BLOG

大津パルコ店より2005.10.19

この大津の地に衣ができてはや6年。ご存知でない方も多いとは思いますが、実はなかなかの古顔なんです。初めは一人でご来店されたお客様が、彼女と2人で来てくださるようになり、いつの日かご夫婦になられ、今ではお子さんも一緒にファミリーで御来店下さいます。そんな人生の時々に衣の服があり、その時間をこのお店はお客様と共にし、成長してきました。これからもお客様と一緒にゆっくり歩んで行きたいと思っております。こんな大津パルコ店での様子や、楽しいイベント・限定商品の情報など琵琶湖のほとりからお伝えしていきます。

三条店より2005.10.19

毎日あたりまえの時間に、あたりまえの道を自転車ではしっている通勤途中に、ある日嬉しい出来事がありました。衣の服を着た方を続けて見たのです。それはちょっとしたスパイスを落としたような瞬間です。どの方もすごくカッコ良かったです。好きな柄や色を気持ちよく着るのが、一番のお洒落だと思います。そして不思議とその人によく似合ってるんです。三条通りと言う立地上、遠くの方にお会いする事も多いです。あたりまえに仕事をするのではなく、色々な土地の人に出逢える事に感謝しながら、この気持ちを忘れずいたいと思います。

寺町店より2005.10.19

皆様こんにちは。今年春にリニューアルオープンしてから早くも半年が過ぎた寺町店です。ピカピカだった床や壁も味のあるものに姿を変え、まさに足元から天井まで、これでもかという位に衣の空間になりました。この日記から京都の中心の、ざわざわした中に混ざり合った、衣の空気を少しでもお届けできたらと思います。

コロモールより2005.10.19

衣6店舗の中でも最も古い“本店”京都北山コロモールです。
ゆっくりとした時間が流れる中で、独自の路線を走り続けて今年でめでたく18年目を迎える事ができました。
これから、この気まぐれ日記にて衣の歴史やコロモール限定のイベント、商品のご紹介などをさせて頂こうと思っておりますので、衣を知りたい方や、ベテランの衣ファンの方々など、是非ご覧下さい。

かわら版2005.10.19

働く衣を探しに街にでました。
写真をお願いすると少し恥ずかしそうにされましたが、ファインダーを覗いた時にはもう職人の顔に戻った人々が働いていました。
気合を入れてめかしこんだ時に着る服。
でもそれはたまに「特別」なときだけでいいものなのかもしれません。
仕事をして汗をかき汚れた服でも、それは立派な殊勲賞。
気兼ねせず、石の上にも座れる。
土の上にも転がれる。
よごれても誇れる服。
それは衣が追いかけているひとつの生き方です。
トップページの方々、ご協力ありがとうございました。
あの時感じた「何か」を伝えて行きたいと思います。

カテゴリー

アーカイブ