだけで安らぎを与えてくれます。
(1匹はめったに出てこないし触れませんが・・・)

お正月も実家で存分にモフモフしてまいりました?
かまい過ぎてイヤイヤされました(笑)
画像③
さて、こちらの方がまた悩みましたが、2016年私の「○」・・・
一文字で表すのって難しいですよね。清水寺のお坊さんは毎年大変ですねぇ・・・

いろんな思いはございますが「実」でいこうかと思います!

「実」は、み。みのる。みのり。まこと。本当の。まごころ。みちる。いっぱいになる等の意味があります。

思い立ったら「実行」し、思いを「実らせ」、人にも自身にも「誠実」にいられたらなと思います。
そして今年も、猫ちゃんたちをモフモフして満たされたいと思います(笑)
画像④
皆様も実りの多き1年になりますようお祈り申し上げます。
画像⑤
(先日、お墓参りのお花にパイナップルの実が紛れてました!早速実りの予感です(笑)

好き?嫌い?・・やっぱり大好きな故郷2015.12.14

寺町店

気まぐれ日記をご覧の皆様こんにちは。寺町店の宮本です。

私は現在、京都で一人暮らしております。
実家は徳島なのですが、高校生時分に、もっと都会で大学生活をエンジョイしたい!
一人暮らしを満喫するぞ!と一念発起し無事に京都の大学に合格し、意気揚々と地元から出てきました。

そして念願であった初めての一人暮らしが始まりました。
当初は慣れないことに忙しすぎてか、炊事・洗濯・お掃除などをこなしている自分に充実感があり、思った通りの一人暮らしライフを満喫しておりました。
1
しかし、半年が過ぎた頃、急に実家が恋しくなりまして…。
家に帰ってもは部屋は真っ暗、「ただいま!」と言っても「お帰り!」が返ってこない、挙げ句の果てはテレビに対する独り言の多さに気付いて急に切なくなったりと、「一人」であることの大変さ・寂しさが急に身に染みてきました。

「隣の芝生は青い」本当にそう思いました。
今では暇を見つけては小まめに実家に帰っております!笑
家に帰ると誰かがいて、電気がついていて、ご飯が作ってくれてあって。

両方経験してみないとその有り難さに気付けてなかったのかもしれませんし、もしまた実家で暮らすようになってもこんなところにいられるかー!と、またしても飛び出すかもしれません。まだまだ未熟な天邪鬼です。

一人暮らしをされており「実家に帰ってないなー」という方も、年末年始のドタバタが一段落しましたら地元でゆっくりされた時間を過ごしてみてはいかがでしょうか?
きっと土地も・人も暖かく迎えてくれることと思います!
天の邪鬼 寺町店 宮本

寺町店限定! パッチワーク、お仕立て致しました!2015.11.20

寺町店

気まぐれ日記をご覧の皆様こんにちは、寺町店です。

いよいよ秋も深まり、京都は紅葉のシーズンを迎えようとしています。
行楽の秋に、やがて来る冬に備えて・・・オスティアジャパン衣 各店では今年も沢山の秋冬物が出そろっております。

そして、さらに! 寺町店では限定販売!
お久しぶりの衣の「パッチワーク」2作品が登場いたします。

優雅な花柄も綺麗だけど、風神雷神も大好きだけど・・・今回は少し初心に帰って、物を大切にしていた先人たちの心を形にした「パッチワーク」で表現し、カーディガンとパンツをお仕立て致しました。
まずはカーディガンをご覧ください!
teramachi1511
カーディガンには刺し子衿の生地を使い、ボタン周辺に様々なパッチワークを。
パンツには履きやすいテーパードの利いたシルエットを採用したデザインに、大胆なパッチワークを。

そして気になるパンツのその姿…、言葉や写真よりも、直にご覧いただき、その面白さを感じてもらいたい。
そう思いますので、ぜひ店頭にご覧にいらしてください!

販売開始:2015年11月20日(土)~

セットアップで着るも良し!衣自慢の柄物に合わせても相性抜群!の2作品です。

パッチワークで魅せる1着。
まだお持ちでない方も是非この秋冬にチャレンジをされてみてはいかがでしょうか?
こちらはカーディガンの別色になります。
teramachi1511 (2)

タイムマシンにお願い♪2015.10.13

寺町店

気まぐれ日記をご覧の皆様、こんにちは。
本日は寺町店より。水野でございます。

テーマは天邪鬼という事ですが難解ですね。
つかみどころは無いけれど、とても身に覚えがあるような、何ともムズかゆい思いにさせられます。
目には見えない天邪鬼。
天の邪鬼 寺町店 水野 (2)

という事で、私がお話しすることはいつも意地悪を仕掛けてくる、
日常に感じるムズかゆい、ある天の邪鬼“感”についてです。

私の日常に住みつくその天邪鬼の正体とは「時間」です。
天の邪鬼 寺町店 水野 (3)

楽しい時間や何かに夢中になっている時間と言うのは、あっという間に光のごとく時間は過ぎていきます。
退屈な時間ほど長い。嫌な事に向き合っている時間ほど長い…。
時間は天邪鬼。

忙しい時に限って時間とやらはいっそう早く駆けていく。
1日が48時間あればいいのに…なんて思うことはしょっちゅうです。
あと少し眠りたい、あと少し遊びたい、あと少し…、そんな時に「時間」という天の邪鬼は猛ダッシュで意地悪を仕掛けてくるのです。

皆さんの周りにもそんな天の邪鬼が住みついていませんか?
困ったものですが、そんな天邪鬼に負けないような余裕を持った心で生活したいものですね。
天の邪鬼 寺町店 水野
※タイトルに深い意味はございません(笑)

USAの天邪鬼2015.09.14

寺町店

気まぐれ日記をご覧の皆様こんにちは、寺町店の山田です。
今回からの新テーマ「天の邪鬼(あまのじゃく)」ですが、実はわたくし自身が既に天邪鬼と申しますか・・・。

昔から流行ってるものは意図的に嫌いになり、誰も知らないモノを一人で楽しむ・・・といった事を密かなテーマとしており、学生時代にビートルズが流行ってもミスチルが流行ってもソッポを向いて、誰も知らないような洋楽を一人で聞いているような少年でした・・・。
(最近はだいぶマシになり、良いものは良いと言えるようになりましたが)

そして、今年に入って久しぶりに会いました、天邪鬼に。しかもアメリカで・・・。

そうそれは、これ!ラスベガスのスロットマシーンです。
天の邪鬼 山田 (3)
その日の仕事を終え、異国の言葉が飛び交う街で、1日の疲れをいやすのと、晩御飯の前に「記念に」と少しだけ挑んだのですが、500円を投資して始めたスロットマシーンが1000円になって2000円になって、しかし30秒でまた500円になって100円になり、止めようと思うとまた1000円になっての繰り返しで・・・。
天の邪鬼 山田
特別に興味も沸かなかったし億万長者になって帰ろう!とも思わなかったので早く終わりたかったのですが、何だかんだと続いており、最後は残った130円ほどをマシーンに残して帰りました。

しかし、今思えば、そこでこの天邪鬼の誘惑に乗ってしまい「よし勝って帰ろう!」と思ってしまっていたら大損してたかも・・とギョッとします。

皆様も、日常に潜む天邪鬼には十分ご注意ください!
天の邪鬼 山田 (2)

幻の襖絵 - 寺町店 -2015.07.28

寺町店

気まぐれ日記をご覧の皆様こんにちは。寺町店です。

今回、寺町店よりお送りするのは、寺町店にある“もしかしたらとんでもないお宝かも?”についてです。

ご存知の方も多くいらしゃるかと思いますが、寺町店の天井には4枚の襖絵があります。この襖の一枚に注目してみて下さい。

店 寺町店 (3)

寺町店の入り口に一番近い襖の右端にどうやら獅子のしっぽのようなものが途切れて見えます。実は、この襖絵、幻の5枚目があるらしいいのです。

この襖絵は兵庫県の、とある庄屋さんからお譲り頂いた襖で、お譲り頂いた当時は修復しなければならないほど傷んでいたそうです。修復していただいた絵師の方によると、どうやらこの襖絵を描いたのは狩野派の絵師によるものだそうで、よくよく調べると、昔、その狩野派の絵師が旅の途中に立ち寄った庄屋さんのおうちにお世話になった礼に、この襖絵を描いたという事だったそうです。

残念ながらその絵師が狩野派のだれが描いたものかは、落款が無かったため断定はできないそうです。おそらく、幻の枚目の襖に落款があったのかも…。今となってはわかりませんが、もしかするともしかして、世界を揺るがす国宝級の襖かもとのことです。(笑)

店 寺町店 (2)

店 寺町店

信じるか信じないかはあなた次第、そんな云われある襖絵をどうぞ、一度覗きにいらしてください!云われがなくとも十分素晴らしい襖絵です。

それぞれの昔ばなし2015.07.13

寺町店

こんにちは。寺町店の宮本です。

昔話、小さい頃に母に寝る前に読んでもらうのが大好きだったのですが、今思い出そうとしてもどの昔話もおぼろげな記憶ばかりで、こうだったかな?何か違う気がするんだけど。と答え合わせをするかのように色々な昔話を調べてみました。

皆様「さるかに合戦」という昔話の物語は覚えていらっしゃいますか?
地域差はあるようなのですが、サルが柿の種をカニに埋めさせて、その柿が育ち、実ったら独り占めをしたサルを、栗や蜂、臼と協力したカニがこらしめるというものです。
sarukani
ですが、調べてみるとこんなお話もありました。

サルがカニの代わりに木に登って柿を独り占めすると、蟹が一計を案じて「柿の籠は枝に掛けると良いんだが」とつぶやきます。サルはなるほどと枝に籠を掛けると、柿の枝は折れやすいので籠は落ちてしまいます。蟹は素早くこれを抱えて穴に潜り込みます。サルが「柿をくれ」というと「入っておいで」と取り合いません。

サルは怒って、「では、穴に糞をひり込んでやる」と穴に尻を近づけました。蟹はあわててサルの尻を挟みます。それ以来、サルの尻から毛がなくなり、蟹の爪には毛が生えるようになったという由来話になっているものです。人の数だけ話があって、話の数だけ意味があるのか、と感慨深いものがありました。

昔の話で、昔話。いつかは今も昔になります。昔話として今の私たちの生活が語り継がれるのかも?と思うと少しワクワクするものがありますね。

寺町店限定!日本昔話のがいこつ編が登場いたします!2015.06.11

寺町店

気まぐれ日記をご覧の皆様こんにちは、寺町店です。

「日本昔話」がテーマの今年の春夏物は、もうご覧いただけましたでしょうか?竹取物語に桃太郎さん、一寸法師に鶴の恩返し・・・とTシャツやアロハシャツ等、様々なキャラクターがただいま、衣の店内に並んでおります。

さて今回寺町店に登場いたしますのは、そんな「日本昔話」の番外編ともいうべき作品たち、登場人物がガイコツに姿を変えTシャツ2作品と半袖シャツ1作品に落とし込まれております。

■あけてびっくり玉手箱、鯰も飛び出す!
 「浦島太郎ガイコツ 半袖Tシャツ」
   色:インディゴ・黒鉄
 サイズ:S・M・L・XL
  価格:¥7,900(税抜)
寺町 ガイコツ3作品 (2)

■ろうの長さは命の長さかも!?
 「寿命のろうそくガイコツ 半袖シャツ」
   色:インディゴ
 サイズ:S・M・L・XL
  価格:¥14,800(税抜)
寺町 ガイコツ3作品

■情感たっぷりに描かれた衣主による手描き作品!!
 「墨絵ガイコツ 半袖Tシャツ」
   色:生成り
 サイズ:S・M・L・XL
  価格:¥7,900(税抜)
寺町 ガイコツ3作品 (4)

いかがでしょうか?久しぶりのがいこつ柄で、楽しんでいただけることと思います。でも一番楽しみにしているのは、実は私たちスタッフかもしれません…(笑)。

限定作品となりますので数に限りがございます。気になられましたら是非、お早目にお越しくださいませ!!

身近なところにも昔話2015.06.03

寺町店

こんにちは、寺町店の山﨑です。

今シーズンの衣のテーマは日本昔話ということで、お店には桃太郎や浦島太郎等々、誰もが一度は聞いたことのある昔話モチーフの作品が並んでおります。昔話には衣に並ぶような有名なものもあれば、聞いたことのないようなものまで数多くの昔話があるようです。

あまり昔話にはゆかりがないと思っていた私でしたが、実は身近なところにも昔話が潜んでいたようです。その名も「蛸薬師」。

日本昔話 寺町 山崎
なんとここ寺町店の目と鼻の先にある蛸薬師堂永福寺にも昔話がありました。タコをお経の巻物に変えたお薬師様の話という事で、詳しいお話の内容はこちら、誰もが知る「まんが日本昔話」のリンクよりご覧くださいませ。

日本昔話 寺町 山崎-(2)

京都の蛸薬師という地名はこの昔話が由来なんだそうです。私の勉強不足かもしれませんが、意外とあるものなんですね、昔話。昔話は寺院にまつわるものが多く、京都には他にもたくさんの昔話があるそうです。普段生活している周辺や旅先等々、調べてみると風景の見え方、地名の聞こえ方が少し変わってきそうですね。

カテゴリー

アーカイブ