BLOG

感動と元気2007.08.27

こんにちは。三条店の大竹です。
8月も残すところあとわずかですが、
皆さんは今年の夏の思い出はつくられたでしょうか?
僕はまだ旅行等には行けていないのですが、
一日で高校野球観戦、プロ野球観戦という野球づくしの日がありました。

 夏の高校野球は、毎年暑さに負けて自宅観戦ばかりしていたのですが、
今年こそはと思い甲子園球場に向かいました。
連日の熱戦のためか、内野席は完売という状況だったので、
外野席入り口に向かい歩いていると、球場の周りには試合を終え

暗い雰囲気の応援団や、対照的に笑い声をあげる団体のおじさん達がいました。
一度負けたら終わりの夏の高校野球。
そこには数々のドラマが存在しています。
応援の方々も選手たちと同じように勝ちたいと願い、

その応援が奇跡を呼ぶことだってあります。

僕が観戦した試合は、ここで終わるわけにはいかない、

諦めない彼らの気持ちがぶつかり合い、
延長に入っても決着がつかず引き分け再試合という最高のドラマになりました。
僕は野球の経験はほとんどないのですが、

何かに一生懸命になっている人の姿というのは、
いつも感動と元気をもらいます。

自分もそういう人でありたいと思っているのですが、
毎年高校球児たちを見るとまだまだ頑張らなければと思うのです。

 そして、元気をもらった僕の応援が奇跡を呼んで、その後のプロ野球観戦では
見事ひいきのチームが勝利することが出来たのでした。Photo

スタッフ募集2007.08.21

オスティアジャパン衣名古屋パルコ店では、

一緒に職人の思いを伝えてくれるスタッフを募集致します。

以下の内容をご確認下さい。

・週3日以上勤務出来る方。
・時間:9:30~17:30/13:00~21:00(8時間勤務)
・職務:店頭販売スタッフ
・勤務地:名古屋パルコ内
・詳細は面談にてお話しいたします。

 まずは、お問い合わせ下さい。
・衣名古屋パルコ店・TEL052-264-8183  担当:藤原
 メールでも承ります。(koromo-nagoya@kodaishin.jp

変わらないモノ2007.08.20

こんにちは。

代官山店の島です。
皆さん、今年のお盆には里帰りされましたでしょうか?
電車に揺られ帰られた方。
仕事で帰れなかった方。
はたまた故郷と呼べる地に暮らしつづけていらっしゃる方。
・・と様々でおられると思います。

 僕の生まれは長野県です。
衣代官山店があるこの東京から
特急あずさ(そうあの狩人の名曲)に乗って、今年の夏も故郷に
帰ってまいりました。
 最近では帰る度にお店が増え便利になり
その加速的な発展にはビックリさせられます。

今までも、これからも変わり続けていく中にそれでも変わらないモノは多くあります。
近所の家々、公園、自分の部屋の窓から見える景色、
幼い頃から見てきた風景がそこにはあり、
離れているから見えてくるものが“それ”なんだと感じます。
そんな風景、そして自分を知ってくれている人、
言わば原点に自分を戻してくれる夏のお盆というものは祖先からのプレゼントなのかなと、ふっと思いました。
 変わり続ける日々に変わらないモノを・・・
皆様にとって衣もそんな存在であり続けられたらと思います。

Photo

臨時休業のお知らせ2007.08.19

平素は当店を御利用いただき御厚情のほど、心より御礼申し上げます。
誠に勝手ながら8月28日(火)~8月30日(木)の3日間、
社員研修のためコロモール、寺町店、三条店、代官山店の4店舗を

休業とさせていただきます。(代官山店は31日まで)
また、誠に勝手ながら、ネットショップも同期間 休業とさせて頂きます。
休業期間中、ページの縦覧は可能です。商品の注文も承りますが、
商品発送は8月31日(金)以降になります。
予めご了承ください。
尚、休業期間中のお問合せにつきましても8月31日(金)以降の対応とさせていただきます。
ご迷惑をお掛けいたしますが、何卒ご了承下さい。

   各店営業日程

  【臨時休業店】
  コロモール 8/28~8/30
  寺町店   8/28~8/30
  三条店   8/28~8/30
  代官山店  8/28~8/31

  【通常営業店】
  名古屋パルコ店,大津パルコ店

“名前について・・・。”2007.08.13

こんにちは。
寺町店の山田です。
私事で恐縮ですが、この10月、私達夫婦に初めての子供が生まれます。
  女の子です。
そこで、今 一番私の頭を悩ませているのが、子供の“名前”です。
まだ早いのでは??と思われるかもしれませんが、ペットも含めて
名付け親になるのが人生初体験の私にとっては一大事!で心配で
なりません。
そこで、名前について調べていくうちに、昔からその年々で流行りの名前が
あるという事を知りました。

 例えば、1920~40年代までは、『和子さん』という名前が最も多かったそうです。
“平和”“昭和”といったキーワードからきているそうですが、
人と人との「和」を大切に・・という意味もあるそうです。
誰からも好かれる子になりそうですよね。

 又、私の生まれた1970年代では、『陽子さん』が人気を博した様です。
太陽の様な明るさと、、“陽だまり”という言葉も連想される様な優しげな
イメージも持ち合わせています。
 そして・・、昨年2006年は、『陽菜(ひな)さん』という言葉が
最も多かったのだそうです。
太陽な光をいっぱいに浴びた、瑞々しい菜の花のイメージでしょうか?
爽やかな子に育ってくれそうです。
“ヒナちゃん”という呼び名も可愛らしく、親しまれそうです。

 どれもこれも良い名前ですが、オンリーワンである様に
そのどれとも違う名前にしたい気もしますし、困ったものです。
ベビー用品の方は、着々と買っているのですが・・・・。
娘さんをお持ちのお父さん・お母さん、名付ける際のアドバイスがあれば
是非教えて下さい。

 衣のデザインにも、一つ一つ名前があります。
 名前の裏に隠されたストーリーも数多くあります。
こちらは私がお伝えしますので、お近くにお越しの際には
是非お立ち寄り下さい。Photo
お待ちしております。

夏の魅力2007.08.06

こんにちは。
大津パルコ店スタッフの福岡です。
梅雨も明け、いよいよ夏本番。
暑い日が続きますが、皆様はどの様に夏を乗り切りますか・・?
プールや海で泳ぐ・・ 涼しい部屋で読書・・
過ごし方は人それぞれだと思います。
私は、四季の中で夏が一番好きなのですが、夏の暑い日に
お寺や神社で過ごす時間が特に好きです。

 先日、京都の少し北の方、『大原三千院』というところへ行きました。
地下鉄の終点からバスに乗り継いで20分・・
街からかなり離れた場所ですが、平日でも観光で来られている方が
以外に多かったです。
バス停から三千院までの道中、お土産物屋さんを覗いたり、
お煎餅を頂いたりを楽しみつつ、階段を登ると到着です。
靴を脱いで、素足で感じるひんやりとした床板の肌触り。
 歩く度にきしむ床の音。
 縁台で頂く抹茶とお菓子。
その、堂内で見た庭の景色が、天井と柱に切り取られた一枚の絵の様で、
何とも言えない贅沢な安らぎの時間を過ごしました。
広い庭園をゆったり歩くのも、澄んだ空気に沢山パワーをもらう様な
気がします。

 三千院の他に、上賀茂神社や詩仙堂・銀閣寺なども
様々な形で 豊な緑を楽しめます。
桜の季節や、紅葉の季節も四季折々素晴らしい所ですが、
緑鮮やかな もみじの葉や、足元の苔のじゅうたんに囲まれて
心地よい涼しい空気を味わえるのも夏の魅力だと思います。

 皆様もよかったら行ってみて下さい。

まだまだ続く暑い夏、少しずつ素敵な場所を見付けて頂きたいです。
他にもいい場所をご存知の方は是非教えて下さい!
お待ちしております。Photo_2

豆腐花2007.07.30

こんにちは。

コロモールスタッフの今井です。
梅雨も明け、いよいよ夏も本番!という感じですが、
皆様いかがお過ごしでしょうか・・?

暑くなると、ついつい食欲も減退しがちですが、そんな時
私はよくお豆腐のデザート“豆腐花(トーファー)”を作ります。

作り方はとても簡単!
お砂糖を入れて少し甘くした豆乳に、にがりを混ぜてレンジで温めるだけで、
スーパーでパック売りされている物よりも、はるかに柔らかく濃厚な
お豆腐が出来上がります。
 次に、このままでも充分おいしいのですが、そのお豆腐にかける
ソースを作ります。
 こちらも、驚くほど簡単、刻んだリンゴ(皮付き)に、
生姜とお砂糖と、ハチミツを加えて少し煮たら出来上がり!
火を止める時に、少しだけレモンを絞ると鮮やかなピンク色の
ソースになります。(この瞬間がとても楽しい!!)
これを、よく冷やしたお豆腐にかけると 甘く濃厚なお豆腐と、
生姜のきいたさっぱりしたリンゴが 思いのほか良くあって、Photo
あっと言う間に完食です。
 
豆乳も、にがりも とても栄養価の高い食品です。
暑くてバテ気味の時、是非皆様に試して頂きたい一品です。
(詳しい分量は、コロモールでお教えします・・・。)

名古屋数珠つなぎ2007.07.23

こんにちは。
この6月から名古屋パルコ勤務になりました藤原です。
名古屋に来て数ヶ月・・・まだ京都を離れた実感がありません。
京都とは違う街並に、北か南の判別も出来ず、
予定も決めずに街中を歩き回っています。

 ある日‘何か’を探そうとする訳でも無くただただ歩いて、
まず目に留まったのは、真っ黒の提灯に橙の文様。
これに引き寄せられ、名古屋の染物屋さんの作り出す
鯉口シャツや草履を見つつ、祭りの知識を店員さんに教わりながら・・
次にお茶の飲める所を紹介して貰いました。
細い階段を上って扉を開けると静かなカウンターの“お茶やさん”。
丸いおぼんの上に並んだ見たことも無い茶器に作法も知らない私は戸惑いましたが、
目の前に置かれた五徳と鉄瓶のコポコポとお湯の沸く音を聞きながら

深いお茶を味わいました。

誰かとの会話がある訳でも無く、目の前で揺らぐやわらかい湯気と心休まるお茶の香り。

何とも心地よい空間でした。
何も無いのに我を忘れて時間が過ぎるなんて。。と後で驚きました。
 そして帰り際に、次はこのお店を訪ねてみて下さいと1枚の葉書を頂きました。
『きっと気に入ると思いますよ。』との笑顔に、
次は1ヶ月でたった10日しか開店しないカフェを訪ねたいと思います。

 人から人へと心のこもった口伝え・・・
大きな広告がある訳でも無く、呼び込んでいる訳でも無く。
自分が感じる心のほっこりを誰かにも伝えたい。
京都を離れた衣も同じ様なかたちで心から心へと伝わって

名古屋の人々にも広がりますように、
京都のはんなりを感じて貰えますように。と願っています。

Photo

祇園祭と桜2007.07.19

街中に夏を告げる、京都の『祇園祭り』。
“山”や、“鉾”を目で楽しみ、
耳には心地よい祇園囃子(ぎおんばやし)が。
お祭りの、情緒と雰囲気を高める独特な空気が辺りを包んでいきます。

 そんな中、宵山と言われる山鉾巡航の前夜祭で、
とても郷愁溢れる景色を見る事が出来ました。

Photo

とある“山”を彩る装飾布の中に、赤く大きく描かれた桜の柄が。
真黒の生地の上 唐草模様と重なった桜の花が、
とても新鮮に、とても粋に見えました。
 日本人にとって、京都に住む人にとって、
やっぱり“桜の花”は永遠の物だと伝えてくれた様な気もします。
見上げた空には、煌々と光る提灯の列。
賑わう人達からこぼれる感嘆の声。
ぽつぽつと降る雨も、その場の空気を優しく包んでゆきます。

 祭りに込められた願い。
 “山”や“鉾”に注がれた祈り。
長い歴史の中で 私達が触れた『祇園祭り』は、本当にほんの一瞬かもしれません。
けれど、暗い夜空の下 目にした光景に、
先人達が残した素晴らしき文化や財産を感じる事は出来ました。

 皆様もよかったら、来年是非足を運んでみて下さい。
古の文化に、新しい‘何か’を発見出来るかもしれませんよ。

二枚のTシャツ2007.07.16

こんにちは。
6月から三条店の店長となりました禾本です。
三条のお店に立つのは、約2年半ぶりになるのですが
懐かしい方達にお会いするのが想像以上に多く、
日々 嬉しい驚きに満ち溢れています。
また、懐かしい衣(服)達に出会う事も少なくなく
そんな時、つい嬉しくて見入ってしまいます。

 そういえば、先日新しく三条店で一緒に働く事になったスタッフと
会話をしていて、“初めて自分が衣で買った服は何か・・?”
という話題が出ました。
私は、『ひっぱりだこ』という、うさぎがタコの足を引っ張っているTシャツが
初めての“衣”でした。
これは、私がお客さんだった頃のお話で、
では、実際に衣で働く様になって初めて買った商品は・・というと、
『蓮雲T』という背中に雲が抜染され、蓮の刺繍が入ったTシャツでした。
そんな話をしていると、なんとそのスタッフも“蓮雲T”を持っていると言うのです!
・・・半信半疑でしたが、次の日 お互いの蓮雲Tを持ち寄る事になりました。
 次の日、そのTシャツを見た私たちは、“本当に!?”と、
2人驚きを隠せませんでした。
2人共、同じ色(ブラックインディゴ)なのに、全くと言っていいほど
風合いが違い、どこからどう見ても同じ物として見る事が出来ませんでした。
2人とも、すごく気に入っているのですが、
1枚は着ては洗いの繰り返しで、1日ごとに洗濯をし・・・
もう1枚は、大事に大事に色が落ちない様に着ていて・・・
同じ年月を経ているにもかかわらず、そこには表情の違う二つのTシャツがあったのです。
その姿に、本当に感動した私達でした。

 皆様も、懐かしいTシャツ等あれば、是非着用になってご来店下さい。
一緒に『時代』を語りましょう!

 また、三条店にはいつでもこの“蓮雲T”を置いていますので、
よろしかったら実物を見にいらして下さいね。Photo

カテゴリー

アーカイブ