BLOG

「謎」2007.10.09

皆様こんにちは。
衣スタッフと皆様をつなぐ“気まぐれ日記”ですが、
今回も、無事ひとまわりする事が出来ました。
常に流れ続ける時間の中で、衣スタッフ達の感じる「今」。
旅行や、最近体験したタイムリーな事から、
趣味や変わらずに好きでいる事・・・まで、
少しでも衣スタッフ達の感じた“自由な気持ち”を知って頂ければ幸いです。

 さて、次回からの主題ですが・・・
今回、私たち衣のシーズンテーマにもなっている「謎」について、
お聞かせしたいと思います。
 ずっと分らなかった「謎」。
 いつもと違った出来事に出会った「謎」。
 科学や研究では証明出来そうにない「謎」。
突きつめていくと、何だか頭が痛くなりそうなテーマかもしれませんが、
でも・・・きっと、それはとても興味深くて、不可思議で、
そしてすごく夢のある事だとも思うのです。

「謎」というテーマの元、どの様な体験談が飛び出してくるのでしょう。
是非、お楽しみに・・。

西国三十三ヶ所2007.10.01

みなさんこんにちは。
名古屋パルコ店の園原です。
みなさんは、お寺ってお好きですか?

私は奈良出身ということもあり、身近にたくさんのお寺があったせいなのか、
お寺に行くのが好きです。
お寺の外観を眺めるのももちろん好きなのですが、
本堂に足を踏み入れた瞬間に変わる厳かな雰囲気、漂うお線香の香り、
壁や天井に施された装飾、今にも動き出しそうな仏像達・・・、
まるで異空間に迷い込んでしまったような強烈な刺激なのに、
何故だか落ち着くその感覚が好きなのです。

 そんなお寺好きがエスカレートして、ただお寺に訪れるだけではなく
近畿地方にある定められた三十三ヶ所のお寺を巡り、それぞれのお寺で巡礼の証に
「御宝印」を掛け軸や納経帳に頂く「西国三十三ヶ所巡り」を2年前から始めました。
西は姫路から東は岐阜まで近畿各地に点在しているので、全てのお寺を巡るのは
はっきり言ってとても大変でした。
でもそれ以上に、お寺までの道の草木に日常生活の中で
忘れてしまっている小さな自然を感じたり、
巡礼をしていなければ訪れることはないだろうと思う土地にたくさん行けたり、
とても有意義な時間を過ごすことが出来たと思います。
 そして何よりも目標を持って日々を送ることの大切さと、
目標にゴール出来た時の達成感は忘れられないものとなりました。
 みなさんも何か興味のあることにもう少し深く踏み込んでみてはいかがでしょうか。
何かに真剣に取り組むと、毎日をもっと楽しく有意義に、
そして新しい何かが見つかるかもしれませんよ。
Photo

一期一会2007.09.30

気まぐれ日記をご覧の皆様こんにちは。
本日は、私たちが体験した出来事について

綴りたいと思います。

それは、先月の ある晴れた日の事でした。
私たちは、ある目的を胸に、京都市内を車で奔走していました。
時には狭い路地を、時には厳かな神社の境内を、
“かん”だけを頼りに進んで行ったのです。
小脇にはカメラを、手に持ったカバンにはたくさんの商品達、
そして、私たちの目線の先にはいつでも「人」がいました。
私たちが作る“衣”の洋服を、粋に着こなしてくれる「人」。
あたたかくて、温もりがあって、一生懸命な人。
そんな方達を探して、そして そんな素敵な出会いを求めて、
奥へ奥へと足を運ばせました。

 写真を断られた事もありました。
言葉をうまく選べず、歯がゆい思いをした事もありました。
けれど、生きてる「人」に着てもらった衣の服は、
本当に生き生きとして見えました。
袖を通して頂いた瞬間の空気、
背景と、人と、服が合わさった時の雰囲気、
すべてを飲み込んで、そして、すべてに飲み込まれて、必死に私たちはシャッターを切りました。
 ご協力頂いた皆様、本当にありがとうございました。
おかげで、無事カタログを作成する事が出来ました。

 店頭にて、この模様をお伝え出来るまであと少し。
今しばらくお待ち下さい。

 お忙しい中 写真撮影にご協力頂いた皆様、
本当にありがとうございました。
心より感謝致します。
一期一会の出会いだとしても、少しはにかんだ、少し照れたその笑顔は、
決して忘れる事はありません。

3

Photo

2

’07秋冬展示会開催のお知らせ2007.09.29

超能力や宇宙人。
心霊現象や古代文明。
実体がよく分らず、説明のつかないものは全て・・謎・・。
“創造性”という体の中の細胞が、
どうやって「衣」を紡ぎだすのかも、実は『謎』。

   この秋「衣」のお題は ~謎~

 来たる10月6日(土)から10月14日(日)まで、店頭にて’07秋冬展示会を開催致します。
店頭に並ぶ事を夢見…衣スタッフが“謎”というテーマを追いかけ、24作品出展いたしました。
その中から選ばれし4作品が晴れて衣の商品として店頭に発表される予定となっております。
スタッフが考え、スタッフが選んだ、作品達を是非ご覧下さい。

期間中、お手元に届きましたハガキもしくは右下ハガキ画像を印刷したもの
(御住所・御名前未記入は無効となります。お気を付け下さい)
をご持参の上、5,000円以上お買い上げの方に先着でオリジナルノベルティを贈呈致します。
※数に限りがございますのでご理解ご了承ください。

また、今回より、ネットショップでもこの作品達をご覧頂く事が可能になりました。
もちろんご購入もして頂けます。

店頭6店舗と、ネットショップでの『衣’07秋冬展示会~謎~』、
是非お楽しみにしていて下さい!
07awdm

「シチリン」2007.09.24

皆さんこんにちは。
名古屋パルコの酒井です。
先日、大学のサークルの友達と学校近くの河川敷で

バーベキューをしたのですが、今回はその時のことを書こうと思います。
バーベキューをやろうという話が出たときから僕はどうしても欲しいものがありました。

・・・それは“七輪”です。
どうしても七輪を使いたい!!と思って近くにあるお店を探したりしたのですが見つからず、
「もしかして七輪って最近は売ってないのかな?」などと思いながら、
半ば諦め気味でホームセンターにむかい、買い出しのついでに探してみました。
キャンプやバーベキューの用具を売っているコーナーをウロウロしていると
[七輪」と書かれた札があったので見てみると・・・
僕の思い描いていた昔ながらの七輪ではなく、金属製の現代的なものでした。
   名前も「ザ・シチリン」・・・。
イマイチ風情は感じられない・・・。
自分の想像とギャップがあり過ぎて、
悩みながら行ったりきたりしていたのですが、結局購入してしまいました。
結果、かなりの大活躍で鶏肉を中心にどんどん焼き上げてくれました。
最近は外で長時間過ごすことがあまり無かったので、とても充実した時間でした。
もうすぐ秋なので、次回は少人数で秋刀魚でも焼いてみようかと一人で計画中です。
もし、昔ながらのお買い得な七輪を売っているお店を知っている方がいらっしゃれば是非教えて頂きたいです。
お待ちしています。

Photo

初秋2007.09.21

気まぐれ日記をご覧の皆様こんにちは。
気付けば9月も もうあと残り少し・・ですね。

時が経つのは本当に早いものです。
 天高く広がる浮雲の空。Photo_4
 熱が残ったままの夕暮れの道路。
夏の残り香が少しずつ秋風に浄化されていきます。

  初秋の京都。
私たちにとって季節の変わり目とは、
新しい景色に巡り合う準備期間の様な気がしてなりません。
次の季節はどんな“顔”を私たちに見せてくれるのでしょうか。

 ※写真上:日は沈み、緑は影に包まれていきます。

        昼から夜へ。そして季節は夏から秋へ。

 ※写真下:スカジャンの部分写真です。

        今回の刺繍も、豪華絢爛!ですね。

070921

繊細さ、鮮やかさ、2007.09.17

初めまして。
8月の14日から働いている、寺町店の須釜です。
そろそろ1ヶ月経ち、少しずつお店の雰囲気にも慣れてきて
楽しく働かせて頂いております。

 毎日、和柄の洋服に触れてみて気付いたこと、
それは、柄の持つ繊細さ、そして鮮やかさにすごく長けている事。
同じ総柄のTシャツでも、使う生地が少し異なるだけで
全体の雰囲気も全く別なものになってくるという、
その小さな存在感にも驚かされます。
 また、ビビッドな色合いというのは今も昔も変わらず愛され
前衛的な雰囲気を醸し出しています。
濃い重厚な色合いの中で主張する、
鮮やかな「赤」のような存在に憧れも感じます。

 学ぶことが数多くあり勉強になります。
服とは毎日身につけるものであり、
その毎日の相棒についてよく知ることができれば
自然と愛着も湧いてくると思うのです。
 これからも服とのいい付き合いができるように
頑張らせて頂きますので、よろしくお願い致します。
Photo

「衣職人とデニム職人が作る あなたの一番星ジーンズ」2007.09.12

9月22日~30日の9日間
・西は北山コロモール
・東は東京代官山店
            の2店舗にてジーンズオーダーメイドのご注文を承ります。

世界中にジーンズを持っている人は何人いるでしょう。
今まで何本のジーンズが世に出たでしょう。
どちらも正確な数字は分かりません。星の数ほどの人が持っているのに 今もなお作られ、進化し続けるジーンズ。

 穿き込む毎に刻まれる自分の跡。
 膝(ヒザ)や腿(モモ)の形。
 笑う度に深くなる目尻の皺(しわ)のような味わい。
 穿いた本人だけの発見と喜び。
ジーンズならではの魅力です。Ordermade_2
 そんなジーンズに魅せられた衣職人が
ジーンズ一筋のデニム職人と出会いました。

形や加工はもちろんの事、糸やボタン、皮パッチ等、
細部にわたり一からこだわって作り込んで頂けます。
そこに、衣ではお馴染みの手描き友禅、抜染、手振り刺繍で
装飾して頂く事も可能です。
 星の数ほど作られ続けるジーンズ。
 あなたの一番星がここにあります。
それは、ただのジーンズではなく、子や孫の代まで
引き継げるただならぬ一本になる事でしょう。

※44,100円(税込み)~
一本一本作らせて頂きますので1ヶ月ほど、
お時間を頂く場合があります。ご了承下さい。

青の衝撃2007.09.10

皆様こんにちは。
大津パルコ店の岸田です。

最近僕は「色」に関する事で、とても印象的な出会いがありました。
先月末に、衣スタッフのみんなと、奄美大島・そしてその南の加計呂麻島へ
行った時の事です。
 手つかずの自然が多く残る、山々の深い「緑」。
 瑞々しく、元気いっぱいに咲き誇る南国の花の「赤」や「黄色」。
 そして・・・透き通る程澄んだ海の「青」。
それだけで、南の島初体験だった僕は とてもとても強い衝撃を受けました。

僕自身、子供の頃から好きな色といえば、まず「青」でした。
身に付ける服の色から、部屋のインテリアまで・・。
衣の服でも、藍染めの「青」を一番多く持っています!
 「青」に囲まれながらの生活。
僕にとって青は、安心感と同時に憧れの色であったりもするのです。
決して触れられぬ空や、どこまでも続く海。
果てしない“何か”が、そこにはあるのでしょう・・。

ちなみに、青を好む人は独立独歩で、自力本願の強い人が多いそうです。
また、エネルギーを維持する効果もあるのだそうですが・・。
僕自身がそれにあてはまるかどうかは・・・・微妙ですけど。

Photo_2

スカジャンの景趣22007.09.06

気まぐれ日記をご覧の皆様こんにちは。
そして、お待たせ致しました!
今年のスカジャンの、部分写真の続きです。
今回は、生地・そしてぼんやりと衣の文字が見えると思います。

どんな色で、どんな刺繍が施された“衣”が今年は登場するのでしょう・・。

是非、お楽しみにしていて下さい。

070905_2

カテゴリー

アーカイブ