BLOG

華道体験2018.05.29

寺町店

皆さんこんにちは。寺町店の左子です。
今回のテーマは体験、見学ということで、私は学校の授業の一環で京都にある華道家元池坊さんで見学、華道の体験をしてきました!

池坊は六角堂という京都で有名なパワースポットと同じ土地にあります。

画像1

画像2
1枚目の写真が上から見た六角堂で六角形の御堂を建てたことからこの名前で呼ばれるようになりました。
そして2枚目の写真に写っている白鳥が泳いでいる池は昔、聖徳太子が沐浴されたと言う話があります。

さて、本題に入りますが、館内に入ると歴史的資料や展示品があり、華道の歴史や日本の歴史を見て感じることができました。
(館内は撮影禁止のため撮影できず…)

そして華道体験のスタートですが、その前に華道の歴史についてお話がありました。
華道の歴史は、発祥地は日本で、一輪挿しなどに挿した花を愛で習慣は平安時代からあり、生け花として確立されたのは室町時代中期に京都六角堂の僧侶によるものとされていて、江戸時代中期までは上流階級・武家階級のものだったのですが、その後広く庶民のたしなみとして広まっていき今の華道となっていったそうです。

体験では、メインとなる花はどの花にしようか、この花はこの位置じゃない、もう少し派手に…いや落ち着いた感じにしよう、これはちょっと邪魔だな、これを足せばバランスがとれるぞ…とあまりにも熱中して、制限時間が50分だったのですが体感時間はたったの20分のように感じました(笑)

しかし、あまりにも熱中していたものですから途中経過の写真を撮り忘れるという大失態…

ですがちゃんと完成した作品は忘れずに写真を撮ることができました!!

画像3

作っているときは少し落ち着いた感じにしようと思っていたのですが、思いのほか派手になってしまいました(笑)
最初はあまり興味がなかったのですが、実際体験すると面白く、また華道をしたいと思いました。

是非、皆さんもやってみてください!!

苔テラリウムを作りました!2018.05.07

寺町店

皆様こんにちは!三条店の山口です。

「体験、見学レポート」と言うことで何をして見ようか悩んだのですが、身近で母親が苔玉の先生をしており、ちょうどイベントもあると言うことで参加してきました!
写真1
会場で沢山の人の中、先生の話を聞きいざ作業へ入ります。
今回は今流行りの「苔テラリウム」作りです。

先生曰く、持ちがよくちゃんと世話したらずっと持つみたいなのでやる気満々で作り始めます!

まずは瓶を選び、その中に順序に砂、土と入れていきます。砂や土にも沢山ある中「富士砂」「赤玉土」と言うものではないとダメらしく、富士砂には炭が入っているため殺菌作用があり、赤玉土は硬質赤玉土を使用し、水でベタベタにならない為だそうです。

そして砂と土を入れたらここからは自分のセンスで苔と石などで装飾をしていきます。

写真2
自分の作品は、、、

写真3

フィギュアを入れても良かったので馬を入れて苔を食べているような作品に。。。オリジナルの苔テラリウムの完成です!!!

土まで水を入れて蓋をして明るい場所に置いたら長持ちするそうなので部屋に飾りたいと思います^ ^

その他にも苔玉や豆盆栽などもあるみたいなので沢山チャレンジしたいと思います!

鳥だ!飛行機だ!いや、ガイコツのプロレスだ!- 寺町店 限定 -2018.04.26

寺町店

春、というよりは夏に近い気温となって参りましたね。

そんな暑い季節に、寺町店では昨年大好評を頂戴しましたあの柄が、パワーアップして再登場いたします!
画像①

そうです、「ガイコツのプロレスTシャツ」第2弾です!!

今回は墨絵手描きで表現されており、よりリアルに、より「熱く」、そして世界中どこにもない1着として仕上げられております。選ばれた技は、やっぱり前回の1番人気でございましたあの技。

そもそも墨絵とは、いわゆる水墨画でのことであり、「墨」一色の濃淡やその筆の線の強弱やカスレなどで様々な表現を付けて表現されるもので、幽玄な「山水図」などご存知の方も多い事かと思います。

そんな墨絵の技法を用い、衣職人が1着ずつ時に大胆に時に繊細な筆使いで、丹精込めて描き上げた前代未聞の1着となっております。

はてさて、墨絵でプロレスが描かれたことがかつてあったでしょうか!?

本作品は画像でご覧いただくよりも、実際に見て、着て頂いた方が更に面白いTシャツかと思います。

画像②

是非、この春夏の楽しいお出掛けに、そしてご自身だけの1着として、プロレスファンの皆様にはマストアイテムとして(笑)こちらのTシャツをご覧にいらしてくださいませ!

寺町店へのご来店ができないお客様は、ぜひ下記の店舗連絡先までお問い合わせくださいませ。

オスティア・ジャパン衣 寺町店
 Tel:075-212-6353
 Mail:koromo-teramachi@kodaishin.jp
 営業時間 11:00~20:00(不定休)

海外の教育に触れて参りました!2018.04.23

寺町店

こんにちは!寺町店の林です。
今回のテーマは「体験・見学」ということで…、3月上旬に行って参りましたオーストラリアでの国際交流の体験を少しお話します!

以前に一度行ったことがあったのですが、今回は、オーストラリアの幼稚園や小学校へ行って参りました!
ただ見学するのではなく、子どもたちと遊んだり話してみたり…、自分の英語の拙さを痛感しながらも、キラキラした笑顔の子どもたちに救われました。

31659_(写真1)

オーストラリアでは、朝食と昼食の間にmorning teaという時間がありまして!
主にフルーツを食べるのですが、子どもたちはそれぞれ家庭から持ち寄っていました。
毎日こんなおやつを食べる時間があるなんて、本当に羨ましい限りです(笑)

31660_(写真2)

驚きや発見は教育現場だけでなく街中にも溢れていました。
この下の写真に写っているもの・・・、なんだと思います???

31661_(写真3)
実はこの木からぶら下がっているもの・・・・・、蝙蝠なんです!
衣の「蝙蝠ストライプパンツ」にいる蝙蝠のイメージとは少し変わってきますが、まるでたわわに実っているかのようでした(笑)

日本を飛び出して海外を見てみると、感情表現ひとつ取っても、日本ではあまり使わないような表現が自然と出てきたり、できたりするもので・・・。

衣の店頭でもたくさんの海外からのお客様とお会いしますが、実際に使ってみると、すんなりと受け入れられたりするものですね。

拙い英語でも「えいっ」と勇気を出してみるだけで、案外受け入れて貰えるものです!
それは私たちが海外の方から日本語で話しかけられる時と同様ではないでしょうか!?

31662_(写真4)

ちなみに、お供に連れて行った「古都刺繍 スカアロハ」!バックは南太平洋でございます!現地の方々からも好評で、これをきっかけに声を掛けられたことも(笑)
きっかけなんて、どこにでも転がっているみたいです!

中村キースへリング美術館2018.04.04

寺町店

こんにちは、寺町店の林です!
今まで各店舗のスタッフの方々はつないできました「絵心しりとり」・・・、とうとう最終回となりました!

今回私に回ってきた一文字は“な”!
この一文字から、私が紹介させて頂くのは『中村キース・へリング美術館』です!

ここは世界唯一のキース・へリングの作家美術館で、館長の中村和男さんが収集された作品の数々が展示されています。

昨年思い立って、一人で行ってみたのですが、山梨県の小淵沢町にあるこの美術館は自然の中にひっそりと建っており、静かな空間で時間を気にせずのんびりと過ごすことができる素敵な空間でした。

画像1

様々なブースごとにテーマがあり、キース・へリングが残した作品がエネルギーやメッセージを発しています。
ストリートアートとしてコミカルな印象のあるキース・へリングの作品ですが、そのどれもが、1980年代のアメリカの社会への訴えが表現されているのです。

作品の親しみやすさ、世界中に発信されるメッセージ性、一つ一つの作品を見ていく時間、ずっとワクワクしていた感覚は今でも覚えています!
画像2

季節ごとに周囲の自然の変化もあり、またお邪魔できることが楽しみです。

今回の「絵心しりとり」、スタッフの方々が何を紹介されているのか、私自身、読むことがとても楽しみでした!
これをきっかけにもっとお話を聞いてみたい!と思うことも・・・、是非お店でもお客様とお話しできることを楽しみにお待ちしております!

どこよりも早い桜の見ごろが寺町店にも到来!2018.03.10

寺町店

いよいよ次週は新作が並ぶころもづくりころもがたりのスタートですね。

では、この土日の見ごろはと言えば・・・ずばり、桜です!
春分の日より少し早めですが、見事に咲いておりますよ。

画像①

左上   :藍染め 昼夜桜作務衣
右アウター:桜 着物衿カーデ
右インナー:桜とガイコツ七分袖Tシャツ

さて、それではそれぞれの桜の見どころを少しだけ。
インナーの桜とガイコツ七分袖Tシャツは、実はこんな柄!
画像②

画像③
せめて、ひとひらの桜を掴まんと水面からガイコツ達が手を伸ばします。
寺町店の人気モチーフという事もあり、既に完売間近のサイズもございます、こちらは是非、お早めに!

続いては桜 着物衿カーデ

画像④
こちらの桜は何故灰色なのか・・・?
先日職人から聞いた話では、この桜のモチーフは「淡墨桜」なんだとか。
通常の桜と違って、この桜は散り際に灰色に色づくそうです。ピンク色の桜とは、また違った何とも言えない美しさがありますね。

ちなみにもう一色はコチラです

画像⑤
さて、大トリは「藍染め 昼夜桜作務衣」。

画像⑥

現在、寺町店のみに咲いているこちらの昼夜桜は、贅沢にも背中一面をそのフィールドとして、職人による刺繍が咲き誇ります。
近くで見ると本物なのかどうか?も分からなくなるくらいうっとり・・・。

画像⑦

やがてくる季節に想いを馳せて・・・、またお花見やこれからの季節のレジャーに飲み会に、と桜柄のアイテムなどいかがでしょうか?
寺町店にて皆様のお越しをお待ちいたしております。

日本の芸術2018.02.26

寺町店

皆様こんにちは。寺町店の左子です。
今回のテーマ「絵心しりとり」ですが、バトンとなる言葉は「く」です。
実は私、大の歴史好きなので、今回は日本が世界に誇る芸術、日本のお城「熊本城」別名「銀杏城」を紹介致します。

熊本城は日本の幕末から明治維新までの間でとても関係深いお城なのです。
そして銀杏城と呼ばれる由来は熊本城築城の際に城内に沢山の銀杏の木を埋めたこと由来となってます。
1

熊本城で有名なものは、やはり「武者返し」と言われた石垣ですね。
最初は緩やかな勾配なのですが上部に行くにつれて垂直になっていて、深夜に石垣から登ってお城に入ってくる忍者を追い払っていたそうです。これを見るだけでも熊本城が守りに強いというのがよくわかります。

SONY DSC

続いては、城内の内部ですが、皆さまに注目して頂きたいのは、壁です!!
実は、この壁の中には、籠城した際、食料に困らないように乾燥したかんぴょうを埋め込んでいたとか…と言う噂があります。
3 (2)
そして天守閣!!
天守閣から眺める熊本市内は絶景です。

今、熊本城は2年前におきた熊本地震の影響により熊本城内一帯が立ち入り禁止になってますが、近くにある「桜の馬場 城彩苑」は営業しています。
熊本城が修復完了した際には、是非熊本城に訪れて歴史を感じてみてください。

4 (2)
さて、次のしりとりの頭文字は熊本城の「う」です。
次回は心斎橋店です。次回もご覧くださいませ。

妖怪日本昔ばなし寺町編 ~ぶんぶく茶釜~2018.02.19

寺町店

気まぐれ日記をご覧の皆様こんにちは、寺町店の山田です。

日本昔ばなし・・・とても懐かしい響きですね。
私が子供の時分には土曜日の午後七時から「まんが日本昔ばなし」が放映されており、ブラウン管テレビの前で兄弟と2人、しゃがんで見ていたことを思い出します。(それを見る為に、七時までに大急ぎで晩御飯をかき込んでいたことも(笑))

さて、今回はそんな昔ばなしをテーマに店舗ごとに異なる昔ばなしを題材にした作品が入荷致します。しかし、そこはオスティア・ジャパン衣、あれあれ?よく見ると、通常のストーリーとは異なり妖怪の姿がチラホラ・・・。

そんな衣版「妖怪日本昔ばなし」、寺町店にはとある狸のお話「ぶんぶく茶釜」を題材にした作品が明日、2月20日(火)に入荷致します。

古道具集めを趣味としていた和尚さんが手にしたこの茶釜、湯を沸かしていると中から「熱い!」と悲鳴が上がり、カタカタと震えだします。

これを不気味に思った和尚さんはこの茶釜を、たまたま通りかかった貧しい古道具屋にタダで譲ります。
この古道具屋が茶釜を家に持ち帰ると、今度はこの茶釜が実は狸が化けたものだと知るのです。

狸は親切にしてくれた古道具屋に恩返しをする為、昼は見世物小屋で綱渡りをする茶釜として
働きます、はてさてそれではこの狸、夜はどんな風に過ごしているのでしょうか・・・?

狸が過ごす野原の、静かで美しい冬の一夜の風景がインディゴ撚糸ロンTで表現されており、その風景に茶釜狸と妖怪が登場いたします。

皆様も是非、ブラウン管テレビのチャンネルをひねるような、どこか懐かしい気持ちで「衣版ぶんぶく茶釜」を寺町店にご覧にいらしてください。
画像①

オスティア・ジャパン衣 寺町店
 Tel:075-212-6353
 Mail:koromo-teramachi@kodaishin.jp
 営業時間 11:00~20:00(不定休)

キューブリック2018.01.22

寺町店

気まぐれ日記をご覧の皆様こんにちは、寺町店の山田です。
今回の「絵心しりとり」ですが、バトンとなる言葉は「き」ということで、今回はかつてどっぷりハマった映画監督「キューブリック」(スタンリー・キューブリックです(笑))による映画作品をご紹介させて頂きます。

ご存知の方も多く、一度は目にしたことがある!という方も多いかと存じますが、今回ご紹介したいのはそのストーリーや内容は?ということではなく、私がこの監督の作品にハマった理由である「色彩」についてです。
その中で、今回はSF映画の金字塔「2001年宇宙の旅」をご紹介させて頂きます。

画像②

まずは宇宙船ディスカバリー号船員の宇宙服。
宇宙服のイメージは通常白ですよね、しかし本作で登場する宇宙服はコチラの赤。白い船内に真っ赤な宇宙服がなんとも鮮烈です。

画像③

続きまして、これまた白い枠に朱赤の摩訶不思議な形の「ボールチェア」
何とコレ、今をさかのぼる事40年前のデザインなんです!当時は100万円と言われていたこの椅子に当時どれだけ憧れたことか・・・。※今ではイミテーションが2万円程でも買えるようです。

画像④
そして、最後は「スターゲート」というワープゾーンのような場所を通り抜けるシーンなのですが正に極彩色!CG未発達であった当時にアナログな手法で映画の一コマにおよそ3分と気の遠くなるような作業量の果てに完成したそうです。正に異空間旅行を目にしたような衝撃でした。
画像⑤
これら全てが鮮やかに映え、90年代の後半あたりにこれを見た私にとって、やがて来る2001年という未来そのものを感じさせてくれたのを覚えています。

又、キューブリック自身は、とにかく妥協を許さない完璧主義者であったことで有名です、そんな彼の作品だからこそ私のようなアートに鈍かった人間をも引き付けられたのかも知れません。そして、それはどこか私が惹きつけられた「衣」のデザイナーである、「衣主」の姿勢とも重なります。

さて、お次のしりとりの頭文字はキューブリックの「ク」。
スタッフそれぞれの個性が少し垣間見られる面白いテーマかと思います、是非、次回もご覧くださいませ!

お正月こそ晴れやかに!2017.12.25

寺町店

あれよあれよと年末となりましたね。

新しい年へ向けて、大掃除を始め様々な一年の締めくくりの時期として、ご多忙な方も多いのではないでしょうか?

私達オスティアジャパン衣でも、毎年恒例の福袋の準備がいよいよ大詰めを迎えております。

”座敷童(ざしきわらし)”をデザインテーマに、福袋の為だけに作られた豪華な完全新作ばかりがぎっしり詰まった、年の初めのお年玉のような一袋です。是非、今年もお見逃しなく!

さて、今回の寺町店よりはお正月に着るなら・・・コレ!という作品を選んでみました。

普段はシックな色目を選んでご着用の皆様も、「やはり衣と言えばインディゴでしょ!」という皆様も、来年のお正月には晴れやかなお洋服で迎えてみられてはいかがでしょうか?

画像② (2)

画像① (2)

今年リリースされた衣の作品の中でも一際異彩を放っておりました「浮世絵和凧市松ロンT」。

ダウンJKのインナーとして忍ばせて置いてもしっかりと柄が見え、尚且つ屋内に入ってこのロンT1枚になれば・・・。誰もが目を奪われる面白いTシャツかと思います。

”和凧”の図案がモチーフになっているところもお正月にマッチしています

画像③ (2)

画像④ (2)
こちらは1点物の「のぼり長袖シャツ」(Mサイズのみ)。ご覧頂くだけで全てが伝わる1着と言えるかもしれません(笑)。

男児の成長祈願にと描かれる武者絵のぼりをそのまま長袖シャツへと作り替えた1着です。

原色と原色がぶつかり合うような華やかで力強いこちらをお正月に着て頂くのも、粋でおススメです。前身の袖口や衿、ポケット等、随所「のぼり」が使われている面白い所です。

※私、山田も毎年1月2日の寺町店初売りの際には「のぼり」の長袖シャツを着用しております!

晴れの行事の代名詞とも言えるお正月。

クリスマスやハロウィーンもいいけれど、ちょっと変わった衣の洋服で「晴れ」の気分を味わってみられてはいかがでしょうか?

カテゴリー

アーカイブ