BLOG

心斎橋店限定! “大歳の客”七福神ロンT2018.02.19

みなさん、こんにちは!心斎橋店です。

お知らせしたくてウズウズと温めておりました心斎橋店限定ロンT!!
日本むかし話より「大歳の客」をテーマに、登場する七人の神様たち。皆さんもご存知“七福神”です!

“おばあさんにいじわるをするお金持ちの家主に愛想を尽かした七福神さま達は
 家主の家からあばあさんの家に引っ越すことに…。
 大晦日の夜、急な雪で「一晩泊めてくれ」という旅人達をやさしく、迎え入れたおばあさん。

 次の日、おばあさんが土間に行くと旅人達の姿は消え、そこには金で出来た七福神像があったのです。
 それからというもの、おばあさんはやること為すこと全てがうまくいき、幸せに暮らせたそうです。”

このお話には裏話があり、大晦日のお引越しは、実は七福神さま達だけではなく、おばあさんの家から家主の家に貧乏神も引っ越しをしたという話もあるんです!(笑)
家主のいじわるに我慢強く耐えたおばあさんだからこそ得た幸せですね。

そんな‘幸せ”を運んできてくれた七福神さま達が、華やかな牡丹とともに描かれたロンTが出来あがりました!!
全店ブログ(心斎橋店)写真
生地は【衣】でお馴染みのジンバブエコットンなので、やさしい肌触りに安心感がありますよ。
ブログ写真1

【衣】の作品でなかなか見かけない七福神さま。
可愛らしく描かれた七人の神様を是非、店頭に見にいらしてください。

春一番に着たくなる作品です♪ たのしみにお待ちしております。
すぐにお店に行けない! 遠くてお越しいただけない! なんて方は、メールやお電話にてお問い合わせくださいませ♪

オスティア・ジャパン衣 心斎橋店
 Tel:06-6120-9898
 Mail:koromo-shinsaibashi@kodaishin.jp
 営業時間 12:00~20:00(毎週木曜定休日)

-三条店限定- おむすびころりん、すっとんとん♪2018.02.19

こんにちは!三条店です!!

三条店が選んだ日本昔話は「おむすびころりん」です♪

皆様、一度は絵本で読んだり、映像で観たりされたことがあるかと思いますが、あらためまして、どんなお話だったかな?

意外に覚えていない細かな部分があるのではないでしょうか? こんなお話です。

■■■■■■ koromo ■■■

おじいさんが、いつものように山で木の枝を切っていた。
昼になったので、昼食にしようとおじいさんは切り株に腰掛け、おばあさんの握ったおむすびの包みを開いた。
すると、おむすびが一つ滑り落ちて、山の斜面を転がり落ちていく。

追いかけると、おむすびが木の根元に空いた穴に落ちてしまった。
穴を垣間見ると、何やら声が聞こえてくる。
他にも何か落としてみようか辺りを見渡していると、誤って穴に落ちてしまう。

穴の中にはたくさんの白いねずみがいて、おむすびのお礼にと、大きいつづらと小さいつづらを差し出し、おじいさんに選ばせた。
おじいさんは小さいつづらを選んで家に持ち帰った。
家で持ち帰ったつづらを開けてみると、たくさんの財宝が出てきた。

これを聞きつけた隣りのおじいさんは、同じようにおむすびを蹴って穴に無理矢理入れた。
おじいさんは自分から穴に入っていき、土産をよこせと怒鳴りつけた。

ねずみが大きいつづらと小さいつづらを選ばせたが、欲張りなおじいさんは猫の鳴き真似をしてねずみを脅し、両方のつづらを持って帰ろうとした。

ところがねずみはおじいさんに噛み付いたので、おじいさんは降参した。

■■■■■■ koromo ■■■

損得を考えないおじいさん、そんなおじいさんに恩返しをするねずみ達。
改めて読んでみてもなんだかほっこりして心温まるお話ですね・・・。

そんなおむすびころりんの登場人物たちをモチーフに、着物衿カーディガンをお作り致しました。
更にこれから始まります、春にぴったり!桜の花とのコラボレーションです!
写真1
生地は柔らかくて優しい着心地の綿素材を選び、お色は春らしい緑と着回し力抜群の灰茶をご用意しております。

明日から販売開始です!!
皆様のご来店をお待ちしております♪
もちろん、電話やメールでのお問い合わせもお受付致します!

オスティア・ジャパン衣 三条店
 TEL :075-221-3553
 Mail :koromo-sanjo@kodaishin.jp
 営業時間 12:00~20:00(不定休)

衣版 -妖怪日本昔話- 限定作品 全店一斉販売!2018.02.19

皆様こんにちは。

世界各地にはグリム童話や、イソップ童話など、様々な昔話が残されていますね。
またそれは日本も同じく、沢山の民話や童話が語り継がれてきました。

子供のころに聞いたお話や、自分の子供に聞かせたお話、怖いお話もあれば、ハッピーエンドのお話も。

そんな「日本昔話」の中より、各店が1作品を選びだし、衣主が描き出す作品が一挙登場します!

ただただ、物語を絵柄にするだけでは面白くないということで、なんとやっぱり!そこは衣らしく登場人物は妖怪や神の姿に!!

各店ごとに描き出された作品たちをぜひ、ご覧ください!!
明日2月20日(火)より、全店一斉販売開始です!

■寺町店
妖怪ぶんぶく茶釜ロンT
teramachi

■三条店
妖怪おむすびころりんカーデ
sanjo

■名古屋店
妖怪舌切雀ロンT
nagoya

■心斎橋店
大歳の客ロンT
shisaibashi

■オンラインショップ
妖怪一寸法師ロンT
online

※「衣版 -妖怪日本昔話-」は期間限定ショップでは取り扱いのない作品となります。ぜひ、各店までお問い合わせくださいませ。

大きめシルエットで存在感を。2018.02.17

皆さん、こんにちは!心斎橋店です。
節分も終わり2週間が過ぎ、スーパーやコンビニに並んでいた大量の恵方巻きの姿がなくなってしばらく、少し祭りのあとのような気持ちです。(笑)

さて今回は心斎橋店より、新しく登場しましたレディースの袴パンツを使ったコーディネートをご紹介させて頂きます。
写真1 (2)
・桜ギャザー袴パンツ(青緑/F)
半纏衿 市松ニットカーデ(淡インディゴ/F)
シャンブレーシャツ(インディゴ/М)
細革ベルト(茶/F)

広がりのある袴パンツはこれだけで存在感があるので、シャツやタートルなどをインして着て頂くと、ウエストが自然と締まり、全体でみても綺麗なシルエットになります。

上のシャツとパンツの色味を合わせることで、軽くセットアップ感も楽しんで頂けます。
女性らしく可愛らしい服装に、あえてカジュアルなアイテムではずす冒険もたまには楽しいかもしれません◎

着用しております桜ギャザー袴パンツは他、(黒/F)、(薄茶/F)の3色展開になります。

写真2 (2)

合わせ方によって、可愛くもキレイめにもなり得ますので、是非、お好きな系統のコーディネートでお楽しみくださいませ!

オンラインショップ 配送遅延のお詫び2018.02.14

いつもオスティア・ジャパン衣のオンラインショップをご利用頂き、誠に有難うございます。

オンラインショップにてご注文いただきましたお客様には、準備でき次第の発送をご連絡させていただいておりますが、現在も梱包・配送の対応が大変込みあっております。

配送ご希望をお伺いしておりますご注文は予定通りの配送手配にて進めさせていただいておりますが、ご希望日を未指定としていただいておりますご注文につきまして、ご注文順で発送はさせていただいておりますので、今しばらくばかり、お待ちいただけますよう、お願いを申しあげます。

また、ご注文時の登録メールアドレスに、docomo/au/softbank などの携帯キャリアのアドレスを登録いただいた場合、各携帯キャリア会社のサーバーにて迷惑メールと判断されてしまい、配信されない場合がございます。

事前にオスティア・ジャパン衣・オンラインショップのサーバードメイン( @koromo-kyoto.com)のメール受信登録設定をお願い申し上げます。

ご迷惑をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願い申し上げます。

Online shop
永田 圭司
衣福助人形

照明の魅力!2018.02.12

こんにちは!名古屋店の堀田です。

回ってきました!「絵心しりとり」。(笑)
何が来るかとドキドキしていましたが、「杉本 博司」からの「し」ということで、、。

これしかないでしょ!『照明』です!!

っと言ってもザックリすぎて、何なのかパッと頭に思い浮かばないかと思いますが、今回スポットを当てるのは、ライブ照明です!

ただ単にライブ好きというのもありますが、実は私、専門学校でコンサートステージ照明の勉強をしておりました。
今でもライブに行くと、気付けば照明に目がいってしまっていたりということも、、、。

大きなドームやホールでのコンサートのセットも、すごく圧倒されるものがあって魅力的ですが、私が特に好きなのは、小さいライブハウスの演者と楽器の必要最低限だけのものが置かれたシンプルなステージの照明です。

音楽に色を付ける事が出来るのは照明だけ。
明るい曲だからたくさんの色を使えばいいというものではなく、灯体、角度や色…センスと腕の見せ所なのです。
何気なく見ている照明もなかなか奥が深く、曲とカチッとハマッたときは見ててとても気持ちが良いんですよ!(笑)
DSC_0097
これは、ちょうど一年前に見に行ったライブの写真なのですが、
一度につける照明の色の数を絞って、シーンごとの差をしっかりつけてて、私的にはなかなか好きな照明でした。
_20180118_000803
中でも、バラード曲を色を使わず演出したこの照明がお気に入りです。
_20180118_000708
スモークをたいているので、光の筋がとても綺麗に見えて、幻想的な空間を作り出してくれています。

ライブやコンサート、舞台などを見に行くと、どうしても演者さんに目がいってしまいがちかと思いますが、機会がありましたら照明にも注目していただけると、いつもとはまた少し違った楽しみ方ができるかも!と、、。(笑)

一足早く…2018.02.11

立春を過ぎ暦の上ではもう春ですが、まだまだ「春は名のみの…」寒さですね。

とはいえ、気になるのはやはり春夏物。ではないでしょうか。
届いてますよ!KRMの新作鬼刺し子切替リネンジャケット!!
15175690785730
「ガシッ」と「くたっ」の中間、と言った麻の持つ独特の良い風合い。
ポイントで切り替えた鬼刺し子のインディゴが知的な印象を出してくれます。
15175685047650
インに入れたのは牡丹唐草ガーゼシャツの山吹。
先日の着合わせブログで寺町店からもご紹介がありましたが、合わせる色合いひとつで季節感を演出することが出来ます。

リネンの色合いにあわせた、山吹色の渋い色合いとガーゼ素材の持つ柔らかさが、固苦しくならずにまとめてくれます。
そして鬼刺し子の色に合わせた襤褸ネクタイ、ボトムには定番の瀟洒ジーンズを。

色、素材。そんなところから、一足早く季節を感じてみるのも粋ですよね。

古代人が見た風景2018.02.05

こんにちは!期間限定ショップの赤瀬です。
「絵心しりとり」心斎橋店の小谷店長から、私に回ってきたのは「す」。

みなさま、「杉本 博司」 という人物をご存知でしょうか!?

杉本博司は、現代美術の最前線で活躍する写真家のひとりです。
一般的に写真の作品というのは、目の前にある何かを写し、視覚的に訴える作品が多いのですが、杉本さんの写真は厳密なコンセプトと哲学に基づき作られます。

ジャンルで言うと、“コンセプチュアルアート”に分類されるのですが、杉本さんの存在を知ったのは、大学生の頃…、コンセプチュアルアートだの哲学だの、私にとってはとても難解で、今でも何がなんだか分かりません。

しかし、杉本さんの写真展で初めて本物の写真を見た時の衝撃は今でも忘れられません。色々な作品がある中のひとつ「海景」というシリーズ。

海1

海2

日本海、北太平洋、地中海…

どれも違う海を写しているのですが、空と水平線のみ、どれも同じ構図で、え?なんだこれは。
ただの海やん…と思うのですが、作品のコンセプトが

「古代人の見た風景を現代人が同じように見ることは可能か」

衝撃的でした!海は地球が出来た時から同じ形状なので、ここに写っている写真は確かに古代人が見たものと同じや! 私も古代人と同じ風景を見ている!と、ひとりでその写真の前で興奮したのを覚えています(笑)

先日、故郷である香川県に帰省した時、讃岐平野が一望できる場所へ行ったのですが、ふと、杉本さんの作品を思い出し、讃岐の生まれである弘法大師空海も1200年前に、同じ風景を見たのかなぁ…と、杉本さんの真似をして写真を撮ってみました。
写真3 (2)

街の雰囲気は違えど、讃岐平野に広がる山々の稜線は、弘法大師と同じものを見ているはず!!
今年は「空海が見た風景」と題して、一人で勝手にシリーズ化をしようと思っています。

という事で、次の人へのバトンは“杉本博司” の “し” です。

インナーから春のご準備を!2018.02.02

気まぐれ日記をご覧の皆様こんにちは、寺町店です。
最強寒波到来と言われ、寒さのピークが猛威を振るっておりますね。

さりとて季節は進みます。本格的な寒さが和らいできたときに、又、防寒アウターを脱いだ時には少しお洋服の色トーンも上げておいて頂き、今から準備をしておくのがおススメです。そんな着合せがこちらです。

画像①

人気の「市松ランダム釦ダウン長袖シャツ」(青)のインナーに差し込みましたのは、新作「The・ジパング陽月獅子ロンT」(生成り)。

唐獅子は生成りに黒で描かれその爪や牙など鋭く、又、胸元の大きな太陽が茜色にかすれがかった調子で輝いおり、日出づる国ジパングを想起させる文句なしのカッコよさ!

画像②
肌あたりの優しさもありながら生地も丈夫なジンバブエコットン製のロンTは、買って損なし!の私の中で絶対の信頼をもつ1着です。
スタッフ人気の高い「2WAYがま口inショルダ-バック」(黒)は、ちょっと差が付くコーディネートのアクセントになります。
画像③

対局を成すこちらのもう一色、(墨黒)にはシャツの(生成り)を合わせて。
全体が黒のトーンに青い月は、さながら草木も眠る丑三つ時。
画像④

(生成り)と比べると全てが対照的でシックで合わせやすい配色です。
シャツは(生成り)を選びバックも(茶)に。

画像5
本当はどれも1枚で見せたい柄・デザインなのですが、それは季節が進んだ時のお楽しみ!

もう少し寒さは続きますが、梅の咲く季節に備えてインナーはそろそろ明るいトーンを忍ばせてみてはいかがでしょうか?

次のシーズンへ向けてのご提案も色々とさせて頂きます、お近くへお越しの際は、是非お立ち寄りくださいませ。

衣スタッフ求人情報を更新しました2018.01.30

オスティア・ジャパン衣 リクルートページを更新しました。

衣好きにも、衣を知らなかった方にも。
日本のもの作りや、職人の想いを、スタッフの一員になって、一緒に伝えませんか?

ご興味があれば、それだけで十分な応募資格を持っておられます。
まずはお気軽にご連絡下さいませ。

リクルートページはこちら

カテゴリー

アーカイブ