BLOG

“H.I.S 旅行CM”2008.07.07

気まぐれ日記をご覧のみなさま
こんにちは。

かわら版です。

突然ですが、右下の画像をご覧になった事はありますか?
中尾彬様・池波志乃様夫婦が宣伝をされている、
旅行会社『エイチ・アイ・エス(HIS)』さんの広告です。
白く 何もない部屋で、語りかける様に言葉を紡ぎだす中尾様ご夫婦。
その語らいが、掛け合いが、真実味を帯びた言葉である事が
お二人の印象や雰囲気から伝わってきます。
飾りのない、何もない部屋での語らいだから、
余計にそう思えるのかもしれませんね。

 そして、このCMで中尾様ご夫婦が着用されている洋服、
実はこの洋服が“衣”なのです。His_2
中尾様分・池波様分ともに、古布の着物生地を使用した
一点物の商品達です。
中尾様のトレードマーク、「ねじねじ」との相性も抜群!
厳かな着物生地が醸し出す、何ともいえない
懐古感と雅やかさが特徴です。

 中尾様、池波様、いつも大切に、そしてお洒落に
洋服を着て下さり、本当にありがとうございます。
京都の衣のお店にご来店頂いた時に感じた、
威風堂々とした御姿と 渋さ溢れる雰囲気、
そしてその奥に潜んだ無邪気さは、テレビで拝見した姿そのものでした。
また、ご購入頂いた商品をメディアで拝見する度、
大切に着て下さっている様子を伺い知る事が出来ます。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

※この広告、CMはこちらからご覧頂けます。
 是非ご覧下さい。
 また、衣各店では この様な古布の着物生地を使った商品、
 (アロハやジャケット、スカートなど)を随時販売しております。
 一点物がほとんどです! 是非 店頭にてご覧くださいませ。

夏とビー玉2008.07.05

気まぐれ日記をご覧のみなさま
こんにちは。

七月に入りましたね。
いよいよ夏本番。
通勤途中で見た京都御苑の回りを茂る緑も、そこから聞こえる蝉の音も、
より一層“夏の暑さ”を盛り上げていきます。
この季節を待っていた方も多いのではないでしょうか・・。
太陽の季節、夏の始まりです!

 さて、そんな暑さ感じる京都の とあるお店の中で、
先日 何やら涼しげな装飾小物を発見しました。
懐かしくて、優しくて、ひんやり冷たい小さな球体。
玉砂利に紛れて、本当にキラキラと輝いていました。
おもわず、まるで小さな子供に戻ったみたいに、
手のひらの上でコロコロと転がしてみたり・・。

 夏の暑さや冬の寒さとは 肌で感じるもの、ですよね。
けれど、手に触れて、覗き込んで、感じ取るものにも
“季節”は宿ると思うのです。
衣三条店で見つけたビー玉にも、『小さな夏』が映っていましたから。

Photo

私の好きな場所 ~藤原編~2008.06.30

気まぐれ日記をご覧のみなさま
こんにちは。
衣名古屋パルコ店の藤原です。

・・・私の好きな場所。
色々考え、浮かんでは消え・・浮かんでは消え・・・
沢山の場所が想い、浮かびます。
共通しているのは、『風のとおる場所。』だと気付きました。
風は季節を運び、雨を運び、草木の香りを運んできてくれます。
自分の中に留まるよどんだ物を一掃してくれるかの様に、
吹き抜けてもくれます。
部屋のベランダも、目覚めて一番、1日の始まりを届けてくれる風が吹き込みます。
カフェのテラス席・・・
海の香る地元の風・・・
蒸し暑く熱せられたアスファルトと土壁の香りが
路地を吹き抜ける京都の風・・・

 その土地の風も違います。

名古屋パルコの様な都会でも、ビルとビルの間に森があります。
コーヒーを片手に外へくりだし、
ランチをとる人や草むらに寝そべる人を眺めつつ、
日光浴をし 休憩時間を過ごします。

そんな都会のオアシスが今の私のとても好きな場所です。

写真:名古屋パルコ店の横の、“小さな森。”

    風にそよぐ 木の音が聞こえてくる様です。

    (スタッフ着用『夜店金魚半袖Tシャツ

     
2 Photo

名古屋パルコ店限定イベント!+限定商品入荷!2008.06.27

 

「あなたの大切なお名前を

         一文字お入れします。」

6月27日(金)から6月30日(月)まで
インディゴ商品ご購入の方を対象に、
お名前の一文字を手描抜染にて描かせて頂きます。

7月1日(火)から7月13日(日)まで
ジンバブエコットン、スラブコットン素材を
ご購入の方を対象に、お名前の一文字を手ぶり刺繍にて描かせて頂きます。

糸から染められたインディゴ撚糸Tシャツ、
まさしくこれが 衣の原点ともいえる『育てる服』。
また、やわらかく肌心地の良いジンバブエコットンや、
独特のおうとつ感を持つスラブ生地Tシャツ。 

・この度 衣名古屋パルコ店では、二週にわたり
上記のTシャツを選んで頂いた方を対象に、
お名前を一文字描かせて頂くサービスを承ります。
また、名古屋パルコ店限定の新商品も販売致します!
是非、この機会に衣名古屋パルコにお越し下さい。

※お名前入れのサービスは、使用している生地により技法が異なります。
 詳しくは、衣名古屋パルコ店 ℡ 052-264-8183まで

皆様のご来店を、スタッフ一同 心よりお待ちしております。Photo

スタッフ募集のお知らせ2008.06.24

「スタッフ募集です。」

只今、衣ではスタッフ募集を致しております。
以下の内容をご確認下さいませ。

・週3日以上勤務出来る方

・業務内容:1:企画 2:加工アシスタント 3:店頭販売スタッフ

・学生可

・勤務地:京都、滋賀、東京、長野(松本市:9月・衣松本パルコ店オープニングスタッフ)
     
※詳細は面談にてお知らせ致します。

【ご質問・お問い合わせ】

・TEL075-495-2541 担当・荒谷(あらたに)まで
・メールでも承ります。(kyoto-koromo@kodaishin.jp)  

私の好きな場所 ~禾本編~2008.06.23

気まぐれ日記をご覧のみなさま
こんにちは。
衣三条店の禾本です。

昨年の6月から 三条店に入らせて頂く事になり早1年。
その時から、私は自転車と行き帰りを共にすることになりました。
 家は北区にあるので、いつもコロモールの前を通り、
三条通りまでほぼ真っ直ぐの道をひたすらこいで行くのですが、
この道が私の今一番好きな場所です。
同じ道を走っていると季節と共に情景が移り変わり、
そこにいる生き物たちの成長も感じとることが出来るのです。
 最近では、北大路堀川に白い花が咲いていて、
信号待ちをしている時、その花の香りが風に吹かれてくるのです。
そこを過ぎると今出川に行くまでに大きな桜の木があり、
運が良ければ大きな白い犬に出会う事が出来るのです。
 また家の軒下には燕が巣を作り、ヒナが巣立って行くまでの

成長を見る事が出来ました。
何かほっとする場所があるというのは嬉しいですね。
これからも、いろんな発見があると思うと自転車通勤はやめられません。

(一度、家のガスの元栓を閉めたかどうかが不安になり、
 お昼休憩時間を使い 30分で往復した事が
 自己最高記録です!)Photo

写真:三条店の前で。   京都は自転車の街だそうです・・。

    北区~三条界隈間の“抜け道”“近道”は是非、彼女に聞いてみて下さい!

    (スタッフ着用『着物アロハ』×『告白蛙半袖Tシャツ【白】

    ×『日向蓮スカート【白茶】』)

    ※日向蓮スカートは近々ネットショップにアップ予定です!

私の好きな場所 ~今井編~2008.06.16

気まぐれ日記をご覧のみなさま
こんにちは。
衣代官山店の今井です。

代官山店で働き始めてから約半年、
私が毎週のように足を運んでしまう場所があります。
そこは、八幡通りに面したビルの地下に静かにたたずむ珈琲屋さん。
アンティークの家具で整えられ、静かなジャズと壁にかけられた
時計の音だけが聞こえてきます。
 珈琲のいい香りと焼きたてのトースト、
外の喧騒を忘れさせてくれる静かで落ちつくその空間が、
最近私を一番ホッとさせてくれる場所かもしれません。
 お店の中がふんわり薄明かりで照らされていて、全体に濃い茶色
古道具が置かれてたりして、なんとなく衣の空気感と似てるとこも好きです。

この場所を教えてくださったのは 代官山店によく来て下さる常連のお客様なのですが
今では すっかり 私もここの常連になってしまいました。
代官山店に来られたら ぜひ帰りに ここに立ち寄ってみてください。
必ず、衣と“はしご”したくなること間違いなしです・・・!
  
猿楽珈琲のマスター すみません、ついつい宣伝しすぎてしまいました・・・。
いつも 美味しい珈琲をありがとうございます。。Photo_2

写真:薄暗い店内で。 優しくて、穏やかな時間が流れていそうです。

    代官山店に行かれた際には是非。

    (スタッフ着用『花籠花車アロハ【白茶】』)

   
                                 

私の好きな場所 ~大山編~2008.06.09

気まぐれ日記をご覧の皆様
こんにちは。
寺町店の大山です。

僕は 高校卒業後、はるばる鹿児島から憧れの「京都」に
上洛してきました。

 そして・・・早12年の月日が流れました。
今回のテーマが、『好きな場所』という事で、
色々と京都で思い当たる場所を考えていたのですが・・・
全部が同じくらい好きで、思いつかず、
最終的にピン!と来るのは・・・
「ヤッパイ カゴシマジャッド!」(やっぱり鹿児島だよ!)です。
故郷が嫌いな人はいませんよね。

・・僕にとって、故郷鹿児島は、18年間お世話になった大切な場所で、
“目に見える物”や“におい”“聞こえる音”全てが宝物なのです。
きっと、皆様も自分の故郷が一番のはずです!

 最近、あれこれ思い出すと・・・「懐かしいなぁ」と、
少し寂しさに駆られます。
実は、あと6年経つと 大好きな場所で暮らした時間を超えてしまいます。
でも、この先何十年経とうと、故郷への想いは変わることはないと誓えます。
   “鹿児島県、南さつま市坊津町サイコーーー!!”

2 Photo 写真:望郷の景色と、大山店長。

     懐かしさを胸に、今日も皆様を

     笑顔でお迎え致します!

     (スタッフ着用『桜鯰アロハ【インディゴ】』)

代官山限定! 『四人の作家が描く 四季の花』2008.06.06

春夏秋冬、巡る季節に彩りを添える四季の花。
この度 四人の手描き作家が今までにない “四つの美しい花”
衣の服に咲かせます。

繊細さと躍動感 両方を併せ持つ 下垣茂氏
墨を使い 柔軟かつ独創的な世界を描く 雨鶴氏
伝統工芸師ならではの培ってきた技で魅せる 萌生氏
その筆先から生まれる生きた線は唯一無二のもの 雷三郎氏

この四人が 今回の為に特別に仕立てて頂いた着物アロハ
Tシャツを舞台に 貴方の選んだお好きなお花を描かせて頂きます。
  
また出来上がったシャツには貴方の特別な一枚である証に
お好きな文字を一つ刺繍で刻ませて頂きます。

ぜひこの機会に貴方の好きな花で他には無い一着を作ってみませんか?
作家が貴方のためだけに筆をおろします。

【期間】:6/7(土)~6/15(日)  (木曜休)
・着物アロハ 40,740(税込)
 色:白、黒 サイズ:SS~XL
・Tシャツ    13,440(税込)
 色:白、黒 サイズ:SS~XL

※蓮、梅柄は白のアロハ、Tシャツのみとなります。

受注でお作りする為、出来上がりまでに3週間程お時間を頂きます。
数に限りがございますのでお早めに。

2_2

Photo 写真:右から 「春桜」「夏蓮」「秋菊」「冬梅」

ものつくりとは・・・。2008.06.02

気まぐれ日記をご覧のみなさま
こんにちは。

昨日より、新しい月が始まりました。
“六月”という、その言葉や響きが連想させる通り、
本日は朝から雨模様の一日でした。
暗く湿った雨の日。
けれど・・・この雨の向こうに、夏が待っている事を私達は知っています。
季節の足音に、そっと耳を傾けたくなる一日でした。

・・・さて、先日ここ 衣工房で、何やらおもしろい光景を目にしました。
集まっているのは、衣各店のスタッフ達。
手にしているのは、茶色や青色の液体が入った容器と大きなハケ。
そして、六脚の椅子。
雨上がりの、少し冷たい風が吹く午後の事でした。

 六脚の椅子と、六人のスタッフ。
それぞれのハケが、それぞれの容器の液体をすくい、
椅子に彩りを与えていきます。
“鮮やかさ”ではなく、“渋み”を帯びた彩り。
そして、その色は スタッフ達に、感嘆の声を上げさせました。

「衣」という和の元 集まったスタッフ達の、
好きな色・好きな質感は、やはりみんな一緒だったのですね。

液体が付いて どろどろの手、汚れた服。
けれど、そこから生まれたもの。
それは、“体験”する意味と、“共感”する喜び。

 この日、スタッフ達が手がけた椅子は、
6店舗全てに一脚ずつ置いてあります。
この日の出来事の 詳しいお話しは、是非各店のスタッフに聞いてみて下さい。

・・・スタッフ達が手にした『茶色』や『青』の液体が何か?・・も、
是非スタッフにお尋ね下さい!
衣ではお馴染みの、“あの”色です。Photo_2 2 3

カテゴリー

アーカイブ