BLOG

スタッフブログは新テーマ!2019.02.20

いつもオスティア・ジャパン衣をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

スタッフによるブログを毎週お届けしております。
前回までのテーマは「数字」となっておりましたが、思わぬ切り口で、数字にまつわるお話が沢山飛び出てきましたね!数字って本当に奥が深いものです…。

ご拝読いただき、ありがとうございました。

さてさて、次回からのテーマは「スタッフのお弁当」

1日を過ごす中で、一番大切な時間というのは“ご飯の時間”かも知れません。
腹が減っては戦はできぬ!と、昔の人が言い残したように、ご飯というのは人生の中でも最も重要なのでは!?と思うほどです。

少し大げさになってしまいましたが、ずばり、スタッフのお弁当をのぞき見してみよう!というのが、今回の目的です♪
食いしん坊が多い、衣のスタッフは、いったいどんなお弁当を食べているのでしょうか!?

自分で作ったお弁当、誰かに作ってもらったお弁当、お気に入りのお店のお弁当…、お弁当箱に詰まったそれぞれのエピソードを、どうぞお楽しみに!

「衣×吉靴房」受注革靴が名古屋店にて受付開始です!2019.02.15

「洋服にも、着物にもあう革靴を」
「日本人の足にあう革靴を」

そんな信念を持ち、ひとつひとつを手仕事で作成される、京都の革靴屋さん「吉靴房」。

これまで心斎橋店にて受注しておりました、『衣×吉靴房』の革靴を、このたび2月16日(土)より名古屋店にて受付をさせていただくこととなりました。

衣の職人がひとつひとつ抜染した、お好みの柄・色の革で作る、まさに「あなただけの一足」です。
衣の洋服達と同じ、はき込むほどに馴染み、育ってゆく革靴の良さをお届けしてまいります。
7adfed136bf50c6b1f5c23f5919c3a0a

7d6fddc4d5f4457e598413974089fe73
【受注詳細】
オスティア・ジャパン衣 名古屋店
052-252-5270
koromo-nagoya@kodaishin.jp
営業時間:12:00~20:00(木曜定休)

【色】キャメル、こげ茶、えんじ、紺、苔、黒
【柄】鯰、菊、蓮、龍、唐獅子牡丹
【サイズ】22cm~28cm(※22.5cmのみお作りができません)
【価格】46800円(税抜)
【仕上がり】受注日の翌々月より
【その他】ソールや内側の革色も選べます。

※1 ひとつひとつが手仕事のため、柄の雰囲気や、入る位置、ベースとなる革色などが異なります。
※2 仕上がりまでは、上記よりお時間を頂く場合もございます。
※3 受注後のキャンセルはお受けできかねます。ご了承下さいませ。

寺町店のレアもん!ご紹介いたします。2019.02.15

こんにちは、寺町店です。

まだまだ寒さも厳しいですが、立春も過ぎ、そろそろと春の尻尾が見えてきた頃となりましたね。
こんな時にご紹介させて頂きたくなるのがシャツアイテム、中でも一点物の秘蔵の品。

今回はこちら

画像②

「古布ウェスタンシャツ」(Mサイズ)
ナナカマドと黄連雀接結着物衿プル

このウェスタンシャツが語るのは藍染めの歴史そのもの。
「パッチワーク」などと言うと聞こえはオシャレですが、実際はそうではありません。

例えば藍染めの生地はその防虫作用を信じられ、畑に出る為の野良着やお布団等に主に使われていたと言います。
そんな生地が破れたり、穴が開いたりした時に、野良着を羽織るご主人が寒かろう、破れた布団で寝る子供たちが寒かろうと僅かな端切れを縫い合わせて、当て布をしていったと言います。

画像③

お洒落の為ではなく誰かを想う気持ちが作った生地が現代まで残り、ウェスタンシャツとして命を吹き込まれたものが今回のシャツです。

ちなみに私のお気に入りのパーツはこちらの袖部分。

画像④

袖口には少し明るい藍の生地が使われており、ちょっと手を動かした際、何かを取ろうとした時などにアクセントとなってくれます。

インナーには今期も定番となりました「着物衿プルオーバー」で、首元を演出するのが今シーズン通しての私のおススメです。

本作品はMサイズとXLサイズの限定2点のみ!なにかパッとするもの、目新しいものが見たいな・・・・と思いましたら是非オスティアジャパン衣へ。
各店にはそれぞれにネットでは公開していないような1点物が、他にも色々とございますよ~!

ラッキーセブン2019.02.14

皆様、こんにちは!三条店の松岡です。

私と数字との関わりを振り返ってみますと、かつては大嫌いだった学生時代の算数、数学の授業に、小学校の頃に習っていたそろばん教室、高校時代の商業の授業の簿記や電卓計算などが思い浮かびました。

また、祖父母が八百屋を営んでいたことから、小さい頃にはよくお店の店番をしていました。

レジをうったり、電卓でお買い物額の計算をしたり、お釣りを渡したりと、小さいながらも一丁前によくやっていたなぁ・・・と(笑)、思います。

そんな私が、私が特に想い入れのある数字は「7」です♪
通常ラッキーセブンとも言われておりますが、この由来は野球から来ており、7回は集中力がぐっと上がり、試合の変化、つまり「潮目」が訪れる事が多いので、7回をひいては7そのものをラッキーセブンと呼んだそうです。

私の場合は生まれた日にちだから、という理由が大多数を占めており、昔から携帯電話の下4ケタや車のナンバーなど、ことある毎に「7」を引っかけた数字を使っております。
そのうち良い事がありますようにと毎回、願をかけながら・・・。

これからも「7」という数字にこだわり、自分のラッキーナンバーとして大切にしていきます。
写真

今年も“お気持ち”をお包みいたします、バレンタイン。2019.02.04

平成最後のバレンタイン、2月14日は一年の中でもちょっぴり特別な日。
友チョコ、自分チョコ以外にも、ばらまきチョコなんてものまであるそうです。

オスティア・ジャパン衣ではそんなバレンタインの贈り物に、特別なラッピングをご用意いたしました。
昨年、一昨年と好評をいただいた2つの柄トートバッグに、大切な贈り物をお入れいたします。
名称未設定-1
本日2月4日(月)より、お買い上げの作品代金5,000円(税抜き)以上の方を対象とさせていただきます。
ご対応期間は2月14日(木)までとなりますが、各店ともに予定数量がなくなり次第にて、終了となりますのでご了承ください。

また、人気者の「妖怪靴下とモフモフくつしたのギフトパッケージ」も、バレンタインやホワイトデーにぴったりの、“ハート結びの水引”をご用意しております。
mohumohu

※バレンタイン特別ラッピングは、おひとり様1つ限りとさせていただきます。また、期間限定ショップではお取り扱いの対象外となります。あらかじめご容赦くださいませ。

※オンラインショップでの如月市で販売をしております作品に関しては、バレンタイン特別ラッピングは対象外となります。ご了承のほど、お願いを申し上げます。

ラッキーナンバーは「11」2019.01.28

こんにちは、寺町店の山田です。

好きな数字、私の場合は常に変わっているのですが、どの数字にも意味があって一つを選ぶのは難しいですよね。

昔から「2」は常に意識していた数字でした。
サッカーでもサイドバックでサポートを、学校でも副委員長や、副主将、仕事でも副主任など2番手の役割がいつも回ってきており、性に合っていたように感じていました。

昔は五人組の戦隊ヒーローもの(古くはゴレンジャーに始まる)でも、一番強い赤レンジャーではなく、2番手のクールで理性的でひょっとしたら赤より強いんではないか?とさえ思わせる青や黒のキャラクターを好んでおりました。

また惚れ込んだのはそのポージング。
青や黒のキャラクターは何故か、けた違いにカッコよく見えませんか?

画像①

しかし、良い大人がいつまでも2ではいけません。
そこで最近よく使うのが「11」。

大人になって1週回ってしまった10から、もう一歩を踏み出して11という数字です。
100点でなくて110点を目指そう!と自分を鼓舞するわけです。
というわけで今の私のラッキーナンバーは「11」です。
「11」も1が「2」つですし・・・(笑)。

画像②

色で見せる春2019.01.24

いつ昨日年が明けた気がしているのですが、あっという間にもうすぐ2月。
寒さはピークの季節ですが、それでもどこか春を意識し始めるのもこの時季。
春物が着たい!けどまだ寒い! そんな複雑な気持ちになりますよね。

こんにちは。名古屋店より、着あわせのご提案です。

どうやって春らしさを演出しようかな?と考えた時にはまず「色」です。
人間が視覚から得る情報は、五感全てのうち実に9割近くを占めるそうですが、さらにそのうちの8割が「色の情報」なんだそうです!

さあ、では春らしい淡い、柔らかい印象のものを取り入れて着合わせを。
1548061013517
今宵梅総柄長袖シャツの灰、梅の淡い赤が春らしいですね。
田舎刺子パッチパンツコーディネイトの半分を占めるボトムスの色は重要です。
これだけではぼんやりとした印象になってしまうので、新作の鶴雲着物衿ロングカーデの強い色で全体を引き締めます。

ちなみにこちらのカーデ、黒のほかには使い易いグレーもございます。
生地も柔らかくて、ちょっと羽織るものが欲しい時には重宝しますよ。
1548061025643

例えばボトムスだけ、あるいはインナーだけ。
ポイントになる一部分に春色をとりいれて、季節感を演出しましょう!

先人からの知恵2019.01.22

こんにちは!期間限定ショップの赤瀬です。

男性・3、24、41、61
女性・3、18、32、36、61

さて、この数字は何の数字を表しているか分かりますか?
鋭い方ならすぐにお分かりではないでしょうか…。

そうです、この数字は諸説はありますが、一般的な「厄年」の年齢です!
私たちの日常生活で、厄年の話は多少なりとも出てくる話題ですよね。

厄年は、平安時代にはすでに根強く支持されていたようで、肉体的、精神的変化が大きく、体に気を付けなければいけない年齢と、昔の人は統計的、そして経験的に厄年と考えたそうです。

厄年や暦など、当たり前にある日常の数字は、大昔の先人が経験したビッグデータから成り立っていると思うと、本当にすごいなぁと、人間と自然が共存してきた神秘性を感じずにはいられません!

厄年なんて迷信でしょ?と思う方もおられるかもしれませんが、大昔の大先輩達が残した知恵だと思い、素直に言う事を聞いておこうと、、厄年で骨折した私は、日々そう思って過ごしております…。

画像
神社などで厄払いをしてもらうのも立派な厄払いですが、実は、最も手軽な厄払いの方法があるんです!
それは「友人や知人を招いて、ごちそうを振る舞う事」です。

昔は、財産の一部を贈与する事が厄落としにつながると考えられたようです。
今年が本厄の私は、毎晩ごちそうパーティーを開かないといけませんね…。

宝印ポイントのご利用期限はあとわずかです!2019.01.21

いつもオスティア・ジャパン衣をご愛顧いただき、ありがとうございます。

昨週末よりスタートしておりますイベント「あなたの一枚お作りいたします」は、楽しんでいただけておりますでしょうか?
今回のイベントは受注予定数量が決まっておりますため、残りわずかのサイズも出始めております。
気になられているお客様はぜひお急ぎくださいませ!!

また、昨年2018年の9月より発行をさせていただいております「宝印カード」ですが、ためたポイント数に応じて、新作等の割引に使っていただけるお得なポイントカード。

こちらのご利用期限も今月末日までとなっており、残り10日あまりとなっております。使い忘れでの失効などありません様、今一度、お持ちのポイントがどのくらい貯まっているかなど、お調べいただき、ご利用いただけます事をお願いたします。

なお「宝印カード」は予定数の配布が終了しておりますため、1月上旬で新規発行の終了をさせていただいております。
勝手を申しあげますが、ご容赦いただけます様、お願いを申しあげます。

お問い合わせなどはホームページの問い合わせフォームより、もしくは各店までご連絡をくださいませ。

それでは、イベント作品や新作と共に!!
スタッフ一同、お待ち申しあげております!!
宝印

ブログ用

あなたの一枚お作りいたします -ご案内 その22019.01.18

「古布-こふ-」

昭和初期までに使用されていた着物や布の多くを古布と呼びます。
古くは平安・鎌倉時代からの物も。

様々な種類と共に、その生地が生きてきた時代や地方、使われてきた意図も様々。
今の時代には本当に貴重な存在です。

手紡ぎの糸は、その太さを糸を均一に紡ぐ事が技術的に出来なかったために、自然と糸には凹凸ができ、それが生地になっていくと不思議と味になります。

今回衣では実際に「衣主 -ころもあるじ-」が出逢った古布をお手本に、岡山県にある織屋さんでこの春夏シーズンのため、衣だけの完全オリジナルにて織りたてた生地で、お好みの柄入れをいたします「七分袖シャツ」をお作りいたします!

七分シャツ-(10)

DSC_0068
【受注受付期間】

●1月19日(土)~27日(日) 寺町店・名古屋店・三条店・心斎橋店・オンラインショップにて開催

七分袖シャツ ¥19.800
ワンピース ¥27,800

そして、さらに!抜染柄もお選び頂けます。
お好きなところへ入れて、あなただけの特別な一枚をお作りください。

*抜染柄 ¥1,000~
(下画像の柄以外にもたくさんご用意しております。)
柄

※表記価格はすべて税抜表記となります。

※ご注文予定数には限りがございます。どうぞお早めに。

※柄の大きさ、アイテムの種類によりお入れることのできない柄や箇所もございます。
あらかじめご了承頂きますようお願い致します。

※サイズ感に関しましても、生地により縮み具合には差異がございますため、
店頭にご用意しておりますサイズサンプル(オンラインショップでは表記寸法)は、
参考サイズとしてご確認いただき、仕上がりサイズとは異なる場合もございますことを、ご理解いただけますよう、お願いを申しあげます。

※服のお仕立て、柄入れ、ともに2月中旬以降の仕上がりを予定しております。
ただ、一点一点が職人による手仕事のため、仕上がりが遅れる場合もございます。
その際にはご迷惑をおかけいたしますが、あらかじめご了承いただけます様、どうぞ宜しくお願い申しあげます。

※作品の仕上げの際には、衣の作品である証となります篆刻刺繍を1文字、「衣」と入れさせていただきます。
 柄入れのバランスを見て職人が右身頃か、左身頃かどちらかの裾もとにお入れいたします。あらかじめご了承下さい。

■オンラインショップをご利用のお客様へ■

オンラインショップでの「抜染による柄入れオプション」を希望されますお客様はご注文時に「ご連絡事項」欄にその旨、ご記載ください。ご注文確認後、柄入れの種類一覧と価格をご連絡差し上げ、柄入れ方法などのご相談を承ります。

また上記ご注意事項にあわせ、作品ページに記載させていただきますご注意事項をご覧いただきましたうえで、ご注文いただけますよう、お願いを申しあげます。

カテゴリー

アーカイブ