BLOG

クリスマスの楽しみ2018.01.29

皆様こんにちは。心斎橋店の小谷です。絵心しりとり、山田店長より受け継いだ言葉は「ク」。

「ク」と言われた瞬間、これしかない!という絵が頭にパッと浮かびました。
少路和伸さんという画家さんの絵です。
写真1
毎年クリスマス近くになると心斎橋付近で個展を開かれており、その個展へ遊びに行くのが、私の毎年の楽しみなのです。

「クリスマス」をテーマに幻想的な風景と、サンタクロースが描かれている絵は、ジッと見つめているだけで引き込まれそうなほど、魅力的です。
写真2

正直、美術や芸術などにそんなに詳しくない私は、美術館や資料館などにも、あまり行ったことがありません。
しかし、小路さんの絵は初めて見た瞬間から、その世界観に圧倒され、毎年必ず行きたくなるのです。

気付けば2017年でもう4度目でした。

特に好きな絵のポストカードも集めており、飾ったり、メッセージを書いてクリスマスカードとして贈ったりしています。

写真3

2018年も始まったばかりですが、もうすでにクリスマスが待ち遠しい次第です。(笑)

ではでは、私からのしりとり言葉はクリスマスの「ス」を受け渡したいと思います!
それでは次の方、期間限定ショップの赤瀬店長、よろしくお願いしまーす!

春を先取りしちゃいましょう♪2018.01.26

こんにちは!三条店です。

今回ご紹介させて頂きますのは藍澄みの大輪牡丹 二重コートです。
季節を先取りしたスプリングコートが入荷致しました!!
写真1 (2)
その名の通り、生地が2枚重ねで作られておりますので、透けず、安心して着る事ができ、中に着られます、
インナーへの色移りの心配も軽減する事が出来ます!!

今の時期でしたら、インナーにタートルネックを合わせて頂き、こちらをアウターの下に着て頂くのがベストなコーディネートです!!
下はお写真の着合わせのようにシルエットの太めのパンツにも、細身のパンツにもよく合いますよ♪

写真2 (2)

生地もとても軽やかで、歩く度にふわっときれいなシルエットを描いてくれますので、とても華麗な1枚なのです・・・。

牡丹総柄の物と2種類ご用意しております!!
お好きな方を今年のスプリングコートにお選び下さいませ♪

名古屋店 閉店時間 臨時変更のご案内2018.01.24

いつもオスティア・ジャパン衣 名古屋店にお越し頂き、ありがとうございます。

降雪による交通機関等への影響から、誠に勝手ながら名古屋店は本日19時にて閉店をさせていただきます。

ご迷惑をお掛け致しますが、どうぞよろしくお願い致します。

降雪の影響による荷物のお届け遅延について2018.01.23

【オンラインショップをご利用のお客様へ】

いつもオスティア・ジャパン衣をご愛顧いただきまして、ありがとうございます。

昨日に降りました雪の影響から、高速道路等の交通規制など、関東甲信地方を中心に荷物のお届けに遅れが生じております。

また明日以降も降雪の予報が出ている地域もあり、関東甲信地方に限らず、お荷物のお届けに時間がかかる場合もございます。

お届けご希望日を頂いておりました際にも、猶予を持ってお荷物の発送をさせていただくのですが、遅延の可能性もございます。

ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解のほどをお願い申し上げます。

Online shop

衣福助人形

キューブリック2018.01.22

気まぐれ日記をご覧の皆様こんにちは、寺町店の山田です。
今回の「絵心しりとり」ですが、バトンとなる言葉は「き」ということで、今回はかつてどっぷりハマった映画監督「キューブリック」(スタンリー・キューブリックです(笑))による映画作品をご紹介させて頂きます。

ご存知の方も多く、一度は目にしたことがある!という方も多いかと存じますが、今回ご紹介したいのはそのストーリーや内容は?ということではなく、私がこの監督の作品にハマった理由である「色彩」についてです。
その中で、今回はSF映画の金字塔「2001年宇宙の旅」をご紹介させて頂きます。

画像②

まずは宇宙船ディスカバリー号船員の宇宙服。
宇宙服のイメージは通常白ですよね、しかし本作で登場する宇宙服はコチラの赤。白い船内に真っ赤な宇宙服がなんとも鮮烈です。

画像③

続きまして、これまた白い枠に朱赤の摩訶不思議な形の「ボールチェア」
何とコレ、今をさかのぼる事40年前のデザインなんです!当時は100万円と言われていたこの椅子に当時どれだけ憧れたことか・・・。※今ではイミテーションが2万円程でも買えるようです。

画像④
そして、最後は「スターゲート」というワープゾーンのような場所を通り抜けるシーンなのですが正に極彩色!CG未発達であった当時にアナログな手法で映画の一コマにおよそ3分と気の遠くなるような作業量の果てに完成したそうです。正に異空間旅行を目にしたような衝撃でした。
画像⑤
これら全てが鮮やかに映え、90年代の後半あたりにこれを見た私にとって、やがて来る2001年という未来そのものを感じさせてくれたのを覚えています。

又、キューブリック自身は、とにかく妥協を許さない完璧主義者であったことで有名です、そんな彼の作品だからこそ私のようなアートに鈍かった人間をも引き付けられたのかも知れません。そして、それはどこか私が惹きつけられた「衣」のデザイナーである、「衣主」の姿勢とも重なります。

さて、お次のしりとりの頭文字はキューブリックの「ク」。
スタッフそれぞれの個性が少し垣間見られる面白いテーマかと思います、是非、次回もご覧くださいませ!

ひらひらと春の下準備を。2018.01.19

みなさん、こんにちは!心斎橋店です。

わいわいと年も明け、またお仕事の日々がスタートされたと思いますが、楽しい服と楽しい予定で今年も元気に宜しくお願い致します!!

さて、今回、心斎橋店からは可愛らしいシルエットのスカートを主役に、レディースコーディネートをご紹介させて頂きます。

写真1

チェック牡丹満月スカート(インディゴ/F)
牡丹唐草タートルネックロンT(黒/F)
・ニットプルオーバー(橙/F)
細革ベルト(こげ茶/F)
2wayがま口inショルダーバッグ【蓮】(茶/F)
矢羽根菊ネックレス

贅沢に生地が使われているスカートはボリューム感があり、ひらひらとしたシルエットで足首を綺麗に魅せてくれます。

写真2

もちろん!”衣”といえばの抜染文様も綺麗に施されていますよ!。

スカートと同じくらい存在感を放っている、がま口ショルダーバッグは着用のカラー以外に、こちらの写真の様に手前から【蓮】(黒/F)、【蛙】(黒/F)(茶/F)のご用意がございます。

写真3

続々と登場する衣の新作たちをお迎えに、是非お店にもお越しくださいませ!
楽しみにお待ちしております◎

着るをつなぐ2018.01.17

いつも、気まぐれ日記をご覧いただき、ありがとうございます。

妙な気温の変化に着るものを迷うここ数日。
「着る」は私たちの生活になくてはならない行動です。

制服の様に決まった服を着る時があったり、私服といわれ着るものを楽しむ時もありますね。
毎日毎日、着あわせを考えると「どうしようかな~」と悩んだりする事もきっとありますよね。

そんな毎日の「着まわし」に、衣スタッフよりヒントをお届け。

『着るをつなぐ』

この梅春の新作を中心に、スタッフが色んなコーディネートで着まわします。
色あわせのヒントにも、お持ちの新作のプラスアイテムのヒントにも。

本日より、フェイスブックにて隔日予定で掲載いたします。
ぜひ毎日の参考にしてください。

https://www.facebook.com/koromo.kyoto
Screenshot_2018-01-17-16-39-47

初めての感動2018.01.15

皆様、こんにちは。三条店の山口です。
今回のスタッフブログはテーマが「絵心しりとり」。

そして名古屋店の丸山店長の「もののけ」からの「け」から始まるワード…、「゛(濁点)」をつけさえていただき、私が小学生の時に出会った「劇団四季」について書かせて頂こうと思います。

学校の芸術鑑賞で初めて「ウエストサイドストーリー」を見に行き、その時2階席だったのですが表情まで伝わるほどの迫力があり衝撃を受けました。

出演者はもちろん、細部まで整った衣装、セットが大好きでほんとに好きな作品は5回くらい見に行ってます。笑

美女と野獣は衣装が主役はもちろん脇役の方まで可愛く、セットも隅々まで凝って最後まで飽きません!

そして私の一番大好きな「オペラ座の怪人」は今京都で公演されてますね。この作品は音も大好きでサントラまで持ってます。
写真1
これは初めて見に行ったオペラ座の怪人のパンフレットです。

是非皆様も生で体感してみて下さい。では次につながる文字は「劇団四季」の「き」をお願いします♪

エンジニア×モダンテイスト2018.01.12

まだまだ寒い季節。でも、年が明けるとなんだか春物が気になり始めますね。
オスティア・ジャパン衣のお店にも、少しずつ春物が顔を出し始めていますよ。

名古屋店から今回ご紹介するのはそんな新作!エンジニアパンツです。

その名の通り、エンジニアの方々がパンツやつなぎの上からはくオーバーパンツがモデルになっており、ゆったりとしたシルエットやポケットの釦などにその名残を見ることができます。

そのゆったり感を活かして、やや腰を落とし気味にサルエルパンツ風に履くのもおススメです。インディゴとの相性の良い「灰」「深緑」「からし」の3色展開。
15154710280980
名前だけだと、やはりガツっとカジュアルにあわせたくなりますが、ここはあえて外した合わせをご紹介。
春らしい明るい「からし」を使って、ちょっとモダンな雰囲気の着合わせに。
1515571014143
遠州カツオ刺子ジャケット
市松ランダム総柄釦ダウンシャツ
襤褸ネクタイ
エンジニアパンツ
雲柄革ベルト

【スタッフ身長177cm/全てMサイズ着用】

いつもの着合わせも、ボトムの色ひとつで季節感を出す事ができます。
生地も軽く、春に履きたくなるパンツですね。

絵心しりとり 「ころも」の「も」から2018.01.11

新テーマ「絵心しりとり」。トップバッターの名古屋店の丸山です。

はじめは「ころも」の「も」から始めさせていただきます。アートで「も」。モネ?モザイクアート?
どれもしっくりこない…と悩みに悩んだのですが、ありました!衣にもかかせない存在の「も」!

「物の怪」そう、もののけ。妖怪です。

画集

衣のスタッフにも妖怪好きは多いのですが、何を隠そう私もそのひとり。
思わず…というか、ついつい…というか、画集を買ってしまったり、美術展を見に行ったり、と一人でひっそりと楽しんでいます。

中でもすきなのは付喪神です。
もともとは科学の発展していなかった昔むかしに、説明のつかない“現象”に姿と名前をつけられたものだった(という説もある)妖怪ですが、付喪神は長年使い続けた“モノ”に魂が宿ったもの。しかも、付喪『神』なのに、妖怪。
画集をみていても、なんだか妙に愛嬌のあるものが多かったりします。

こたつ

こたつの妖怪とかあまりに可愛くてたぶらかされたいとすら思います。(←誰にもわかってもらえません)

そうそう、絶滅が心配される妖怪ですが、現代の世にもしぶとく生き残っているものもいるみたいです。
15136655924040
いそがし

モノに魂がやどる。それはとても感覚的ですが、日本人のDNAみたいなものだなぁとも思います。

さて、というわけで「ころも」→「もののけ」→お次は「け」からスタートです!お楽しみに!!

カテゴリー

アーカイブ