BLOG

夏と言えば金魚で決まり!!‐三条店限定‐2018.04.27

皆様、こんにちは!!三条店です♪

一気に夏がやってきましたね!!
そんな夏に着たくなる柄といえば、、、そうです!!金魚です!!(笑)

国籍問わず人気の高い金魚柄をモチーフに、三条店限定でTシャツとワンピースがお目見え致します!!

迫力抜群の金魚に圧倒されますのはもちろんのこと、素材はやわらかく、お肌にもやさしいオーガニックコットンでお作りさせて頂きました!!

IMG_2275

夏らしく1枚でさらりと着こなして頂くのはもちろん、カーディガンからちらりと金魚が見え隠れするのも面白い1枚ですね♪

是非、店頭で直接触って、着て、楽しんでみて下さい!!

皆様のご来店をお待ち致しております!
また、メールやお電話でも、お問い合わせくださいませ。

オスティア・ジャパン衣 三条店
 TEL :075-221-3553
 Mail :koromo-sanjo@kodaishin.jp
 営業時間 12:00~20:00(不定休)

心斎橋店限定! -牡丹金魚-2018.04.27

皆様こんにちは。心斎橋店小谷です。
いよいよ明日からゴールデンウィークが始まりますね!
ご予定はお決まりでしょうか?

心斎橋店からこれから始まる暑い季節にピッタリな、涼しげな作品をお知らせさせて頂きます!!

「心斎橋限定 -牡丹金魚-」
IMG_8003

まずはメンズから。
さらっと風を通すような綿麻生地。
前はあえて柄をなにも入れず、シンプルに。
背中は迫力満点な金魚と牡丹の花を一面に。
背中で語れる大胆な一着です!

<サイズ> S/M/L/XL
<価格> ¥13.800(税抜)

そして、レディースはワンピース。
柔らかいカットソー生地で仕上げました。
こちらは全面に柄が入っております。
シルエットが美しく、女性らしさが際立つ一枚です。

<サイズ> F
<価格> ¥14.800(税抜)

どちらもこれからの季節には絶対に重宝する一着。
大胆に堂々と入った牡丹金魚柄がとっても映えます。

どちらも心斎橋店数量限定品となりますので、是非、お早目に見にいらして下さい!!

お店へ来られない方は、下記よりお問合せくださいませ。

『オスティア・ジャパン衣 心斎橋店』
 Tel:06-6120-9898
 Mail:koromo-shinsaibashi@kodaishin.jp
 営業時間 12:00~20:00(毎週木曜定休日)※5月3日(木)は通常営業いたします。

【名古屋&Online shop】屋根より高い…2018.04.27

季節が巡り、気がつけばもう5月。
過ごし易い陽気になり、新緑も目に鮮やか。
晴れた空に悠々と泳ぐ鯉のぼりの姿もよく見かけるようになります。

端午の節句に鯉のぼりを飾るようになった由来には様々な説がありますが、中国の故事「登竜門の伝説」が有名ですね。
龍門の滝を昇りきった鯉だけが龍になることができる、というもの。
そこから、立身出世の象徴として鯉のぼりを掲げるようになったとか。

そんな縁起の良い「こいのぼり」。
オスティア・ジャパン衣でもこれまで何度か登場しておりますが、今回は衣の定番インディゴ撚糸に大胆に柄を落とし込みました!
半袖Tシャツにワンピース。
どちらもしびれるような渋格好良い仕上がりです。
鯉のぼり
限定 鯉のぼり半袖Tシャツ
色:インディゴ
サイズ:S、M、L、XL
価格:8,500円(税抜)

限定 鯉のぼりワンピース
色:インディゴ
サイズ:F(1サイズ)
価格:19,800円(税抜)

名古屋店・オンラインショップのみでの販売となります。
どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

■オスティア・ジャパン衣 名古屋店
Tel:052-252-5270
Mail:koromo-nagoya@kodaishin.jp
営業時間 12:00~20:00(毎週木曜定休日)
※毎週木曜定休ですが、5月3日は営業いたします!

■オンラインショップご利用のお客様へ
・作品の販売開始は4月28日(土)00:00より販売開始!!
 4月27日(金)から日付が変わるタイミングです。
 ぜひ、お見逃がしのありませんように!

鳥だ!飛行機だ!いや、ガイコツのプロレスだ!- 寺町店 限定 -2018.04.26

春、というよりは夏に近い気温となって参りましたね。

そんな暑い季節に、寺町店では昨年大好評を頂戴しましたあの柄が、パワーアップして再登場いたします!
画像①

そうです、「ガイコツのプロレスTシャツ」第2弾です!!

今回は墨絵手描きで表現されており、よりリアルに、より「熱く」、そして世界中どこにもない1着として仕上げられております。選ばれた技は、やっぱり前回の1番人気でございましたあの技。

そもそも墨絵とは、いわゆる水墨画でのことであり、「墨」一色の濃淡やその筆の線の強弱やカスレなどで様々な表現を付けて表現されるもので、幽玄な「山水図」などご存知の方も多い事かと思います。

そんな墨絵の技法を用い、衣職人が1着ずつ時に大胆に時に繊細な筆使いで、丹精込めて描き上げた前代未聞の1着となっております。

はてさて、墨絵でプロレスが描かれたことがかつてあったでしょうか!?

本作品は画像でご覧いただくよりも、実際に見て、着て頂いた方が更に面白いTシャツかと思います。

画像②

是非、この春夏の楽しいお出掛けに、そしてご自身だけの1着として、プロレスファンの皆様にはマストアイテムとして(笑)こちらのTシャツをご覧にいらしてくださいませ!

寺町店へのご来店ができないお客様は、ぜひ下記の店舗連絡先までお問い合わせくださいませ。

オスティア・ジャパン衣 寺町店
 Tel:075-212-6353
 Mail:koromo-teramachi@kodaishin.jp
 営業時間 11:00~20:00(不定休)

上から下まで春に良い色で!2018.04.26

一気に真夏日が続き、寺町通りを歩くお客様も半袖姿の方を多く見かけるようになりました。
いよいよ春も真っ盛りですね!

今回はそんな明るくて穏やかな日差しと相性の良い白の七分袖シャツと、衣自慢のインディゴ撚糸Tシャツ、そしてカラーパンツという春の気分に合う、おススメの着合せをご紹介させて頂きます。

画像①
花陽蓮 七分袖シャツ
夢想芥子 半袖T
エンジニアパンツ
「古布ストール」
の組み合わせです。

画像②

画像③

白の綿麻素材の七分シャツは、その羽織感の軽さや白地に白で入ったプリントが何とも涼しげに映えるお仕立てで、人気の1着です。かすれ感の楽しめる青いプリントの雰囲気も新鮮!

また、からし色のパンツとも相性が良く春を感じさせる組み合わせで、この白シャツとからし色のパンツは個人的に好きでおすすめです。

画像④

また、インナーのインディゴ撚糸Tシャツも今回はいつもと少し違います。
大胆に抜染された左見頃から柄が反転しており、細やかに描かれた芥子の花は、夢か現かその名も「夢想芥子」と名付けられています。

一輪咲いた手振り刺繍も含め職人技の数々が散りばめられたこちらは、衣の「能書き」通り、命を吹き込まれたような作品です。

画像⑤
バックプリント、左袖後ろに入った芥子の柄もニクイ演出ですね!

首元の古布ストールからパンツまで、この時期に良いモノばかりです。
是非、一度店頭にて一通りお試しになってみて下さい、きっと気に入って頂けると思います!

海外の教育に触れて参りました!2018.04.23

こんにちは!寺町店の林です。
今回のテーマは「体験・見学」ということで…、3月上旬に行って参りましたオーストラリアでの国際交流の体験を少しお話します!

以前に一度行ったことがあったのですが、今回は、オーストラリアの幼稚園や小学校へ行って参りました!
ただ見学するのではなく、子どもたちと遊んだり話してみたり…、自分の英語の拙さを痛感しながらも、キラキラした笑顔の子どもたちに救われました。

31659_(写真1)

オーストラリアでは、朝食と昼食の間にmorning teaという時間がありまして!
主にフルーツを食べるのですが、子どもたちはそれぞれ家庭から持ち寄っていました。
毎日こんなおやつを食べる時間があるなんて、本当に羨ましい限りです(笑)

31660_(写真2)

驚きや発見は教育現場だけでなく街中にも溢れていました。
この下の写真に写っているもの・・・、なんだと思います???

31661_(写真3)
実はこの木からぶら下がっているもの・・・・・、蝙蝠なんです!
衣の「蝙蝠ストライプパンツ」にいる蝙蝠のイメージとは少し変わってきますが、まるでたわわに実っているかのようでした(笑)

日本を飛び出して海外を見てみると、感情表現ひとつ取っても、日本ではあまり使わないような表現が自然と出てきたり、できたりするもので・・・。

衣の店頭でもたくさんの海外からのお客様とお会いしますが、実際に使ってみると、すんなりと受け入れられたりするものですね。

拙い英語でも「えいっ」と勇気を出してみるだけで、案外受け入れて貰えるものです!
それは私たちが海外の方から日本語で話しかけられる時と同様ではないでしょうか!?

31662_(写真4)

ちなみに、お供に連れて行った「古都刺繍 スカアロハ」!バックは南太平洋でございます!現地の方々からも好評で、これをきっかけに声を掛けられたことも(笑)
きっかけなんて、どこにでも転がっているみたいです!

惚れ惚れする1枚2018.04.19

こんにちは!!三条店です。

今回ご紹介させて頂きますアイテムは、その名もくくりひめワンピース
なんて愛らしいネーミングなのでしょう!!(笑)

この「くくりひめ」とは石川県にある白山比咩(しらやまひめ)神社の祭神で、菊の字を名に持つ「菊理媛神(くくりひめのかみ)」が由来になっています。

「くくり」とは「括る」にも繋がり、現在は「縁結びの神」としても崇敬を受けているのだそうです!

くくりひめ
この凛とした大柄の菊に思わず見とれてしまう・・・、そんな迫力満点の1枚です。
上品さを引き立たせてくれる麻素材と大判の菊柄の相性も◎

更に身頃と袖に縫い目の切り替えがないひとつながりのデザインなので、いざ着てみると楽ちん!
もう言うことなしの優秀なワンピースなのです♪

くくりひめ
ワイドパンツと合わせる際は、前を開けて羽織りとして使って頂くのもオススメです!!
今回の着あわせには蝙蝠-こうもり-ストライプパンツをあわせてみました。

クールにもカジュアルにも着て頂け、楽しい1枚ですね!
是非、衣各店に実物を見にいらして下さい♪

紙漉き体験2018.04.17

皆様こんにちは。
前回のしりとりブログが終わり、新しいブログテーマは「体験・見学レポート」。

衣スタッフのそれぞれのブログが今からとても楽しみです!
トップバッターは私、心斎橋店の小谷が努めさせて頂きます。(笑)

私はこの機会に!と思い、以前より一度行ってみたかった『紙漉き体験』をしに東大阪市へ行ってきました。

紙漉き体験を始めはテレビで知りましたが、毎日触れる“紙”に意識したことが無かった私は、今も続く伝統的な製紙法にすごく興味が湧きました。

今回私が体験させて頂きました工房は『紙TO和』さんです。

教室内に一歩足を踏み入れた瞬間から、友禅で染められた総柄の綺麗な和紙がたくさん並んでおり、とても惹きつけられました。
ブラインダーや畳まで、全て和紙で出来ており驚きです!!

1

職人さんに一通りの説明と、お手本を見せて頂き、早速実践です!

2

3

和紙の原料となるコウゾがたたきほぐされた繊維に水とトロロが加えられ、溶けてドロドロになった液体の中に木枠を垂直に入れ、前後左右に動かしながら均一の厚さにしていきます。

均一な厚さにならなければ、水の中に戻してまたやり直し。コツを教えて頂きながら数回繰り返しました。

4

次に漉いた和紙の上に押し花を乗せてアレンジし、水を吸い取り、
85℃前後の鉄板に貼り付け、30分ほど乾燥させれば完成です!

5
薄すぎても、厚すぎてもダメ。均一な厚さにするのは難しかったです。
しかし、すごく丁寧に教えて頂きとても楽しい体験時間を過ごせました。

和紙といってももちろん様々ですが、衣と同じ、“手作業”という部分において原料を育て、紙をすく職人さんの想いが一枚一枚に込められており、すごくあたたかみを感じました。

スマートフォンやパソコンでのメールも、もちろん便利で良いですが、古くから伝わる和紙をもっと使用していこうと想いました。

そしてなによりも、仕上がった自分で漉いた和紙は愛着湧きます(笑)
今回作った作品はランプにして部屋に飾ろうと思います!

ブルーのグラデーション2018.04.14

だいぶ日が長くなって、日中も気温がぐんとあがるようになりました。

暑くなるこれからの季節に着たくなるのが麻素材のもの。
そんな麻素材の新作を、名古屋店よりご紹介いたします。

筒描き風唐草抜染半袖シャツ
似た物同士インディゴ七分T
15232698750032

半袖シャツだけではまだちょっと早いこの時季。
上にジャケットやカーデを合わせるのももちろんいいのですが、ぜひともこの「似た物同士」でレイヤードしてみてください。

この、袖から覗くオオサンショウウオ。可愛い!!
15232698603040
そして鯰。可愛い!!
15232698690901
こちらの半袖シャツは唐草の文様が映える無地の物と、着合わせに使用したポップな石畳のような地模様のものの二種類です。
15232698829573
インナーのインディゴ撚糸と共にブルーのグラデーションで爽やかに合わせてみましょう。
ボトムは明るめの色をもってくるとさらに涼しげに見えますよ。

色、素材。少しだけ先の季節を意識する、そんな粋な着合わせをお楽しみください。

スタッフブログが新テーマに!2018.04.11

いつもオスティア・ジャパン衣をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

スタッフによる「テーマしりとりブログ」こと、「絵心しりとり」を昨週までお贈りしてまいりました。

楽しんでご覧いただけておりましたでしょうか? 最後は見事「ん」で終わる結果となりましたね。

4月も中ほどにさしかかり、社会人は新生活が始まったり、学生さんも新入生や新学年、期待と不安の入り混じる季節。

そんな季節の移ろいゆく中、スタッフブログのテーマも新テーマに!

今回のテーマは…「体験!見学!レポート!」です。

先週末には名古屋店と心斎橋店で「手彩色体験」を開催させていただきましたが、物を作りだす。って何だか楽しいもの。

私どもは普段から「服作り」をして、スタッフもその作り方を体験したり、見学したりしています。

しかし、この日本には数多の「もの作り」があり、その現場がありますね。

そんな「もの作りの現場」をスタッフが実際に行って、見て、時には体験して、レポートにしてもらおう。と、そんなテーマです。

すでに体験してきた!という声も聞こえてきております。何と楽しそうなその様子、次週よりお披露目させていただきます。お楽しみに♪

カテゴリー

アーカイブ