BLOG

もやし2017.08.22

気まぐれブログをご覧の皆様こんにちは、寺町店の蓑輪です。

「本」というテーマでスタッフの様々な本との関わり方が更新されていますね。どのスタッフも素敵な事をつらつらと書いているので私も乗っかりたかったですが、普段本を読まないので嘘はやめておきます。

という事で今回は「おつまみ料理本」の「もやし」のページの素晴らしさをお伝えできればと思います。唯一真剣に読む本と言えます。
画像①
やはり休日には家でお酒を飲みながらモヤシをおつまむのが至高ですよね。そんな私にとってこの料理本は必要不可欠です。
画像②
男性の一人暮らしで料理に何を求めるかというと、やはり作業の少なさだと思います。簡単にパパッと。その点この料理本のモヤシページは工程が多くても3工程まで。素晴らしく生活に寄り添っていますね。大した調理工程は書いていませんが、活字と綺麗な写真で説得力がありますし作り手に安心感を与えてくれます。きっとそういう意図があるはずです。
モヤシも喜びます。
画像③
今のご時世クッ〇パッド等、ネットで調べた方が早いしお金もかかりません。でも本に書いてある事って説得力があるような気がします。本作るのもお金かかりますし、料理本に限って嘘は載っていないと思います。ページを眺めるのも面白いです。モヤシも喜びます。

皆様も久しぶりに料理本を広げてみてはいかがでしょうか。

オススメしてもらった本2017.08.15

皆様こんにちは。心斎橋店の小谷です。

今回のテーマは「本」。
もうすでに何名かのスタッフも書いておりましたが、私も本はあまり読みません…。本屋さんへ行くのは好きで良く立ち寄ったりもするのですが、「おもしろそう~!」と表紙を眺め、パラパラとめくって終了してしまいます(笑)

しかし、今シーズンから心斎橋店のスタッフとして加わってくれた林さんは本が大好きでして、色んなジャンルの本を集めております。というわけで今回は林さんに「本が苦手な私でも読める本を紹介して!」と頼みこみ(笑)、彼女に3冊オススメを持ってきてもらいました!

写真

「ミルク世紀」「恐竜の飼い方」「あたらしいことわざ絵辞典」。

タイトルだけでも、“なにそれ~!!”と言いたくなるような、惹かれるものばかりチョイスしてきてくれました!(笑)

ミルク世紀はとにかく最初から最後まで牛乳の知識。恐竜の飼い方はカンブリア紀~第四紀までに存在した恐竜たちの生態が事細かに掲載されており、あたらしいことわざ絵辞典は、例えば…【ヒョウはチーターではない。】→【とても似ているが全く別物だというたとえ。】こんな感じのことわざがゆるいイラストと共に掲載されています(笑)。

笑える部分が多く、私はこのあたらしいことわざ絵辞典が一番面白かったです。

こういった一見お茶目にみえる本からも、小説や難しい本からは得られない、また違った本の魅力があるなぁと感じました!

皆様、本が苦手な私でも読めるオススメな一冊があれば是非ぜひ教えてください!!(笑)

葛の柄で少しだけ秋を先取り!!2017.08.10

こんにちは!心斎橋店です。暑い日々が続いておりますね! 京都や名古屋に負けず、大阪も灼熱のような暑さの日々です。(笑)

しかし、暦の上ではもう立秋、、、。早いですよね~!! 今回は心斎橋店より、主衣の新作「葛前立てプルオーバー」を使った着あわせをご紹介させて頂きます。
写真

■スタッフ着用

葛前立てプルオーバー(インディゴ/F)
花ソフトジョッパー八分丈パンツ(灰/F)
煌めく菱ネックレス
ストローハット(薄茶/F)

こちらのプルオーバー、とにかく楽チン!の一言です!! 軽いので今の気温でもサラッと着用頂けます。 後ろの丈が少し長めになっておりますので、お尻まですっぽり隠れます。 細身のスキニーパンツ等を合わせて頂いても、キレイですよ◎ そして葛の柄で少しだけ秋を先取りです!(笑)

まだまだ暑いので、とにかく楽に、でもラフには見えすぎず…な、コーディネートを意識してみました。 いかがでしたでしょうか?

今回着用させて頂いております、インディゴの他に薄茶もご用意しております。 是非店頭へ見にいらしてください。

デジタル派?アナログ派?2017.08.09

こんにちは。名古屋店の丸山です。
今回は本がテーマ、ということで…。近頃は以前ほど読まなくなりましたが、好きです。本。

ブログを書くにあたって、本に関するネタは色々あるけどどうしようかな。と思い、自宅の本棚の写真を撮ってみましたが、結構漫画だらけでした(笑)。
本ブログ 1
今や電子書籍やインターネットなどのデジタルコンテンツで、必ずしも「本」そのものがなくても中身を読む事が出来る様になりました。確かに、保管場所をとらない(本を買って一番困るのがこれ)。誰かに貸したまま戻ってこない、なんて事故もない。

私自身もそういうものはもちろんうまく利用していますが、やはり読んだ実感としては残りにくいですね。

図書館へ行ったり文庫本を買ったりもしますが、気に入った本は単行本…所謂ハードカバーで購入することも多いです。
本ブログ 2

手にした時のずっしりとした重さ。

表紙のデザインやしおりの紐、紙の色などの装丁。

新しい本を開いたときの紙のにおい(古本にもまた別の味わい深さがあります)。

ページをめくる指の感覚、そして音。

読んでいる最中は内容に夢中でそんな事を考えもしていませんが、実は五感を使って楽しんでいるもの。CDなんかもそうで、ジャケットも含め「一つの作品」と思っているので、未だにダウンロードするのに抵抗があります…。意外に自分はアナログ人間なのかも?なんて思ってしまいます。

なかなか時間がなく『積ん読(つんどく)』が溜まるばかりなので、そろそろ本まみれの休日を過ごしたいと思います。

遠州~霞織り~特別受注会のご案内2017.08.07

オスティア・ジャパン衣ではこの春夏、遠州織りを使いたくさんの作品を制作してまいりました。

すでにご愛用頂いている方、またお店で手に取りご覧くださった方もいらっしゃるかと思います。

古くからの織り機でゆっくりと丁寧に織られた生地は、ガーゼのような柔らかな肌触り、そして職人さんの温かな思いが込められています。

今回、私たちは新たな遠州織りに惹かれました。
その名も~霞(かすみ)織り~。
生地
おぼろげな朝日を待たずに一帯を覆わんとする“霞”のごとき表情をした遠州織り。

この素材を使い、各店ごとに期間・数量ともに限りのある受注会を行います。

■受注素材■
遠州“霞織り” インディゴ・生成り

■受注アイテム/価格■
・衣 ジャケット/¥49,800-
・衣 ベスト/¥31,800-
・主衣 ワンピース/¥34,800-
・主衣 パンツ/¥28,800-
vest-1
そして、お仕立て頂く受注アイテムに柄入れオプションも。
今回は素材“霞織り”の風合い、に溶け込ませて良く似合うの柄をご用意させて頂いておりますので、
お好みの柄をお選び頂き、お好みの位置に是非柄をお入れください。
柄
・抜染柄 ¥1,000~
この柄入れオプションは、実店舗での開催のみとなっております。オンラインショップではオプション柄入れは出来ませんので、ご注意ください。
kasumiorijp
さらに、今回は特別受注会といたしまして、遠州“市松”織りを使った「長袖シャツ」の受注会も同時開催させて頂きます!
shirt-3
■受注素材■
遠州“市松織り” インディゴ

■受注アイテム/価格■
・長袖シャツ/¥24,800-

こちらも霞織りに負けないほど、魅力ある織り文様。是非店頭で、見て、触れて頂きたいです。

【お仕立て受付期間】

・8月 8日(火)~13日(日) 心斎橋店 (10日(木)は定休日です。)
・8月16日(水)~21日(月) 三条店
・8月25日(金)~30日(水) 名古屋店

・8月19日(土)~30日(水) オンラインショップ

【ご注意事項】

※価格はすべて税抜表記となります。

※柄の大きさ、アイテムの種類によりお入れることのできない柄や箇所もございます。あらかじめご了承頂きますようお願い致します。

※生地の特性上、生地の織りたての際に糸と糸をつなぐ事で生まれる“節”が出る場合がございます。
また製品の仕上げ時には洗いをかけさせていただきます。その際に生地の縫い重なった部分などにアタリと呼ばれる色落ちが生まれることもございます。
さらに、模様織り素材になっておりますため、生地の取り位置により、1着ごとに模様の出かたも異なります。
サンプルでご覧いただく作品を全く同じ柄どりにはなりません。この点も、事前にご了承頂きますようお願い致します。

※サイズ感に関しましても、生地により縮み具合には差異がございますため、
店頭にご用意しておりますサイズサンプル(オンラインショップでは表記寸法)は、
参考サイズとしてご確認いただき、仕上がりサイズとは異なる場合もございますことを、ご理解いただけますよう、お願いを申しあげます。

※服のお仕立て、柄入れ、ともに10月中旬の仕上がりを予定しております。
ただ、一点一点が職人による手仕事のため、仕上がりが遅れる場合もございます。
その際にはご迷惑をおかけいたしますが、あらかじめご了承いただけます様、どうぞ宜しくお願い申しあげます。

■オンラインショップをご利用のお客様へ■

「抜染による柄入れオプションはオンラインショップでは取り扱い予定はございません。上記ご注意事項にあわせ、作品ページに記載させていただきますご注意事項をご覧いただきましたうえで、ご注文いただけますよう、お願いを申しあげます。

■寺町店をご利用のお客様へ■

寺町店でも今年も寺町店らしい、特別な受注イベントを予定しております。近日ご案内させていただきますので、楽しみにお待ちくださいませ。

浴衣の楽しみ2017.08.02

いよいよ8月。ここ名古屋でも、暑い毎日が続いております。

暑さに負けそうにまりながらも、夏休み、お祭り、花火…となんだかわくわくするような言葉が耳に入ってきます。どこに行こう?何を着よう?浴衣で花火大会、なんて情緒があって素敵ですよね。

でももっと簡単に着る事ができたらな…なんて思ったことはありませんか? ありますよ!「浴衣アロハ」です!
15012282740211
浴衣をほどき仕立て直した、この世に一枚だけのアロハシャツです。見た目の涼しさも演出の一つです。インナーやボトムスも軽めの色で合わせ、さっと羽織るのが粋ですね。

さらりとした着心地のよさは浴衣ののまま。そして、おわかりいただけますでしょうか?
15012282159690
柄がきちんと合うようにポケットを付けているのです。細部にもこだわるのが衣らしさですね。

気軽に浴衣を楽しめるアイテムは、まだまだ他にもご用意ございます。是非お店に探しにいらしてくださいませ!

見て創造する本2017.08.01

こんにちは。三条店の近藤です。
私は昔から小説や雑誌等、ジャンル関係なく見てきましたが衣に入ってはまった本達をご紹介します。

日本の着物の文様や筒書きの柄を特集した本、皆様ご存知の葛飾北斎等・・・・、ここには載せきれない程の本をはまって買い漁りました・・・・。
画像2 (2)
決して字を読む訳でもないのですが、見てると改めて日本の文化や日本人の想像力、色彩の感性どれも素晴らしいなと考えさせられます。日本の伝統柄はこの時代になっても大切に受け継がれおり、衣でも桜や竹、松をはじめ七宝柄、籠目、鹿の子など様々な伝統柄を生地に表現し服を仕立ててます。

今年の秋冬もあの伝統柄を、皆様にお披露目いたします。楽しみにお待ち下さい。

夏と言ったらやっぱりコレ!2017.07.27

こんにちは、寺町店です。ついに来ましたね!夏、夏ですよ~!!気温も猛暑日の35℃まで上がる日もあり夏服を楽しむなら正に今!ではないでしょうか?

今回ご紹介させて頂きたいのは、ズバリ花火半袖Tシャツです。

日本人なら誰もが心躍る夏の風物詩「花火」。衣でも夏が来るたび、毎年のように出ておりますがこの柄を見るといつも、若い時分に見に行った花火大会の甘酸っぱい記憶や人だかりの熱気などを瞬間的に思い出してしまいます。

さて、余談はさておき今年の花火、どう着るか?こんな感じではいかがでしょうか?
IMG_2815

まずは紫色、トップスには花火に負けないくらい華やかな壮麗椿半袖シャツを引っかけて。

そして・・・、主役は背中の花火!!

IMG_2818

花火の明かりで薄っすら明るみを帯びた夜空のような紫に、花火が鮮やかに咲き誇ります。

続いて白、着物の染め職人の手により肌心地の良いシルクの生地に芥子が落とし込まれた芥子シルクアロハを羽織って。
IMG_2839

そして・・・、主役はやっぱり背中の花火(笑)!!
IMG_2841

こちらは枝垂れ落ちる花火が少し立体的にプリントされており、より臨場感のある1着に仕上がっております。

衣の花火柄はただの描写ではなく、どこか「情緒」が込められたような1着になっているように感じます。夏の定番として是非1着、お手にされてみてはいかがでしょうか?

「本」に見出す価値2017.07.25

気まぐれ日記をご覧の皆様こんにちは、寺町店の山田です。
思い起こせば・・・、私の本との出会いは小学校の社会の先生に勧めてもらった赤川次郎先生の推理小説でした。

じっとしているのはテレビアニメを見る時ぐらいで、難しい活字を黙って読むことに半信半疑だったのですが、読み始めて話が進み始めるとその展開が気になって気になって、テレビアニメや漫画と違い、一週間待たなくても続きが読めるところがまた良くて、誕生日にも図書券をお願いしたりする程、すっかり本の虫になりました。

ストーリーや謎が明かされていく部分も秀逸なのですが、なんといっても魅力的なキャラクターが多いのが赤川作品にハマった理由の一つでした。その仕草やお洒落な会話に子供ながらに大人の世界を垣間見ているようで、かっこいいなぁと憧れたモノでした。

未だに思いつたかのように古本屋さんで買ってしまう事もあります。
画像①

さて、では40歳になった現在、私が手に取る本はというと・・・、ファッション雑誌も読みますが、各種経済人や偉人の自伝など、「成功の秘訣」のような事が書いてある本を手に取ることが多くなって参りました。

もちろん読んだからと言ってたちまちイチローや本田宗一郎になれるわけではないのですが、この人もこんな苦労をして困難にも乗り越えてきたんだな、と自分の状況に置き換えて精神的な糧にしたりもするわけです。

で、ここ数年で私が最も影響を受けたのがこちら

画像②

そうです、プロレスファンである私の中での偉人と言えばこちらの小橋建太選手。「バーニングハート」の異名を取るこの選手、プロレス界でも指折りの一本気。1つの技や、1試合に本当に命を懸けているのが分かりますし、見ている観客も飾り気のないピュアなエネルギーだからこそ誰もが引き込まれてしまいます。

死をも恐れないそのスタイルに、何事も恐れず何事にも動じない鋼鉄の心臓と人は小橋選手を称賛しますが、文中で彼はこう綴ります。「心が強くて折れないなんて立派なモノではなく、結局僕はバカなんだと思います。ただのプロレスバカ。人間バカになり過ぎるのは良くないけれど、バカにならないと突破できないことも沢山あると思います」

色々な偉人の心構えや行動、ビジネスにおいての手法や発送なども「凄い!」と思わされますが、私にはこの言葉が一番しっくりきました。

小説など娯楽の為の「本」から、生きるヒントを得る実用の為の「本」へ。私の「本」に見出す価値も年齢と共に移り変わっているようです。

皆様はどんな「本」を読まれますでしょうか? 赤川作品、自伝書に関してはまたおススメさせて頂きますので、皆様も是非おススメあれば教えて下さいませ!

お好みの1文字をお好みの衣に・・・名入れ手刷り印刷受注お承り致します。2017.07.23

気まぐれ日記をご覧の皆様こんにちは寺町店です。

梅雨が明け、連日のように猛暑日が続く毎日ですが皆様お元気にお過ごしでしょうか?店頭にもほぼすべての今年の夏物作品が揃いました。

夏休みのご旅行のお供に、ちょっと遊びに行くのに、何か新しい自分らしさのあるTシャツやシャツが欲しいなぁ・・・、そんなお客様の為に寺町店よりちょっとしたサービスを。

7月24日(月)より7月30日(日)までの1週間の間に、寺町店にてTシャツやシャツなどをお買い求め頂きましたお客様に、お名前様などお好きな漢字から一文字を選んで頂き、「篆書体(てんしょたい)」にて、その文字をお買い上げの作品にもれなくプリントさせて頂きます。個性あふれる衣の洋服を、さらに自分オリジナルの1着に!

例えば私、山田の「山」を青プリントでデカ鯰Tシャツの袖口に入れてみたり・・・
画像①

楽しい妖怪大集合半袖シャツに赤で「楽」の一文字を紛れ込ませたり・・・
画像②

角字衣リメイクTシャツの後ろ首元に白で寺町店の「寺」を入れてみたり・・・
画像③

選べるプリント色は赤・青・白、是非、皆さま仕様の衣にアレンジして頂けます。気になっていたあの作品やこの作品なども、是非、この機会に手に入れてください!

※シルク素材・ニット素材・革素材・アンティーク素材の作品など、一部、対象外の作品もございます。
※プリントを入れて頂く位置はお選び頂けますが、部位によってはプリントが出来ない部分もございます。
※作品のお渡しまではイベント期間終了後~2週間前後お時間を頂戴いたします。

カテゴリー

アーカイブ