BLOG

“衣”名物手描き抜染体験!2008.02.05

衣でお馴染みの手描き抜染。
お持ち下さっている方も多いのでは無いでしょうか?
染めた部分の色を抜いて柄を表す抜染。
それを一筆ずつ手描きで行う事により、
また違う独特の表情を見せてくれる手描き抜染。

 先月の名古屋パルコ店の藤原店長の日記に書いて下さってますが、
私の初めての衣展示会作品も手描き抜染を使ったTシャツでした。
正直、今見るとお世辞にも上手い出来とは言い難い代物ですが、
だからこそ味のあるものだと思います。
手描き抜染は『上手』よりも“一生懸命”の方が味の出る技法なのかも知れません。
久しぶりにあのTシャツを見て、

初めてTシャツに筆を置いた瞬間の緊張、
出来上がった時の感動を、今も思い出しました。
そして今回それをコロモールにて、皆様にも体験して頂きたいと思います。
「衣」のもの作りに直接触れて、自らの手で描く特別な一枚を作ってみて下さい。

【期間】  2月9日(土)~2月24日(日)

【価格】  Tシャツ ¥6195~  ロンT ¥7245~
それぞれ、抜染糊お皿一杯分と刺繍一文字分を含みます。
柄の大きさにより抜染糊が足りない場合は二杯目から+1050円 とさせて頂きます。

【営業時間】10:00~20:00  木曜定休

【ご予約】 コロモール:075(493)8335
ゆっくりと体験を楽しんで頂ける様、ご予約の上のご来店をお願い致します。

ご了承下さい。

 その他、描きたい絵、柄はあらかじめ決めて来られる事をおすすめします。
太く、くっきり描けるものでないと潰れてしまいますのでご注意下さい。
絵が苦手な方には衣の手描き抜染柄でも体験して頂けます。
気になる点、わからない事などあればお気軽にお問い合わせ下さい。

Photo

“あなただけの1枚をお作り致します!”2008.02.05

華やかな柄をわざと一度暗い色に染め直し、
抜染という技法で色を抜く・・・
同じ華やかな柄でもまた違った顔をのぞかせる色・・・。

 今回お客様には14種類ある伊勢和紙を選んで頂き、
お好きな場所に柄を入れて頂きます。
小さい柄から大きな柄までご用意致しました。

 自分の思い通りの1枚のTシャツを作りあげて下さい。
皆様のご来店を心よりお待ち致しております。

【期間】2月9日(土)~2月24日(日)
【サイズ】SS~XL
【色】黒・赤
の2色になります。

Imgp0757

はじめての衣 ~山田編~2008.02.04

はじめての衣、

僕は大切な人へプレゼントをしました。
それがそのまま衣の始まりとなったわけですが・・・。
何度かお店へ入った事はあっても、
当時『洋服と言えば古着でしょ』と思っていた僕にとっては手が出せず、
桜の柄の長袖シャツを見て『これいいなぁ』と桜にみとれて、
裏地に総柄の入ったジャケットを見て
『こんなの着て帰ったら親兄弟もひっくりかえるだろうなぁ』
と憧れを持ち続けたものの、なかなか買えずにいました。
 そのうちに、大切な人の誕生日が近付いてきました。
よし、衣を着てもらおう!とお金を持って衣に行きました。
プレゼントと思うと財布の紐も緩み、
お金もあるので強気になってとにかくあれこれと
見たいものを拡げていったのを憶えています。
 そのなかの一枚が、この『夜鶴と銀世界』でした。
雪が降るブラックインディゴの夜空を見上げる鶴はとても美しく、
自分も欲しいと思いつつ満足して買って帰りました。
 後に、プレゼントした人が着てるのを見て、
自分のも欲しいと買いにいき、
偶然にもスタッフ募集を発見して、衣でお世話になることとなりました。
今や、新作が出ると、好きなアーティストの新曲が出るのと同じように興奮し、
堂々と衣を着ています。

 今思えば、衣は後に妻となったプレゼントの相手と僕を繋ぎ、
その妻が衣と僕とを繋いでくれたように思います。
 プレゼントで買われるお客様を見ると、
この一枚も人と人を繋いでいくのだろうか?とプレゼント包装をする時も背筋が伸びる思いです。Photo

衣三条店オリジナル “手描き作家 つがいロンT” 販売!2008.02.01

春の訪れを感じ、動き出す鯉と鯰。
最良の相手との出会いに、
その表情は微笑んでいる様にも見えます。
今回、二人の作家さんに“つがい”をテーマに一枚一枚描いて頂きました。
一足先に『衣』に咲いた素敵な春物達を見にいらして下さい。
スタッフ一同お待ちしております。

三条店オリジナルロンTは2月2日(土)からの販売となります。
同時に、バレンタインラッピングも御用意しております。
(5000円以上お買い上げの方を対象に、無くなり次第終了とさせて頂きます。)

写真左:三条店オリジナルバレンタインラッピングです。

     作家さんの珠玉の一品も是非ご覧下さい!

Photo Photo_2 

2月1日(金) 『衣』クイズ検定 受付開始!2008.01.29

もうすぐ立春とはいえ、まだまだ雪が降ったり冷え込んだり・・と
変わりやすい天気が続きますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?
春の訪れが待ち遠しい今日この頃、
店頭には春の新作が続々と届いてきております。

 さて、これまでの『衣』を振り返ると、昔から変わらないもの、
新しく挑戦していること・・・、
全部含めて『衣』は成長して参りました。
移りゆく季節を共にしてきた皆様と、
『衣』の足跡をたどるべく、クイズはいかがでしょうか・・?

 衣大津パルコ店では 2月1日(金)~2月17日(日)までの期間中、
題して“衣クイズ検定”を実施致します。
問いは全部で20問!
・・・ちょっとひねくれた問題に、
すぐに答えのわかるサービス問題。
このホームページやブログ、店頭にヒントが隠れている物もあります。
ヒントを手がかりに調べるもよし、スタッフにこっそり探りを入れるもよし・・。
解答は、大津パルコ店店頭にて発表いたします。

尚、期間中・・・問以上正解で【参加賞】
         15問以上正解で【合格賞】をご用意しております。
皆様のご参加をお待ちしております。Photo

はじめての衣 ~福岡編~2008.01.28

気まぐれ日記をご覧の皆様、
こんにちは。
大津パルコ店福岡です。

 さて、「はじめての衣」…というお題ですが、
4年前の母の日、私ははじめて衣のアロハを母にプレゼントしました。
 衣で働きはじめたばかりの私は、
それまで“母の日”に限らず、誰かに服を贈るということはほとんどなく、
母も、人から服をもらうということはほとんどなかったのですが…。
はじめての衣は、のちに母を大きく変えるきっかけとなりました。
 その母の日のプレゼントが、「鯉のぼりアロハ」でした。
着心地の良い綿素材に明るい色合い、
他のどこにも見たことのないデザインで、
愛らしい鯉のぼりの連続。
派手かなぁ?と驚きつつも、とても喜んでいたことを覚えています。
それ以来、少しずつ我が家に衣が増えていき…。

 母も父も、兵庫県の山に囲まれた小さな町の育ちなので、
それまであまり洋服に関心がないふたりだったのですが、
最近ではジーンズやジャケットの話題が食卓にのぼったり。
 今年の元旦には“服を買う”という目的で朝5時の電車に乗ったりと、
昔の母には信じられない変わりぶりです。
 母曰く、仕事や人前で衣を着る度に「それどこの?」と注目される喜びを知ったそうで…。
今まであまり関心がなかったものに興味が芽生えるうきうき高揚した気分を、
母に会う度に味わわせてもらっています。

 そしてそれは、お店にたって色々なお客様に出会う度に
与えたり与えられたりする衝撃や感動とともに、
私にとって、いつも新鮮な日々を送る“素”になっています。

 「はじめての衣」との出会い、
…それはお店に訪れてくださるお客様だけではなく、
日々お店に立たせて頂いている私たちだけでもなく、
日常の、知らない場所の、色々な場面で繰り返されているのかもしれません。
 皆様は、どんな「はじめての衣」話をお持ちですか?是非お聞かせ下さい!

Photo

『東へと吹く風』2008.01.21

先日、京都は衣寺町店と
東京・代官山店に続けて行って参りました。
文化や習慣、言葉も違う『関東』と『関西』で、
“衣”という軸を通して 様々な事を感じてきました。

 元々は、京都で生まれた“衣”が、
たくさんの方のご厚意で東京に根を下ろす事が出来ました。
 西と東。
遠く離れた土地でも、京都の風は東へと吹き続けていました。
その風は、代官山の地でまた大きな追い風となり、
スタッフの言語を借りて商品たちに葉っぱの様に降り積もります。
言葉とは、「言の葉」と よく言ったものですね。

 時間や土地を越え、遠く離れた場所でも
“衣”が伝わっていくこと、
本当に素敵な事だと思いました。

 代官山に来て下さるお客様の方々、本当にありがとうございます。

また、寺町店と代官山店で、おもしろい発見を・・。
写真右が寺町店のディスプレイ、
写真左が代官山のディスプレイです。
同じジャケット(茶色のジャケット:柿渋手塗りジャケット)を中心に、
二店共コーディネートをしているのですが、
その見え方の違いが 本当に興味深かったのです。
一方は、消防服のジャケットと重ねる事で とことん泥臭く、
もう一方は、着物シャツや手描きジーンズと着合わせる事で
優麗な美を際立たせています。
これは、土地柄・・・よりも
販売員の価値観の問題なのでしょうが、
「華やかさ」と「泥臭さ」という相反する要素を、
ひとつのアイテムが取持ったのです。

 着こなしは人それぞれですよね。
服のあるべき姿は、その‘自由さ’かもしれません。
 寺町店、代官山店以外の店舗は、
どんな姿のトルソーが待ち構えているのでしょうか?
是非、そんなところも楽しみながらお買物をしてみて下さい。  2_2

Photo_3

はじめての衣 ~藤原編~2008.01.21

気まぐれ日記をご覧の皆様

こんにちは。

名古屋パルコ店の藤原です。

・・・もう随分前の事。
大学卒業を前にした、超のつく氷河期の就職難の頃。
内定を取ろうと面接を繰り返す友達達の姿を見ても、
なかなか腰も上がらず私は行き先を何処にも決めていませんでした。

 そんな私が京都での旅先で出会った、初めての衣は “神様Tシャツ”。
なにも知らずに足を踏み入れた、初めての衣の展示会。
スタッフの作品が壁を覆い、私はその中の1枚に心惹かれました。
今までに出会ったことの無い服でした。
その壁の神様に見とれていると、

“ちょっと触って見てごらん”
“ほらほら、こんな所に味わいが”
“こんな所が苦労の末・・・”

と色々な作り手の思いを聞かせて下さいました。
あの時の言葉では上手く言えない様な、心踊る、服との出会いは、
本当に今でも胸に残っています。
 そして、『私も何かを伝えたい。』
そう思い、今、私はここにいます。
衣と私を繋ぎとめてくれた“神様”は今でも一緒です。
自慢ですが、とっても良い味出ています!!

 その物と出会った時の思い、それを作った人の思いを心は覚えていますか?
衣を心で感じてもらえる様に、私が貰った感動を又誰かに伝えてゆきたいと思い、
お店でお待ち致しております。

Photo Photo_2 写真:左が制作者 仲嶺店長です!
     どちらのTシャツもいい“味”出ていますね。

はじめての衣 ~禾本編~2008.01.14

気まぐれ日記をご覧の皆様へ。

こんにちは。
衣三条店の禾本です。

 突然ですが・・・私が「衣」に入ったきっかけは姉でした。
姉は偶然にもコロモールの裏手のマンションに引っ越しをし、
「衣」の存在を知ったのです。
その時から姉は衣好きになり、ある時私にお薦めの店があると
紹介してくれました。
 休みの日、一人で自転車を走らせ教えてもらった場所に向かう私、
着いたその先には・・・   一言で言うと衝撃的!でした。
見る物、触る物、すべて表情が違い、そこには意味があり
私が今まで洋服に対して抱いたイメージが崩れ去り・・
大袈裟ですが、「衣」と出会い、
何かが自分の中で動き始めたのです!!

 “もっとこのお店の事を知りたい。”
そんな感情が生まれた私は、自転車の帰り道
『衣で働かせて下さい。』と、電話をかけたのです。

 あれから6年・・・姉も私も「衣好き」は健在です。
6年前、姉があの場所に引っ越していなければ、
衣を知る事はなかったかもしれません。

 人から人へ、繋がって広がっていく・・。
これからもそんな“輪”が広がっていく様になればな、と思っています。

Photo 写真:初公開!禾本店長のお姉さまと妹さんです。

    しっかり“衣”ご着用でポーズ!

七草粥2008.01.08

気まぐれ日記をご覧の皆様こんにちは。
昨日、1月7日は『七日節句』。
“七草粥”を食べる事で、その年の無病息災や五穀豊穣を願う
大切なたいせつな一日です。
皆様は召し上がりましたか?

 ここ、京都の衣工房では
年明けから風邪が大流行・・・。
コホンコホンと、そこかしこから
咳が空を舞う音が聞こえます。
「病は気から」とはよく言いますが、
それでも体は正直です。
今 目の前にある風邪菌に立ち向かう為、
そして、この一年間を健康に過ごせる為、
私たちも昨日は七草粥を頂きました。

  ~一年間、元気に毎日を過ごせます様に~

それは、皆様にも通じる願いです。

 

Photo_2 遅くなりましたが、
明けましておめでとうございます。
そして、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

カテゴリー

アーカイブ