BLOG

体感、視覚でも涼しげに!2018.07.26

みなさん、こんにちは!心斎橋店です◎

暑いですね~…、今年は酷暑だそうで本当に酷い暑さです。
毎年の事ではありますが、熱中症にはお気をつけて夏を満喫してくださいませ!!

さて、今回、心斎橋店からは先日より浴衣シャツ販売と並行し、各店から集めてまいりました雪花絞り作品をご紹介させて頂きます。

浴衣でもよく使われることが増えてきました雪花絞りですが、シャツになると手軽に羽織って、涼しげな気分を味わって頂けます!

写真1
「雪花絞りアロハシャツ」
牡丹タンクブラウス
青いひまわりナリアストレッチパンツ

着用しております、青色の雪花絞りだと視覚からも涼しさを感じて頂けます。
パンツやインナーを白いもので合わせ、女性でも少し大きめのサイズを着て頂くとゆったり爽やかな印象になります。

今回はメンズシャツを使った着合わせをご紹介させていただきましたが…

写真2

レディースでも雪花絞りの生地で仕立てましたワンピースや、チャイナなど涼しく可愛らしく着て頂けるものをご用意しております!!

写真3
暑い夏だからこそ、体も気持ちも涼しくなる夏服を是非、見にいらしてくださいませ。
楽しみにお待ちしております!

初めての習い事2018.07.24

こんにちは!三条店の山口です。

スタッフブログの今回のテーマ「習い事」
私はダンスを10年間ほど習い、そして今はインストラクターのお仕事もしております!

今回はそこの原点でもある「エレクトーン」についてお話ししたいと思います!!
gahag-0024782279-1
以前はピアノもしてたのですがクラシックばっかりで飽きてしまい、一年で辞め、エレクトーンは6年ほど習っておりました!

エレクトーンの魅力としてはクラシックのみならず、当時はフロッピーディスクさえ変えれば現代の曲も出来、色々楽しめたところでした!

毎年の発表会は緊張してたのですが、すごく楽しかったのが思い出です!
楽しいが故に、先生に「山口さんは踊ってるように弾くね!」と言われておりました!笑

そこから習い事をダンスだけに絞る為、先生に辞める事を伝えると絶対その方がいい!と言われた事を今でも覚えております。

習いごとがきっかけになって、私の音楽との触れ合いの原点となったのでした!

衣で楽しむ夏の浴衣服2018.07.22

こんにちは、寺町店です。

異常なまでに猛暑日が続く7月ですが、皆様お元気にお過ごしでしょうか?
室内にいても熱中症になるそうですので、こまめな水分補給を是非、お心がけ下さいませ。

さて、そんな夏場は満点のお日様のもと、様々なイベント行事がありお出かけも楽しい季節ですね。
それではそんなお出かけをもう一つ楽しくする装い、先日「ころものふく なつのふく」と銘打たれ、販売を開始しました浴衣リメイク作品の着あわせをご紹介させて頂きます。
画像①

●メンズ編
画像③
浴衣切り替えパッチワーク半袖シャツ
浴衣切り替え半袖T
「扇子(蛍)」

夏の和装と言えばなんといっても浴衣ですね。
花火大会やお祭りなど夏の日のお出かけには、見ている方も涼しげで風流に感じるものですよね。
しかし、通常5分でお出かけの準備が整う!?メンズにとって、それなりに着替えに時間を要する浴衣を着るというのは、それだけで少し億劫なモノです。

そこで、今回の浴衣リメイク作品の登場です。
アンティーク浴衣の生地をパーツ使い、、Tシャツ、半袖シャツにリメイクいたしました。

これなら普段通りに着られて、お手入れも簡単!
浴衣生地の良いところをそのままに、お気軽に浴衣を楽しんで頂けます。

●レディース編

画像⑤

「浴衣クロスチャイナワンピース(ショート)」
金魚唐草ベルギーリネンワイドパンツ
「籠バッグ」

こちらは人気のクロスチャイナワンピースへと浴衣をリメイクしました。
サラッとした浴衣生地はとても軽く、熱がこもりにくいのもポイント。

また、こちらは何と言っても浴衣らしい柄行きも魅力的、複雑な幾何学文様に、時々現れる赤も効いておりますよね!
ワイドパンツと合わせると、よりAラインのシルエットも収まりよく綺麗に着て頂けます。

男性のお客様も、女性のお客様も、浴衣服とも言うべきこちらのアイテムで、今年の夏を楽しまれてはいかがでしょうか?

パン作り教室2018.07.18

皆様こんにちは。心斎橋店の小谷です。

今回のテーマは「習い事」。

私は長女ということもあってなのか、小さいころから習字、ピアノ、スイミングに体操、塾…などなど、たくさんの習い事をさせてもらいました。

その中でも今回は私が小学生の時に通っておりました、一番印象に残っております習い事をご紹介させて頂きます。

それは、“パン作り教室”です。
写真
その名の通り、パン作りを小麦粉の状態から焼き上げるまで一通り教えてくれます。
なぜパン作り教室に通い始めたかと言いますと…、母に何度も“通って!”とお願いされたのがキッカケです。(笑)

教室が土曜日だったこともあり、せっかく学校がお休みの日に習い事へ通うのがとても嫌だった私は、初めは全然乗り気じゃありませんでした。

しかし、いざ通ってみますとそれはそれは楽しくて(笑)、
仲の良かった友達たちと一緒にわいわいと生地を捏ねて、伸ばして、丸めて。

オーブンに入れて焼き上がりを待ち、香ばしい良い香りとともに焼きあがった自分で作ったパンは、とってもとっても美味しかったのを今でも良く覚えております。

クリスマスが近くなるとケーキやシュト―レンを焼いたりと、月に1~2回ほどの習い事でしたが、今では一番“楽しかったなあ”と印象に残っている私の習い事です。

不思議な1着2018.07.17

こんにちは!三条店です。
今回ご紹介いたしますのは、軽くて楽に着て頂け、突然の雨が降りやすい夏に持ってて嬉しい羽織物・・・。

こちらです!!

ロータス加工 インディゴ蓮シャツパーカー
写真1

写真のように、パーカーとして着て頂けますので、インナーにはお持ちのインディゴ作品はもちろんのこと、
ご自分のお好きなお色味の1着を入れて頂き、たくさん着回し、楽しんでいただくことが出来ます!!

写真2

今回プリントは本藍の染料を使い、ぼかすように色を入れて、蓮のなんともいえない不思議な世界観を出しています・・・。
写真3

更に夏らしく、蓮の上で金魚ちゃんも泳いでいますよ!(笑)
「こんなの今までに無かった!!すごい!!」と肌で感じて頂けるおもしろい作品となっております!!

ご自分でお好きなコーディネートを楽しんで頂き、活用して頂きたい1着です♪
店頭にて実演も行っておりますので、是非直接ご覧になってください!

●着あわせ作品
睡蓮と蛍半袖Tシャツ
鬼刺し子切替リネンパンツ

写真4

雪花絞りの魅力 -心斎橋店に集めました-2018.07.13

こんにちは!心斎橋店です。
皆様、「雪花絞り(せっかしぼり)」という技法はご存知でしょうか?

「雪花絞り」とは板締め絞りのひとつです。
生地を縦に畳み、基本三角形の形を作りながら頂点を合わせて折っていき、両端を板で締め、動かないようにして固定したものを乾いたまま染料に浸します。

生地が染料を吸って浸透していくことにより、花が咲くようなボカシ染めになります。
染めあがると雪の結晶のような紋様が浮かび上がることから「雪花(せっか)」と呼ばれるようになりました。

その昔、もともと雪花絞りは赤ちゃんのおしめに使われていた柄だったそうですが、それを現代の感覚で見直し、連続した柄と捉えて色付けをし、浴衣の柄に多く使われるようになったそうです。

今回心斎橋店では明日から全店にて並びます、浴衣をリメイクした作品に合わせ、「雪花絞り」で染めたワンピースやアロハシャツ、パンツスカートなどを集めました。

写真

雪花絞りの魅力は、着てみるとさらに分かります。
綿麻素材の着やすさ、ご自宅で洗える扱いやすさ、そしてなんといっても涼しさです!

この雪花絞りも夏の装いとして、着用して頂きたいアイテムです。
数量限定、是非見にいらしてください。

お電話・メールでのお問い合わせも、お待ちしております。

『オスティア・ジャパン衣 心斎橋店』
 Tel:06-6120-9898
 Mail:koromo-shinsaibashi@kodaishin.jp
 営業時間 12:00~20:00(毎週木曜定休日)

作務衣、ご用意しました。-名古屋店-2018.07.13

元々は僧侶が作業をするときに着用していたものが由来となっている「作務衣」。
夏に着られる「甚平」と違い、基本的には年中着る事のできるものです。

浴衣のように、比較的日常にも取り入れ易い和装アイテムとしておなじみですね。
さて、そんな作務衣の珍しい「一点もの」を名古屋店にご用意いたしました!

こちら、作家手描きの金魚が悠々と泳ぐ「朱鷺雄手描き金魚作務衣」。
15314701949310
そして「柄大島紬作務衣」。
15314702302771
どちらも目を惹くすばらしい作品です。

その他にも、妖怪達が楽しく遊びまわる「妖怪ポコペン」や「蓮鯰」など、衣らしい柄の作務衣もご用意しております。
15314702362142

15314702438103

浴衣アイテムも明日から販売開始!是非とも名古屋店へお越しくださいませ!

ご来店ができない方はメールやお電話にて、ぜひお問い合わせください!

■オスティア・ジャパン衣 名古屋店
Tel:052-252-5270
Mail:koromo-nagoya@kodaishin.jp
営業時間 12:00~20:00(毎週木曜定休日)

より荒々しく、よりタフに。インディゴ好きの為のTシャツが今年も。-オンラインショップ-2018.07.13

見るほどに見入る色、そして生地表情。
インディゴ撚糸とはそんな風にも思わせてくれる特別な布。

「インディゴ好きに悪いヤツはいない。」

誰かが言ったとか、言わないとか。

そんなインディゴ好きな人のため、ストレートにインディゴ撚糸を楽しめる。
そんなTシャツを作って3作目。今回はより荒々しく、よりタフに。
生地表情にさらに凹凸感の出るスラブ糸を使ったインディゴ撚糸。
スラブ撚糸
絶妙な色の落とし方をさせた加工感は全てが手仕事。
やりすぎないくらいが、ちょうどいい。それがかえって難しい。
しかし、出来上がった表情を見れば、誰しも納得させる仕上がりに。

裾に1つ、KRMオリジナルの飾り「こはぜ釦」を遊び心に添えて。
スラブ撚糸こはぜ
インディゴ好きの、インディゴ好きによる、インディゴ好きのためのTシャツ。

今回もたまらなく良いTシャツができました。
制作数量完全限定!オンラインショップにて販売しております!

ころもふく なつのふく2018.07.13

夏まつり、花火大会、そして街への散策に。
夏の装いの1つとして着られる事が増えつつある浴衣。
そんな浴衣生地を使って、衣では洋服にリメイク!

日本伝統的な夏の服を使って、「ころもふく なつのふく」をお仕立てしています。
ころもふく なつのふく
ひとくちに浴衣といっても、その柄、その模様は多種多様。
涼しげな紺地と白地で表現したものや、しぼりで表現された染めものもあれば、彩りのあるモチーフ柄のものも。
そんな色んなゆかた生地をランダムにかけあわせて1着の洋服に。

展開アイテムはこちらのラインナップです。

・クロスチャイナワンピース(ショート/ロング)
・アロハシャツ(M/L/XL)
半袖シャツ(S/M/L/XL)
半袖Tシャツ(S/M/L/XL)

夏だからこそ作れる服。夏だからこそ楽しい服。
衣のお店にずらりと揃います。出逢いの1着をぜひ探しにいらして下さい。

7月14日(土)より、衣の各店で一斉販売スタートです!

※「クロスチャイナワンピース(ショート/ロング)」「アロハシャツ」はオンラインショップ以外の各店での先行お取り扱いとなります。オンラインショップにも後日登場いたしますので、お楽しみに♪

※「ころもふく なつのふく」は同日からの期間限定ショップでのお取り扱い予定はございません。

【追記】
オンラインショップにおきましても販売予定としておりました「クロスチャイナワンピース(ショート/ロング)」「アロハシャツ」ですが、制作数に限りがあり、今シーズンの販売は中止となりました。楽しみにお待ちいただきましたお客様には大変申し訳ございません。また翌年以後の制作作品を楽しみにお待ちいただけます様、お願いを申しあげるとともに、心よりお詫び申し上げます。

一番身近で一番大きな存在2018.07.12

みなさん、こんにちは!寺町店の林です。

さてさて、今回のテーマは“習いごと”ですが、趣味の一環で習いごとをされている方もいらっしゃるのではないしょうか?

私は両親のおかげもあって、小さい頃から色々なことにチャレンジさせて貰いまして・・・。
今回はその中でも私の一番好きなものについて紹介させて頂きます!

その習いごととは・・・。
最近ですと、錦織圭さんを筆頭に日本人選手の活躍も注目されている・・・

そう、『テニス』 です!

実は私の父の仕事がテニスのコーチでして、私が物心つく前からテニスのある環境が当たり前になっていました。

画像1
私が反抗期の時には、父の厳しい指導に嫌気がさして、テニスを遠ざけたこともありました。

今思えば、自分の娘を成長させる為の父の愛だったのでしょう。(笑)
それでも、今でもまだテニスを好きでやっているのは、自分の精神的な面での成長があるからだと思います。

父のおかげでテニスと通して様々なことを学びました。
身体の動かし方はもちろん、一緒させて頂く方々との関わらせて頂く機会もあり、スポーツを通して年齢の壁を越えた交流もさせて頂きました。

画像2
今でも、父は私が尊敬するテニスプレイヤーです!(笑)

さて、これから各店のスタッフが紹介して参ります“習いごと”。
私もスタッフブログの一読者としてとてもワクワクしております♪

1 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 215

カテゴリー

アーカイブ